【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

ハリポタのドビーは死ぬの?最後のセリフ・靴下・屋敷しもべ妖精のモデル|ハリー ポッター

ドビー

ハリポタの中に登場する屋敷しもべ妖精であるドビー

丸くて大きな目が特徴的で話し方も独特ではありますが、ストーリーが進むに連れハリーに協力したりして人気キャラの1人ではないかと思います。

今回の記事ではドビーは死んでしまうのか?最後のセリフや靴下の意味について調べていきます。

屋敷のしもべ妖精とは?

屋敷のしもべ妖精とは、作中で特定の主人に仕える妖精のことです。

その名の通り、家に関する仕事から雑用まで何でもやっていて仕えた家では奴隷の様に扱われる場合もあります。

もちろん見返りなどは一切なく、基本的には外出もせず、仕えている主の言いなりになっています。

 

なぜこの様な立ち位置かというと、彼らの生活拠点が大きな館や城といった大金を持つ魔法使いが住む比較的大きな建物が多いからです。

契約の際には、主人の枕カバーやタオルを身に纏う事が忠誠の証となっていますが、それを逆手にとったハリーの発想で後に解放されて誰に仕えることなく生きていけるようになり、彼には絶大な恩義を感じています。

屋敷のしもべ妖精のモデルは?他にも妖精はいたの?

モデルについて調べてみた所、特に情報はありませんでした。

ですが、普通に現実世界で考えるとメイドさんみたいな役割を担っているので、更にそれを酷くしたバージョンではないでしょうか?

ただ、ここまでひどい扱われ方はしませんし、ストーリーを進める中で必要な設定だったのではないかと感じます。

実は、他にも妖精が登場しているのでそちらをご紹介していきます。

クリーチャー

ブラック家に仕えていましたが、その家が純血主義だったので同じような考えを持っていて、たまに嫌味をブツブツ言う癖があります。

シリウスがブラック家の考えに反していたことを良く思っていないため従順に使えてはいませんでした。

 

彼の亡きあと、ハリーに仕えますが快くは思っていませんでした。

ですが、レギュラスが使っていた遺品をハリーがプレゼントしたところ態度を改めるようになり敬意を払うようになります。

ドビーは死ぬの?最後のセリフや靴下について

まずは、ハリーとの関係性がどの様なものだったのかを説明してから順番に紹介していきます。

ハリーとの関係

初めて2人が顔を合わせたのは1年の夏休み最後のこと。

ホグワーツで秘密の部屋事件が計画されているのを偶然知ってしまったドビーはハリーが戻らないように警告します。

 

ハリーは新学期が始まるのでホグワーツに戻ろうとしますが、あらゆる手段を使ってそれを阻止しようとします。

親友からの手紙を隠したり、列車の乗客口を塞いだり、マグルの前で魔法を使用した容疑にかけられたりと迷惑行為のオンパレード。

結局は止めることが出来ず事件に巻き込まれてしまいますが、無事に解決しています。

靴下について

当初はドビーに怒りすら覚えていたハリーでしたが、彼が酷い仕打ちを受けていると知り何とか助けられないかと計画を立てます。

もちろん妖精を手放したくないマルフォイ家でしたが、ハリーは急遽脱いだ靴下を日記に隠してルシウスに渡します。

 

それに激怒したルシウスは日記を投げつけ、落ちた靴下をドビーが拾ったので契約が無効になりました。

それからというもの、ドビーは幾度となくハリーのピンチを救う事となりますが・・・

ドビーは死ぬの?最後のセリフは?

マルフォイ邸に捕らえられてしまったハリーをアバーフォースの指示により救出に向かったドビー。

助け出して逃げている最中にベラトリックスが放ったナイフを胸に受けてしまい、ほぼ即死に近い状態でした。

 

最後の力を振り絞り、姿くらましを使って貝殻の家まで送ることに成功。

残された時間はほとんどありませんでしたが、ハリーに最後の言葉を伝えようとします。

 

映画版では

「なんて美しい場所。友と一緒にいれてドビー幸せ。彼の仲間と一緒にいれて。ハリーポッター・・・」

ちなみに本では、ハリーの名前だけを呼んで力尽きてしまいます。

 

その後、建てられた墓標には「自由なしもべ妖精 ドビー ここに眠る」と記されており、ハリーが呪文で刻んであげるというとても感動的な最後となっています。

ドビーのSNSでの反応は?

ドビーの最後に感動を覚えた方が数多くいました!

見た目からはとても想像できない人気があり、もっと活躍して欲しかったとの意見も多数ありましたが、死んでしまうことにより綺麗な終わり方に映ったのではないかと思います。

まとめ

悲しい過去を乗り越え、自由となったドビーの活躍に心打たれた方も多くいらっしゃったのではないかと感じます。

最後まで生きていて活躍を見てみたかったとは思いますが、悲しい経験をしてきたからこそ死んでしまった時の感動も大きかったのではないかと思います。

まだ観た事が無い方にも、ぜひドビーの活躍を知ってファンになって頂けたら非常に嬉しく思います!

ハリーポッターと賢者の石ハリーポッターと賢者の石を見逃した! 再放送(地上波)はいつ?無料フル視聴動画配信ネットで見る方法