【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

きめつのやいば188話【悲痛な恋情】ネタバレ感想|蛇柱・伊黒小芭内の過去がかわいそう|鬼滅の刃

伊黒小芭内

きめつのやいば188話【悲痛な恋情】のネタバレ記事になります。ご注意ください。

188話【悲痛な恋情】
地上で無惨と最終決戦の最中、蛇柱・伊黒小芭内の過去が明らかになります
187話【無垢なる人】では

炭治郎が先祖の記憶をたどる回想シーンが続きます。鬼舞辻無惨と継国縁壱の戦いで、縁壱が13個目の剣技の型を完成したことがわかりました。

青字は個人的感想です。

188話【悲痛な恋情】は、単行本22巻に収録されています!

鬼滅の刃鬼滅の刃(きめつのやいば)アニメを見逃した!フル動画を今すぐ無料視聴する方法

ーーーーーーーーーーー

▼これから漫画「鬼滅の刃」を読みたい方に全巻半額で買えるお得技を伝授♪

>>鬼滅の刃(きめつのやいば)は全巻無料で読める?読み放題のサイト・アプリ比較

▼アニメ「鬼滅の刃」の無料視聴の方法はこちら(違法サイトではありません)

>>鬼滅の刃(きめつのやいば)アニメを見逃した!フル動画を今すぐ無料視聴する方法

▼おすすめの鬼滅グッズはこちらから!

きめつのやいば188話【悲痛な恋情】ネタバレ感想

伊黒

©吾峠呼世晴/集英社

囚われている少年は、過去の伊黒さんの姿でした。。

鬼舞辻無惨の戦闘で苦戦する柱たち

地上では鬼舞辻無惨VS柱たちの決死の最終決戦がくりひろげられています。

攻撃している柱は5人
  • 岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)
  • 風柱・不死川実弥(しなずがわさねみ)
  • 水柱・富岡義勇(とみおかぎゆう)
  • 蛇柱・伊黒小芭内(いぐろおばない)
  • 恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじみつり)

無惨は背中に9本、太ももに8本の細い管がついており、細い管の先端の刃で自分の血を注入し死にいたらしめます。

また両腕は伸び縮みし、不規則に多数ある口から吸いこみ近くにあるものを引き寄せてえぐり取ります。その攻撃の速さに柱たちは大苦戦中!

その中で甘露寺もかなり傷を負っています。

「見えない!全然見えない!!私が一番に潰れる・・!少しも役に立ててないのに」

捨て身でつっこむか、羽交い締めにするか!?と考えながら無惨の攻撃を避けていたのに、無惨の吸い込みに足がふらつき、

ガヒュン!!

©吾峠呼世晴/集英社

左耳、左腕をやられてしまい致命傷を負ってしまいます。とっさに助ける伊黒小芭内と柱たち。

伊黒は甘露寺をつれ、いったん前線から退き、そこにいた鬼殺隊員に手当てを頼みます。

まだ戦える、このままじゃ死ねないと言う甘露寺に、伊黒は「もういい十分やった」と伝え、無惨の戦いに戻ります。

「伊黒さん嫌だ!死なないで!!」

「もう誰にも死んで欲しくないよォ!!」

©吾峠呼世晴/集英社

甘露寺の声を背に走る伊黒。

「もし君と何気ない日常で出会うことができていたら、どんなによかっただろう。。」

「いや、無理だな俺は」

 

©吾峠呼世晴/集英社

初登場からイヤミなやつというイメージしかなかった伊黒さん。こんな最終局面で伊黒推しにならざるを得ないエピソード満載で泣けます。

もっと早く伊黒さんを活躍させて欲しかったな・・

蛇柱・伊黒小芭内の過去の生い立ちが明らかに

伊黒が言う汚い血族とは?

強奪した金で屋敷を構え飯を食らい、する必要もない贅沢をする

恥を恥とも思わない

業突く張りで見栄っ張りの醜い一族

188話【悲痛な恋情】

©吾峠呼世晴/集英社

伊黒の一族を取りまとめていたのは、実は下半身が蛇の鬼だったのです!

蛇鬼が人を殺して奪った金品をもらう代わりに、蛇鬼が大好物を差し出して生計を立てていました。

大好物とは「人間の赤ん坊」。自分たちの産んだ赤ちゃんを蛇鬼に生贄として渡していたのです。むごい。

伊黒の一族は女ばかり生まれる家で、男が生まれたのは370年振りだそう。

©吾峠呼世晴/集英社

さらに伊黒は風変わりな眼をしていたため蛇鬼に気に入られ、大きくなって喰える量が増えるまで生かされていたのです。

かなりグロい表現ですが伊黒さんの口の傷跡は、蛇鬼に切り裂かれたものと判明。ずっと包帯で隠していたんですね。。

12才になって初めて、座敷牢から出た彼が知った事実は「自分が生贄だった」ということ。ここでこの屋敷からの逃亡を決意します。

牢に戻された伊黒は、盗んだかんざしで木の格子を削り続け、なんとか逃げることに成功します!

蛇鬼に追いつかれ殺されそうになったところを、当時の炎柱に助けられました。(煉獄さんのお父さんだったと思われます)

©吾峠呼世晴/集英社

伊黒が逃げたことにより、伊黒の一族50人は蛇鬼によって殺されてしまいました。

唯一生き残った従姉妹がいたので、炎柱はわざわざ伊黒を彼女に会わせてあげたのでした。

ところが従姉妹から返ってきた言葉は罵倒だけでした。

「あんたが逃げたせいでみんな殺されたのよ!」

「生贄のくせに!大人しく喰われてりゃ良かったのに!!」

©吾峠呼世晴/集英社

自分が逃げたせいで一族50人が殺されてしまったことを知ります。その罪を背負い、伊黒は鬼殺隊に入りやり場のない思いを全て鬼に向けます。

蛇鬼が死んだので伊黒の一族も絶えました。自分が逃げたことで一族がどうなるか考えたりもしたが、それ以上に自分が生きたいと思う気持ちが多かった。

12年も牢に閉じ込められていたのですから逃げて当然ですよね。

かんざしで木の格子を削るのにいったいどのくらいの月日がかかったのか・・人の目を盗んでやらないといけないので数ヶ月はかかりそうですね。

無惨を倒して死に、自分の汚い血を浄化したい

©吾峠呼世晴/集英社

鬼殺隊に入り、鬼をひたすら恨み憎んだ。自分の命をかけてなんども人を救ってきた伊黒。

でもどんなに人を助けても、蛇鬼に殺された50人の親族の腐った手が伊黒を掴んで離さない。ずっと心のトラウマになっていました。

「無惨を倒して死にたい。」

「どうかそれで俺の汚い血が浄化されるよう願う」

伊黒は無惨との決戦で死を悟っていました。そして鬼のいない平和な世界でもう一度人間に生まれ変わったら

「今度は必ず君に好きだと伝える」

この言葉が一番心に響きました。悲しい、悲しすぎる恋。叶うことのない恋を来世で願う伊黒さんの気持ちが純愛すぎて切ないです。

めっちゃいいやつやん・・今までイヤミキャラとしか思っていなくてごめんなさい。

大正コソコソ話

今回明らかになった伊黒さんの生い立ちから、彼はずっと女性が苦手でした。女に囲まれ牢に入れられてきた恐怖や嫌悪感はなかなか消えません。

伊黒さんと甘露寺の出会いは、お館様のお屋敷。道に迷っていた甘露寺が伊黒に道を聞いたのが初対面でした。

甘露寺は明るく素直で優しい女性。初対面にも関わらず、甘露寺は自分ちの猫4匹の可愛さを熱く語ったそうです。

伊黒は急に話しかけられてギョッとしたのですが、甘露寺の素直さに惹かれ、自分が生まれてから見た何よりも美しいと感じました。

というコソコソ話でした。

きめつのやいば188話【悲痛な恋情】ネタバレ感想まとめ

鬼滅の刃189話へ続きます。

188話【悲痛な恋情】は、単行本22巻に収録されています!

鬼滅の刃22巻を無料で読む方法

鬼滅の刃22

  1. U-NEXTの31日間無料トライアルに登録。
  2. もらえるポイントで単行本1冊無料
  3. アニメ「鬼滅の刃」が無料視聴できます。
  4. 31日以内に解約すれば完全無料!

 

\ 見放題作品190,000本は業界No.1 !/

今すぐ鬼滅の刃をU-NEXTで無料視聴する

↓過去にU-NEXTに登録済みの方はこちら↓

\ 2週間無料!フジテレビドラマも見放題/

今すぐ鬼滅の刃をFODプレミアムで無料視聴する

 

↓鬼滅の刃関連のまとめ記事はこちらから↓

鬼滅の刃

↓漫画鬼滅の刃を一番安く読む方法はこちらから↓