【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

きめつの刃完結! 最終話(205)のネタバレ! 現代に生まれ変わったキャラまとめ

ジャンプの大ヒット漫画「鬼滅の刃」が堂々の最終話を迎えました。

鬼舞辻無惨との戦いが集結し、鬼殺隊の解散やキャラクター達の新たな人生の始まりを描いた第204話の後、現代編へと突入した最終話はどのようになっているのでしょうか。

あらすじやキャラクター達の子孫や転生した姿をご紹介します。

 

きめつの刃 最終話(205)のネタバレ

炭治郎と善逸の子孫達の今

 

冒頭は二段ベッドがある子供部屋から始まります。

16才の兄、竃門カナタに起こされるも全く起きる気配のない15歳の弟、炭彦。

カナタは名前からしてもそうですが栗花落カナヲにそっくりです。

炭彦は竃門炭治郎がパジャマを着てベッドに眠っているのかと思うほど炭治郎にそっくりです。

扉絵にはカナタと炭彦、そして我妻善逸に似た黒髪の男子が同じ制服を着て歩道橋の階段を上っており、後ろに白衣の人物がいます。

次は17歳の我妻善照が庭の物置で「善逸伝」と書いてある古い書物を読みながら泣いています。

内容はどうやら善逸が炭治郎達と鬼舞辻無惨を倒した日のことが書かれているようです。

背中を蹴られて振り向くと髪の長い女の子が「またひいおじいちゃんの嘘小説読んでるの!?」と怒っています。

顔は竃門禰豆子にそっくりです。

この女の子は我妻燈子、18歳。善照の姉です。

ひいおじいちゃんということは、この我妻姉弟は善逸の子孫で確定ですね。

善照は文句言いながらも燈子と一緒に登校します。

我妻家の女は大人しい人が多いのに燈子だけは気性が荒いと善照はぼやいています。

善照は「姉ちゃんは輪廻転生って信じるかよ。俺は信じるよ。絶対みんな転生して幸せに生きてるんだ。平和のために鬼と戦って命を落とした人たちは」と言います。

ここで、鬼舞辻との戦いで亡くなり、子孫を残せなかったキャラクター達も現代に転生して幸せになっていることが示唆されます。

 

子孫や転生したキャラクター達がぞくぞく登場

 

燈子は弟の話は聞き流してスマホである記事を見始めます。

それは体操日本で金メダルを獲得した宇髄天満選手の記事でした。

善照はマナーが悪いとばっさり切り捨てますが、燈子はメロメロです。

今度は善照が燈子のスマホを奪って別の記事のページを開きます。

困り顔の美形の人物が写っており、名前は嘴平青葉と書かれています。

この人は新発見の青い彼岸花を研究している植物学者として取材を受けるくらい有名なようですが、その青い彼岸花を全部枯らしてしまいます。

この青い彼岸花は鬼舞辻が捜索していたもので、鬼舞辻が鬼になる原因になったとされる重要なアイテムでした。

嘴平青葉の研究の結果、青い彼岸花は1年で2,3日の昼間しか咲かないとわかりました。

夜しか動けない鬼舞辻が見つけられないのも当然のことでした。

善照は「こんな儚げで美しい人」と言いますが、嘴平青葉は男性でした。

ショックを受ける善照に、燈子は「アンタお父さんそっくりね」と言います。

我妻家の男は皆そうなのでしょう。

善照と燈子は横断歩道の反対側からベビーカーに乗せられてスヤスヤ眠っている双子の赤ちゃんを見つけます。

善照は赤ちゃんにも気持ち悪い視線を送っています。

さらに、善照と燈子のそばを美人姉妹が通りすぎます。

 

子孫・転生したキャラクター同士の関係性

 

学校が近づいてきたのか、登校中の竃門カナタと善照・燈子が出くわし、カナタに燈子が声をかけます。

ラブラブな会話を繰り広げるカナタと燈子に嫉妬して善照が「人に呪いをかける勉強してんだぜ」と怖い事を言います。

カナタは炭彦が起きないので放置して先に登校していました。

幼稚園の前を通りかかると、ピンクのエプロンをしたでかい幼稚園の先生に善照が衝撃を受けています。

その傍ら、燈子とカナタは学校が午前授業だから終わったら蛇の置物があるメガ盛りの定食屋さんに行こうと話しています。

ですが、カナタは善照とその定食屋に行った時に、善照が「あの三つ編みの奥さんの胸ばかり見て厨房から旦那さんに包丁投げられたんだよね」と行きづらくなった経緯を燈子に暴露します。

善照は焦って言い訳をしますが、噛みまくりです。

 

炭彦の受け継いだある能力と意外な人の転生キャラ登場

 

ようやく目を覚ました炭彦ですが、遅刻寸前です。

「どうして誰も起こしてくれなかったんだろう~」と言っていますが、カナタが起こしに来てくれたことは覚えていないみたいです。

次男になると途端に頼りなくなるんですね。

炭彦はマンションのかなり上の階にある自分の部屋の窓を人間離れした身軽さで飛び移って近道をします。

皆勤賞を目指しているので必死です。

ビルの屋上を飛び移り、民家の庭を通り抜け、将棋を指している家主のおじいさんに怒られます。

その家のテレビでは産屋敷さんというおじいさんが日本最高齢記録を更新したニュースが流れています。

「鋼鐵塚整備」と書かれた看板のあるお店を通り過ぎると女子小学生三人とぶつかりそうになります。

炭彦はその女の子達から「ランニングマン」というあだ名をつけられています。

パトカーが再三にわたり通報を受けている危ない高校生を探しに出動しています。

炭彦は走っている時にパトカーにぶつかりそうになり、止まろうとしますが間に合わずボンネットの上を側転して強行突破します。

通報を受けていた高校生は炭彦だと確信したパトカーの警察官二人は炭彦を追いかけます。

焦りながらも炭彦は走り続け、男子二人と女子一人の小学生グループとすれ違います。

男子の一人は義一くんと呼ばれています。

 

シーンは炭彦や善照達が通う学校の校庭に移ります。

男子生徒が美女の画像をスマホで見てにやついています。

後ろからもう一人の男子生徒が「後藤それまさかと思うけど彼女じゃないよな?」と話しかけます。

「うわっびっくりした竹内」と後藤は言い、見ていた女性のことを話そうとしますが、そこに善照が乱入します。

その美女は山本愈史郎という画家の作品で“珠世”という女性を描いたものだと善照は説明します。

写真と見まがうほどの美しい美人画は世界的にも注目され始めていますが、愈史郎は押しかけ取材の記者に猟銃をぶっ放したこともある経歴の持ち主だそうです。

善照は「俺の初恋は八百十二番“瑠璃の花と珠世”です」と言い、颯爽と立ち去ります。

後藤と竹内は「誰?アイツ…」と呆然としていました。

 

正門近くを走っている炭彦の後ろから大きい声で話しかける人物が現れました。

煉獄桃寿郎です。

朝4時からの稽古に打ちこみ過ぎて遅刻するくらいの熱血です。

パトカーが炭彦に呼びかけていますが全くお構いなしで走り続ける炭彦と桃寿郎。

炭彦の身体能力を褒めて剣道部に勧誘する桃寿郎ですが、寝る時間惜しさに炭彦は断ります。

正門では先生が危険登校常習者を取り締まるために、まだあと3分はあるのに早々に門を閉めようとしています。

しかし、炭彦と桃寿郎はその門を易々と飛び越えて行ってしまいます。

悔しがる先生に怒り心頭の警察官が声をかけます。

 

所変わって、嘴平青葉が「平和だなあ今日も」と呟いています。

青い彼岸花を枯らしたことで研究所をクビになりそうだと心配し「山奥に独りで暮らしたいなあ…」と泣いてしまいます。

竃門家では母親が学校からの電話に出ていました。

炭彦の危険登校の件ですが、母親は知らなかったらしく驚いて謝っています。

リビングの壁には日本刀と沢山の写真がかかっています。

そのうちの一枚は炭治郎達が鬼舞辻を倒した後に撮影したのであろうセピア色の写真でした。

 

きめつの刃 最終話(205)で登場した子孫キャラまとめ

炭治郎、善逸、伊之助の子孫

 

竃門カナタと炭彦は炭治郎とカナヲに似ていることから二人の子孫だとわかります。

我妻燈子と善照は禰豆子と善逸の子孫です。

嘴平青葉ははっきり書かれてはおりませんが、見た目や発言、名前からして嘴平伊之助と神崎アオイの子孫だと思われます。

炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助、カナヲ、アオイは最後まで生き残ったメンバーですので、転生ではなく子孫の可能性が高いです。

特に、善逸の子孫は「善逸伝」を保管しているほどなので確実です。

 

鬼殺隊のメンバーの子孫・転生

 

ここからは一覧で見ていきます。

 

宇髄天元→体操日本で金メダルを獲得した宇髄天満選手

時透無一郎・有一郎→善照と燈子が見かけた双子の赤ちゃん

胡蝶カナエ・しのぶ姉妹→鶺鴒女学院の美人姉妹

悲鳴嶼行冥→ピンクのエプロンをしたでかい幼稚園の先生

伊黒小芭内・甘露寺 蜜璃→蛇の置物があるメガ盛りの定食屋さんの夫婦

桑島慈悟郎・鱗滝 左近次→将棋を指している家主のおじいさんとその将棋友達のおじいさん

鋼鐵塚蛍→鋼鐵塚整備の創業者一族(作中には看板しか出てきません)

きよ、すみ、なほ→炭彦に「ランニングマン」というあだ名をつけた女子小学生三人

不死川実弥・玄弥→パトカーの先輩後輩の警察官

冨岡義勇・錆兎・真菰→義一くんとその友達

「隠」の後藤と鬼殺隊隊員の竹内→“珠世”の絵に見とれる後藤と竹内

煉獄杏寿郎→煉獄桃寿郎

 

現代まで生き残っているキャラクター

 

現代まで生きながらえて登場しているキャラクターが二人います。

 

民家のテレビでニュースになっていた日本最高齢記録を更新した産屋敷さんは鬼殺隊最後の当主、産屋敷輝利哉と思われます。

鬼舞辻の呪いで短命な一族でしたが、鬼舞辻を倒したことで呪いが解け、日本最高齢記録を叩き出すほどの偉業を達成しました。

 

“珠世”という美人画を書き続ける山本愈史郎という画家は、珠世によって鬼となり、鬼として生き残った最後の一人である山本愈史郎です。

珠世の願いを聞き入れこれまで生き続け、珠世の絵を描き続けていたのでした。

 

きめつの刃の最終話(205)について世間の反応

 

「鬼滅の刃」の最終話は賛否両論の大変な騒ぎになりました。

最終話で裏切られたと感じ、それまでファンだった人達がアンチに転向するなどの現象も見られました。

鬼との過酷な戦いの途上で死んだキャラクターや傷つきながらも生き残ったキャラクターが、平和な未来に子孫を残すか転生するかして仲良く暮らしているハッピーエンドの最終話がなぜそのような評価に繋がってしまったのか、Twitterの投稿を見ながら考察してみましょう。

まずはハッピーエンドでよかったという意見です。

 

二次創作などでよく見られるキャラクターが現代の高校生になってほのぼの暮らす展開を公式でやってくれたことへの喜びが感じられます。

死と隣り合わせの日々から解放され、幸せな生活をしているキャラクター達を見てよかったという意見が見られます。

 

一方の最終話が腑に落ちない人達はどんな事を思っているのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

死んでいった人達も転生してくるならあの死闘は何だったの?という意見が見られます。

それまでの苦しみがなかったことにされてしまったようで虚しいのかもしれません。

全員転生して幸せになるのはいくらなんでも安直なのではないか、というのが納得いかないファンの気持ちなのではないでしょうか。

 

きめつの刃最終話のまとめ

きめつの刃」の最終話ではキャラクター達が現代に子孫を残したり転生したりして平和で幸せな暮らしをしていました。

鬼との戦いで死んでしまい、家族や愛する人と幸せになれなかったキャラクターも現代では結婚していたり、仲良く働いていたりしていました。

そんなありきたりな終わり方でいいのかという感想もありますが、これまでの苦しみが相殺されるにはこのくらいでちょうどいいのでしょう。

大ヒット漫画の最終話として相応しいハッピーエンドな最終話でした。