【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

映画「望み」あらすじネタバレ!キャストと原作小説も詳しく紹介

「望み」2020年10月に公開予定の日本映画です。

原作は小説で、「クローズド・ノート」「検察側の罪人」でも知られる雫井脩介の作品となっています。

累計発行部数は15万部を超え、読者満足度も100%を記録している驚くべき小説です。

 

映画の監督には、「SPEC」「TRICK」「20世紀少年」などでお馴染みの堤幸彦監督が務めます。

本作のジャンルはサスペンスで話の内容からしてシリアスなシーンが多く、行方不明となっている息子が事件に関わっている可能性が高い事を、家族や周りの人物の気持ちが衝突し合うという内容になっているので、堤監督がどの様に表現されているか非常に楽しみな作品になっています。

今回はそんな「望み」についてのあらすじやキャスト、その他の情報について調査したいと思います。

 

映画「望み」あらすじネタバレ

石川一登は建設関係の仕事をしており、自宅に事務所を持っています。

妻である貴代美はフリーの校正者をしていて、高1の息子・規士と中3の娘・との4人家族。

どこにでもいるような普通の家族で関係も悪くありませんでした。

 

しかし、思春期である規士には不安が1つだけあり、中学から続けていたサッカーを怪我で辞めてしまい、自暴自棄になったのか夜遊びが増え、顔にあざを作って帰ってくる事もしばしばありました。

 

兄の部屋から時より物騒な話題の話が聞こえてくる事を心配に思った雅は、その事を両親に伝えます。

ある日、息子の部屋の掃除をしていた貴代美は、ごみ箱からナイフのパッケージを見つけ、夫に相談します。

 

一登は理由を問い詰めますが、規士ははっきりと答えず自室に籠ってしまった為、一登はそのナイフを保管しました。

それから数日後のシルバーウイークに規士は夜遊びに出かけ、その日は帰ってきませんでした。

 

翌日心配になった貴代美はメールを送り、「まだ帰れないけど、心配はいらない」との返信がありました。

電話もしてみましたが、繋がらず留守番電話になり、折り返しもありません。

 

今まで何度もこんな事があったので、息子が帰って来るまでは干渉しないでおこうと決めた一登でしたが、その夜一家が住む戸松で不審車から高校生くらいの遺体が発見されたとのニュースが流れます。

 

もしかしたら息子かもしれないという不安はありましたが、被害者は倉橋与志彦だと判明しました。

石川家を訪問した警察の寺沼野田は、普段から与志彦と同じグループである少年達の行方がわからなくなっていて、規士も事件に関与しているのではと説明します。

 

マスコミは早々と情報を嗅ぎ付け、規士が事件の加害者と決めつけて取材に来たり、知らない人達から玄関に生卵をぶつけたりと嫌がらせが始まります。

その中で、フリージャーナリストである内藤は貴代美に接触し、規士以外にも2人行方不明になっているという情報を教えます。

 

その後も嫌がらせはエスカレートしていき、ネットにも規士の事が書き込まれ酷い有様でした。

 

その後の捜査で逃げている犯人が2人だとわかり、行方不明は3人なので最悪1人死んでいるかもしれないという事実に、家族は規士が加害者なのか被害者なのかで心が揺れ動きます。

 

この事件のせいで、一登は高山建設から仕事を断られてしまい、妹は塾で周りから散々言われ自分の進学も上手くいかないかもしれないという不安を抱え始めました。

 

一登は自分の息子が殺人を犯していない事を願っていましたが、裏を返せば死んでいてもおかしくないと思っています。

雅は自分の将来が上手くいかなくなる事を避ける為、父と同じ気持ちでした。

 

しかし、以前規士から回収したナイフがなくなっている事に気付きます。

その瞬間、息子は加害者なのではないかという気持ちに変わりました。

 

貴代美は初めから息子が犯罪者でも生きていて欲しいと思っていましたが、もう生きていないんじゃないかとも思い始めています。

それぞれの「望み」が交錯し、ボロボロの石川家。果たして規士はどうなっているのか。

 

映画「望み」キャスト一覧

一登/堤真一

貴代美/石田ゆり子

規士/岡田健史

雅/清原果耶

寺沼/加藤雅也

扶美子/市毛良枝

内藤/松田翔太

高山/竜雷太

原作小説は映画とどこが違う?

今現在出ている映画の情報が少ないので、どこが違うのかまではわかりませんでした。

たた、予告を見た限りだと原作に近い仕上がりになっていると思います。

1冊の小説を2時間に収めるのも無理があるので、小さい設定の変更であったり、削除されている部分は多少あるかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたか?

この先どうなってしまうのだろう?と思う様な先が見えない展開に、息を飲んでしまう作品です。

1つだけはっきり言えるのは、ネタバレだけ見ても全体のストーリーを把握できないのですし、絶対初めから知った方が良いと思うので小説を読むか映画を楽しみに待つかをオススメします!

また、小説を読んだ上で映画を見ると違う点に気付けると思うので、より楽しめると思います。