【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

「東京ラブストーリー2020(令和版)」平成版と比較!あらすじ・キャストは違うの?

「東京ラブストーリー2020(令和版)」あらすじ・キャストを平成版と比較してみた!

平成のトレンディドラマの代名詞ともなった「東京ラブストーリー」は、小学館「ビッグコミックスピリッツ」で連載された柴門ふみさんの漫画が原作です。

めちゃくちゃ懐かしいですねー。

今、ネット配信にて29年ぶりに2020版としてアップデートされ話題になっています。

「東京ラブストーリー2020」ではあらすじやキャストが平成版と比較してどのように描かれているのか気になったので調査したいと思います!

「東京ラブストーリー2020」あらすじは令和版と平成版は違う?

「東京ラブストーリー2020」のあらすじ

出会いと再会

広告代理店に勤める永尾完治は愛媛から東京に異動になり上京してきました。完治は同じ営業部の先輩の赤名リカと働くことになります。ある日、東京で完治は同窓の三上健一、マドンナ的存在の関口さとみと再会します。

4角関係?

三上とさとみが付き合う事になり、完治はさとみへの想いを抱きながらリカのアプローチを受け入れてしまいます。さとみと付き合っていても三上に他の女性の影がちらつきます。悩むさとみを放っておけない完治はリカとの約束をキャンセルして会いに行きます。完治は、嘘は嫌だと怒らせたリカに好きな物を持って会いに行き仲直りします。翌日会社をずる休みし、ビルの屋上の撤去予定の看板広告に落書きをします。そこにリカは太陽に向かう2羽の鳥の絵を描きます。

完治の誕生日

さとみを大切に思う三上は一緒に暮らそうとさとみに言いますが、さとみは入院することになります。入院先で三上の浮気相手の長崎尚子に自分には婚約者がいると告げられ、さとみは三上と同棲をすることにしました。

完治の誕生日、尚子に振られた三上の捌け口にされたと悟ったさとみは傷つき家を出てしまい、三上より連絡を受けた完治はさとみを探して帰宅が遅くなりました。完治が家に戻るとリカがサプライズでお祝いの準備をして待っていて、2人は誕生日を祝いました。

ニューヨーク

しかし、リカはニューヨークに行くため辞表を提出していました。それを知った完治はリカと仲違いをしてしまいます。距離は離れても2人の関係は変わらないというリカの言葉に考え直した完治は、リカをニューヨークへ送り出しました。

完治は重要な仕事を任され忙しくなり、次第にリカの存在が重くなっていきます。完治はそのことをさとみに話してしまい、さとみといい雰囲気になりました。

突然の帰国

リカが突然ニューヨークより帰国します。完治の反応の悪さに落ち込むリカは、かつて不倫関係にあった上司の和賀と会います。

完治とさとみはお互いの気持ちを確かめ合い、完治はリカに別れを切り出します。そんな折り、完治はリカが妊娠している事を知り、相談してくれなかったことをリカに問い詰めます。

リカの妊娠

子供の父親が和賀だと判明したリカはショックを受けますが、完治に和賀と結婚すると伝え和賀には完治とよりを戻すと伝えます。リカは完治の故郷の愛媛にいました。探しに来た完治にリカは気持ちをぶつけ、完治もリカと生きていきたいとお互いの気持ちを確かめます。しかし、リカは姿を消しました。

数年後

三上と尚子は結婚していました。完治はさとみとの結婚を彼らに報告します。

リカは現代アートの世界で注目されていました。リカは一番愛する男の息子と一緒に太陽を見ていました。

平成版と令和版で違うところ

ストーリー

平成版では、スポーツ用品メーカー事業部に勤務するリカが、愛媛から中途採用で上京してきた完治を空港に迎えに行くところから始まり、リカ目線で描かれていました。

一方、令和版では、広告代理店に勤務しており、異動で上京した完治が、リムジンバスに乗車中にリカに到着を電話します。

令和版では完治目線になっており、リカの妊娠に触れるなど原作に近く、ネット配信ならではのストーリー展開になっています。

有名なあのセリフのシチュエーション

平成版でセンセーショナルだったあの有名なセリフですが、令和版でもありますがシチュエーションが異なります。

平成版ではリカが告白を促した後のセリフでしたが、令和版では、さとみが三上と付き合うことになり、カンチの失恋の痛手を慰めるように飛び出したセリフになっています。

連絡手段

平成版では固定電話や公衆電話が連絡手段で、相手を待ち合わせ場所で延々と待つなど連絡が手軽に取れずすれ違いがもどかしくキュンキュン感を増していました。

携帯電話やSNSで手軽に連絡が取れるようになった令和版で気になるところですが、心のすれ違いとして描かれています。

これはいつの時代でも変わりません。空気を読む令和の若者ならではの感情の機微が描かれています。また、令和版では、敢えてリカはニューヨークに行くと携帯で連絡をとりながら絵葉書を送っています。絵葉書の量で完治のリカの重みを表しています。

結末

愛媛で姿を消した後、平成版では、完治はさとみと結婚し、三上と尚子の結婚式に参列した帰り道、音信普通だったリカと偶然再会します。2人だけの同窓会をして別々の道を歩き出します。

令和版では完治とリカの再会はなく、リカは世界で活躍し最愛の息子と寄り添っています。

「東京ラブストーリー」キャストを比較!

東京を舞台に、同級生の完治、さとみ、健一、そこにリカを交え、恋愛模様が繰り広げられる「東京ラブストーリー」ですが、どんなキャストになっているかとても興味深いところです。それぞれ、平成版と令和版で比較してみましょう。

永尾完治役を平成版と令和版で比較

永尾完治はリカ限定で「カンチ」と呼ばれていますが、「カンチ」として世間に認識されているのではないでしょうか。優柔不断ではありますが素直で誠実で優しいところが魅力的です。

そんな完治を平成版で演じたのは、「東京ラブストーリー」で大ブレイクし、「振り返れば奴がいる」「踊る大捜査線」などで人気を不動なものとした織田裕二さんでした。

令和版を演じるのは、映画「コーヒーが冷めないうちに」、ドラマ「今日から俺は」「スカーレット」などで注目の若手俳優の伊藤健太郎さんです。プロデューサーの清水さんいわく、田舎から上京した、どこにでもいるような普通of普通を上手に演じられるのは伊藤さんしかいないと配役されました。

赤名リカ役を平成版と令和版で比較

帰国子女でセンセーショナルだがとてもキュートな平成版の赤名リカを演じたのは、9回ホリプロタレントスカウトキャラバン審査員特別賞受賞をきっかけにデビュー後、トレンディドラマに数々出演、「東京ラブストーリー」で大ブレイクした鈴木保奈美さんです。

生粋の東京人となっている令和版を演じるのは、映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」で数々の新人賞を受賞、連続テレビ小説「半分、青い。」ではヒロインの幼なじみ律の奥さん役で注目を浴びるなど、映画を中心に舞台やドラマで活躍中の石橋静河さんです。平成版より少し落ち着いた雰囲気ですが、自由奔放さは健在で、原作版のイメージに近いリカを演じています。

関口さとみ役、三上健一役を平成版と令和版で比較

完治が高校時代より思いを寄せていた清楚な雰囲気のさとみを平成版で演じていたのは有森也実さんでした。令和版では、内に秘めた独占欲の強いさとみをパワーアップしてE-girlsの石井杏奈さんが演じています。

また、完治の同級生でプレイボーイの医大生、三上健一役は平和版では江口洋介さんでした。

令和版では三上のより繊細な部分を清原翔さんが演じています。

「東京ラブストーリー2020」の主題歌は誰?

平成版「東京ラブストーリー」の主題歌は、小田和正さんの「ラブ・ストーリーは突然に」でした。ドラマの終盤の登場人物の心境や状況が大きく変わる山場でこの曲のイントロが流れ、ドラマを大いに盛り上げました。

令和版の主題歌は、現役大学生のVaundy(バウンディ)さんの「灯火」(ともしび)です。Vaundyさんは、20196月頃から活動を開始し、SNSを中心に人気が高まっています。

新しい曲というか、都会的なメロディは「東京ラブストーリー2020」の雰囲気にぴったりだと思いました。

それぞれの所有や依存や寛容のすれ違いの物語

束縛されたくないリカと三上、自分のものにしたい完治とさとみ。

しかし、リカは自分でも弱いから格好つけていると自覚しているように、本当に欲しいものに素直に向き合えないように思いました。一方、完治とさとみは価値観が似ていてお互いに安心するのは分かるような気がします。

三上はさとみとのことを経て自分に素直になれますが、リカは最後まで欲しいと言えず、身を引いて姿を消してしまいます。

そんなリカですが、太陽に向かう2羽の鳥に自分と完治を重ねて描いていましたが、最終回で自分と息子が太陽を見ているのは印象的でした。やっと変わらないものを見つけられたのですね。

どんなに文明が発達して物理的なすれ違いは埋められても、心やタイミングのすれ違いはいつの時代になっても埋められないものとして平成版、令和版を通して感じられます。

まとめ

個人的な印象としては、令和版「東京ラブストーリー2020」はかなり変化がありました。

あらすじは基本は違いはないのですが、キャストがガラッと変わったせいで、別次元のストーリーを見ているようでした。

機会があればぜひ、令和版「東京ラブストーリー2020」を見て、変化をチェックしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です