半額・無料で映画館を楽しむ裏技 >>

「鬼滅の刃」制作ユーフォーテーブルはどんな会社?脱税事件できめつ映画への影響は?

「鬼滅の刃」制作ユーフォーテーブルはどんな会社?脱税事件できめつ映画への影響は?

大人気マンガの鬼滅の刃のアニメ制作会社としても知られるユーフォ―テーブルですが、6月3日に脱税疑惑で告発され、話題となりました。

主にアニメーションや映像作品の企画・制作を行っている会社で、その他にも東京・大阪・徳島などでアニメに関するカフェなどを経営しているみたいです。

このニュースが話題になったせいで、アニメ鬼滅の刃2期や2020年10月16日公開の映画「鬼滅の刃 無限列車編」に対する心配の声が多数上がっているのが現状です。
今まで数々の有名作品を手掛けてきた会社なので、なぜ今頃と思う方も沢山いると思います。

今回はこのユーフォ―テーブルについて詳しく調査して、今後の作品にどう影響するのかを予想してみたいと思います!

「鬼滅の刃」制作したユーフォーテーブルはどんな会社?

ユーフォーテーブル会社概要

社名:ユーフォ―テーブル有限会社

所在地:東京都 杉並区

設立:2000年10月

業種:情報・通信業

事業内容:アニメーションを主体とした映像作品の企画・制作および版権管理

代表者:近藤光(こんどうひかる)

資本金:3,000,000

2016年時点で役150名近くのアニメーションスタッフが所属していて、関連店舗も含めると200名近いスタッフが所属しています。

東京と徳島にスタジオを構え、東京には演出・作画部、仕上げ部、美術部、デジタル映像部、制作部、企画管理部があり徳島スタジオとは定期的に打ち合わせなどを行っていて、映像制作に必要な工程を社内で行える環境があり、国内でも有数の知名度やクオリティーを誇っています。

「鬼滅の刃」以外にどんな作品を担当していたか

人気ゲームである「Fate」シリーズ、「テイルズ」シリーズや「刀剣乱舞」の新作アニメなど数々の人気作品を手掛けています。
その他にもアニメに関するカフェを何店舗か経営していて、近藤社長の出身地である徳島で声優の撮影会・トークショーなどを行うイベント「マチ★アソビ」にも携わっているとの事です。

ユーフォーテーブルの脱税は本当?

脱税について今回は本当の話ですが、実は2019年にも週刊文春デジタルにて脱税疑惑が報道されています。

その時に近藤社長の家宅捜索が行われ、自宅の金庫にて3億円が見つかったので脱税しているのではないかと話題になりSNSでも反響を呼びました。

なので事件に関しては昨年から疑惑があって、今回は本当に脱税をしていたという事になりますので常習的ではないですが、疑惑がかかった時点で怪しかったのかもしれません。

今回の脱税についてですが、2015年から2018年にかけて社長自らカフェの売り上げの一部を管理データから減額するよう経理担当者に指示して帳簿を改ざんし、所得を少なく見せかけていました。

東京国税庁は6月3日に会社の所得4億4600万を隠し、法人税・所得税の合計1億4000万の脱税の疑いでユーフォ―テーブルと近藤光を東京地検に告発したという流れです。
不正に得たお金は自宅に保管されていたと報じられ会社の運転資金に使われていたそうです。

会社と社長は公式サイトで謝罪をし、現在は修正申告を済ませ全額納税を行ったそうですが、今回の脱税は計画性が高く金額も大きい為「逮捕」の可能性も無きにしも非ずかと考えられます。

なぜ脱税をしてしまったのかは定かではありませんが、会社の資金に資金にというのは表向きの理由で他に何かあったのかもしれませんね。

アニメ「鬼滅の刃」映画やアニメへの影響は?

今回の脱税事件で鬼滅の刃への影響があるのではないかとSNSで心配の声も沢山上がっていました。
これだけ大人気の作品なのでアニメの2期や映画を楽しみにしていた方々も多くいらっしゃると思います。

映画については、公開日も決まっているので中止になる事はないと思われますが、2期についてはまだ何も発表されていないので何とも言えない状態ですね。
最悪の場合ですが、近藤社長が逮捕とかになると映画も延期や中止になりかねませんので今後もニュースなどのチェックは怠らないようにしましょう!

現時点での結論から言うと、逮捕などされていないので映画に関しては公開される可能性が高いと思います。
2期に関してはまだ発表されていないので、仮にあるとすればそのままユーフォ―テーブルか他社の作品としてある可能性は十分あると思います。

大人気作品が故に皆さんの心配の声が心苦しいです。

映画公開前に見たい!アニメ版「鬼滅(きめつ)の刃」フル動画を今すぐ無料視聴する方法!映画公開前に見たい!アニメ版「鬼滅(きめつ)の刃」フル動画を今すぐ無料視聴する方法!

まとめ

今回ユーフォ―テーブルの脱税についてと今後の作品の予想をしてみましたがいかがでしたか?

こんなに早いスパンでの脱税ニュースは不名誉な事ではありますが今後の働きや、鬼滅ファンに心配をかけた事は深く反省して2度と起こさないでほしいですよね。

会社を調べていく内に国内でも有数の制作会社がなぜこんな事をしたのだろうと疑問で仕方ありません。

時にお金は人を狂わすと言いますが、雇っている社員にも作っている作品にも、その作品のファンの方達に対しても迷惑をかけているので深く反省し、真相はまだ明かされていませんが今後どのように動くかが大事なのでそこをちゃんと行ってほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です