鬼滅の刃を全巻半額で手に入れる裏技 >>

わたしの幸せな結婚16話ネタバレ感想と考察

顎木あくみ先生の「わたしの幸せな結婚」。

今回は、16話について語っていきます!

ネタバレを含みますので、ご注意下さい。

美世が遂に、清霞と再会!!

どんな展開になっているのかドキドキですね!

わたしの幸せな結婚・16話ネタバレ

 

斉森家の蔵で何度も、”久堂清霞の婚約者は私です”と継母に断言する美世。

継母は、口ごたえしないでちょうだい!と反論する美世を何度も殴ります。

そんな時、ドォォンと外から大きな物音が。

継母と香耶は物音に驚きましたが、縁談を断ると言いなさいと美世を急かします。

ですが、美世は絶対に頷いてはいけないと思い、僅かな力を振り絞り「嫌で…す」と反論しました。

継母の怒りは頂点に達し、美世の首を掴み、思いきり締め上げていきます。

美世は自分がこのまま死ぬかもしれないと、今までの事を思い出します。

今までは居場所も無く、”命が尽きるのを心待ちにしていた”けれど、清霞と出会い、自分の居場所ができた今は、”まだ 死にたくない”、そばに居たいと思うのでした。

そして、顔が青ざめていく中で美世は、縁談を断る事を絶対に言わないと再度、継母と香耶の前で断言します。

それを聞いた継母は、更に美世の首を絞めつけていきます。

美世は心の中で清霞に、”わたしは 決して屈しません”と誓い、息絶えようとしたその時!!

「美世!」と1番聞きたかった声が。

蔵の前に、清霞と幸次が立っていました。

清霞は真っ先に、美世を抱きかかえ「もう 大丈夫だ」と心配そうな眼差しで見つめます。

美世は自分の顔の傷がどれ程酷いものなのか…

見苦しいものを見せてしまって申し訳ない気持ちになりました…。

ですが、美世にとってこの傷は初めて理不尽に屈しなかった”誇るべき傷”であり、初めて意思を貫き通した”その証”であると思い、清霞に優しく微笑み返します。

そして、清霞に抱きかかえられ安心し、力尽きたかのように眠るのでした。

清霞は、美世にこれ程の傷を負わせ何をしようとしたか継母と香耶に問いただします。

香耶は、美世が九堂家に受け入れてもらえるのがおかしい、全てにおいて私の方が優れていると訴えかけます。

それに対し清霞は、「黙れ」と香耶を睨み付けます。

そして、その時屋敷が燃えている事に気づきます。

継母は、屋敷が崩れていく姿を悲しみ、呆然と立ち尽くしていました。

香耶はこんな状況でも、清霞に自分の話を聞いて欲しいと話しかけますが、お前の戯言はもうたくさんだと香耶を追い払います。

そして、香耶に”早く避難しよう”と幸次が話かけますが、”私は間違っていない”、幸次さんはおねいさまが好きなんだから私に構わずさっさと避難すればいいでしょうと冷たくあしらいます。

幸次は美世の事が好きだからこそ、悲しむ姿はもう二度と見たくないと香耶の手をひいて燃え盛る屋敷を後にしたのでした…。

美世はとても優しい女性なので、どんなに憎い相手でも、その人が死んだり傷ついたりすれば悲しむ事を幸次は知っていました。

どんな形であれ、1番大切な美世が悲しむ姿は、もう見たくなかったのでしょう。。

わたしの幸せな結婚・16話感想

今回の「わたしの幸せな結婚」16話もハラハラドキドキな展開でしたね!

美世が息絶えようとした時に、現れた清霞はカッコよかったです!そして、真っ先に美世を抱きかかえたシーンに感動しました。

今まで、自分の居場所もなく辛い日々をおくってきた美世が、最後にはどんなに継母に殴られても清霞を信じ、自分の意志を貫き通した姿は、涙なしでは見れません…。

美世にとって清霞は、言葉では表しきれない程の存在だという事を、より強く感じた回でした。

そして、幸次が美世を想う気持ちはなんだか切ないですね…。

継母や香耶は、長い間美世をこんなにも傷つけ、苦しめてきたのだから清霞にたくさん懲らしめてほしいですね‼

心優しい美世は、きっと反対するでしょうが…泣

美世に早く幸せになって欲しーい‼

これからの展開にも、益々目が離せません!

それでは、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。