【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

映画「名も無き世界のエンドロール」のネタバレあらすじ結末・キャスト・原作情報/2021年公開

「名も無き世界のエンドロール」は、第25回小説すばる新人賞を受賞した作家・行成薫の同名小説を実写化した映画です。

サスペンス映画なので二転三転するストーリー展開が楽しめます。

映画「名も無き世界のエンドロール」は2021年1月全国劇場で公開予定です。

注意

「名も無き世界のエンドロール」のあらすじネタバレは?

出演キャストについて詳しく知りたい

本記事では映画「名も無き世界のエンドロール」のネタバレあらすじやキャスト情報などを詳しく紹介しています。

名も無き世界のエンドロール あらすじ

複雑な家庭環境で育ち、淋しさを抱えて生きてきたキダとマコトは幼なじみ。そこに同じ境遇の転校生・ヨッチも加わり、3人は支え合いながら家族よりも大切な仲間となった。しかし20歳の時に、ヨッチが2人の前からいなくなってしまう。そんな2人の元に、政治家令嬢で、芸能界で活躍するトップモデルのリサが現れる。住む世界の違うリサに異常な興味を持ったマコトは、食事に誘うが、全く相手にされない。キダは「住む世界が違うから諦めろ」と忠告するが、マコトは仕事を辞めて忽然と姿を消してしまう。

2年後。マコトを捜すために裏社会にまで潜り込んだキダは、ようやく再会を果たす。マコトは、リサにふさわしい男になるために、死に物狂いで金を稼いでいた。マコトの執念とその“理由”を知ったキダは、親友のため命をかけて協力することを誓う。以来、キダは〈交渉屋〉として、マコトは<会社経営者>として、裏と表の社会でのし上がっていく。

そして、迎えたクリスマス・イブの夜。マコトはキダの力を借りてプロポーズを決行しようとする。しかし実はそれは、10年もの歳月を費やして2人が企てた、日本中を巻き込む“ある壮大な計画”だった─。

引用元:https://namonaki.jp/

名も無き世界のエンドロールの結末をネタバレ

映画は公開前なのでネタバレできませんが、原作の小説では幼馴染のギタとマコト、ヨッチは親がいない共通点があり互いに信頼しあう友人になります。

そのうち、ヨッチとマコトが付き合うようになりますが、それでも良い関係を保ったまま支えあいながら3人は大人へと成長しました。

20歳になった時、マコトはヨッチにプロポーズをする計画をたてますが、当日にヨッチがひき逃げにあい亡くなってしまいます。

ひき逃げ事件の証拠は豊富にあったものの、警察は犯人を逮捕することができず、事件はうやむやにされてしまいます。

その後、マコトとギタはヨッチをひき逃げしたのが、政治家の令嬢リサで、父親の力ですべてをもみ消していた事実を知りました。

それから10年かけてマコトは会社の社長になり、ギタは裏社会で成り上がります。

そして、マコトは手に入れた地位を使ってヨッチをひき逃げした政治家令嬢のリサに近づくと彼女を罠にはめました。

ギタの協力を得て今度はもみ消せないように多くの人の目にリサの悪事がさらされるよう工作します。

しかし、マコトはリサを道ずれにして爆死することを選択しました。

マコトは復讐を終えたらヨッチに渡すはずだった結婚指輪を持って、彼女を追いかけることを決めていたのです。

ギタはその覚悟を知っていて手を貸していました。

なんとも悲しく、切ない終わり方ですが、深い愛と友情、最後のどんでん返しが面白い作品です。

※映画公開後、結末は分かり次第執筆させていただきます。

名も無き世界のエンドロール キャスト一覧

キダ役:岩田剛典


ギタ役は好きだったヨッチがマコトと付き合い始めた時も祝福するような穏やかで優しい性格の人物です。

ヨッチの復讐のために裏社会に入り、危険に身を投じながらもマコトをサポートしていきます。

ギタ役を演じるのはEXILE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのメンバーで俳優業でも活躍する岩田剛典さんです。

マコト役:新田真剣佑

 

この投稿をInstagramで見る

 

. #新田真剣佑 #名もなき世界のエンドロール あああ超かわいい。🌹

mackenyu fan(@mackenyu.0920)がシェアした投稿 –


マコトは頭が良く、根気強い性格で幼馴染のヨッチを心から愛していました。

ヨッチのひき逃げ事件があってからは、犯人に復讐するため、10年かけた計画を実行に移します。

マコト役は2021年公開予定の「るろうに剣心 最終章 The Final / The Beginning」で主人公の宿敵役を演じて注目を集めた新田真剣佑さんです。

ヨッチ役:山田杏奈

 

この投稿をInstagramで見る

 

来週のMIU404、第3話に出演させていただきます☺️ぜひ!

山田杏奈(@anna_yamada_)がシェアした投稿 –


ヨッチは両親を亡くし、ギタとマコトの町に引っ越してきます。

境遇が似ている3人は次第に仲良くなり、ギタとマコト両方から好意を寄せられるようになりました。

2人の好意に気づいていたものの、選択することができなかったヨッチは先に告白してくれたマコトと付き合うことにします。

物語のカギを握るヨッチ役には数々のドラマに出演経験がある注目の若手俳優・山田杏奈さんが抜擢されました。

リサ役:中村アン


リサはヨッチをひき逃げして父親の権力でもみ消した過去を持つ女性です。

わがままに育てられていて、気に入らないことがあるとすぐにヒステリーを起こしてしまいます。

本作で見事な悪女役リサを演じたのは多くのドラマ出演経験を持ち、モデルやバラエティー番組など精力的に活動を続ける中村アンさんです。

名も無き世界のエンドロールの原作情報

小説家・行成薫さんが執筆した「名も無き世界のエンドロール」は2015年2月に出版されました。

「名も無き世界のエンドロール」は行成薫さんの処女作で第25回小説すばる新人賞を受賞しています。

時系列がバラバラに進行するのでストーリー展開が読めず、最後の切ない結末も評判になりました。

AmazonのKindle版でも読むことができるので、映画鑑賞前に読みたい方は検索してみてください。

まとめ

映画「名も無き世界のエンドロール」は第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫さんの小説を原作に制作されました。

出演キャストは注目の若手俳優揃いなので、安定したストーリー展開が期待できます。

小説は時系列がバラバラなので少々読みにくさを感じますが、全体が見えてくると一気に面白くなります。

生前のヨッチの言葉がいろんなところでマコトの行動に反映されている点も本作の見どころになるでしょう。

小説を読んで結末を知っていても十分楽しめる映画ですので、ラブストーリーやサスペンスが好きな方におすすめです。