鬼滅の刃を全巻半額で手に入れる裏技 >>

わたしの幸せな結婚15話ネタバレ感想と考察

今回は、「わたしの幸せな結婚」の15話のネタバレ記事です!

いったい美世はどうなってしまうのか。

美世が目を覚ますと…。

目が離せない展開です!!

わたしの幸せな結婚・15話ネタバレ

連れ去られた美世は、暗い部屋で目を覚ましました。

「ゆり江さんは怪我をしていないか」と心配したり

清霞に貰った「お守り」を忘れてきてしまった事を後悔し、自分を責めます。

 

そして、辺りを見回した美世は

この場所が「齊森家の蔵」であることに気づきました。

幼い頃よく閉じ込められていた事を思い出し、”今”この場所に継母や香耶が来ることを恐れます。

昔ならば耐えられた事も、清霞と過ごし、”幸せ”を知ってしまってから忍耐が脆くなってしまっている事に気づきます。

その時、蔵の扉が開き美世に光が差し込みます。

そこに立って居たのは、不気味に微笑む”香耶”と継母でした。

香耶は、美世に「薄汚れているのがお似合いだ」と罵ります。

継母は美世を殴り「あなたのせいで わたくしの人生はまたおかしくなった!」と怒鳴り、倒れこんだ美世を罵りながら踏みつけ、更に怒鳴り散らします。

美世は昔のように、心を殺してただじっと耐えなければと自分に言い聞かせます。

そして、継母は美世の髪を掴み上げ”清霞との婚約を破棄”するように言ったのです。

香耶は、自分が清霞と婚約した後、美世に幸次を返してあげるから安心するよう”満面の笑み”で言いました。

美世は、ここで諦めてしまえば楽になれるし、それが1番簡単な事だと知っています。

今まで何にも執着せず、諦めてきたのは生き残る為でした…

それでも、”清霞の隣は私でありたい”と強く思い「婚約は破棄しない」と言い切ります。

継母は「口ごたえしないでちょうだい!」と美世を強く殴り、香耶は斉森家も幸次さんも手に入るのよ?おねいさまはそれをずっと望んでいたでしょう?なのにどうして?と問いかけます。

美世は、継母や香耶の言葉とは反対に「私が工藤清霞の婚約者です!」と絶対に譲らない事を告げました。

その頃、清霞と幸次が美世を助けに屋敷に到着。

斉森に美世はどこかと尋ねます。

そして、”父としての愛情をお持ちなのか”と問いかけました。

斉森は本性を見せ、美世を無能と罵り「もっと早くに始末しておくべきだった!」と言い放ちました。

何かに利用できるかと思い、生かしていたようです。

 

それを聞いた清霞は、「やはり それが本心か」と怒り斉森を睨みつけます。

するとそこに、辰石が現れ清霞に帰るよう言います。

清霞は、美世を連れ去ったのはお前かと問いかけ、何処に居るのかを尋ねます。

辰石は、中に入らせないよう斉森と共に結界を張りましたが

清霞は、二人がかりの結界も一瞬で壊し、辰石を殴り、斉森を睨みつけると、美世を探しに向かいました。

清霞は幸次に、美世が居そうな場所に心当たりがあるか尋ねます。

幸次は斉森家で、人を閉じ込めるのに適した場所はどこか考えると、”裏庭の蔵”ではないかと思いつきました。

そして、蔵に案内しようとしたその時!

意識が戻り、追って来ていた辰石が、炎で清霞達を食い止めようと、攻撃してきたのです。

辰石は、美世をどうしても渡したくなかったようです。

清霞と幸次は結界で守られ無事でした。

そして、辰石は清霞の攻撃により、感電して気絶したのでした…

幸次は、自分が焼け死んでも父さんにはかまわなかったのかと拳を強く握りしめ、清霞に急ぐよう、蔵を案内するのでした。。

わたしの幸せな結婚15話・感想

面白い展開になってきましたね。

幼い頃から蔵に閉じ込められ、いじめられてきた美世。

今まで全てを諦め、生きるためにただ従ってきた事を想うと涙が出てしまいました。

継母と香耶にどんなに罵られても、清霞を想う強い気持ちが感じらましたね。

美世は清霞との幸せを誰にも壊されたくないのでしょう。

15話を読んで、美世にもっと幸せになって欲しい想いが強くなりました。

今回は、「わたしの幸せな結婚15話ネタバレ感想と考察」を最後までご覧いただきありがとうございました。