【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

服部樹咲(はっとりみさき)の事務所はどこ?プロフィールwiki【ミッドナイトスワンに大抜擢】

映画ミッドナイトスワンに出演する期待の新人服部樹咲さん。作中では、バレエダンサーになることが夢の中学生、桜田一果を演じていらっしゃいます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

2020年今秋公開の #ミッドナイトスワン のキャストが素晴らしい♡ ♡主演の凪沙役は#草彅剛 さん♡。 トランスジェンダーとして、新宿を舞台に生きる凪沙。1人の少女一果と出会い、母性に目覚め、彼女の夢を応援することに。 母親のネグレストに耐えながら、バレエダンサーを夢見る少女 一果役には、本作女優デビューの#服部樹咲 さん。 つよぽんは共演の女優さんを光り輝かせ、才能を広げてくれるので、楽しみにしています。 そして、 一果の類い希な才能を見いだし、愛情をもって育てようとするバレエ講師・実花役に#真飛聖 さん♡ 育児放棄とネグレクトに走ってしまった母親・早織役に#水川あさみ さん♡ 凪沙が働くショーパブ【スイートピー】の洋子ママ役には#田口トモロヲ さん♡ 真飛さんがバレエ🩰講師役❗️ 凪沙(草彅)と、少女・一果(服部)の姿を通して“切なくも美しい現代の愛の形”を描く「ラブストーリー」。 公開は今年秋。 早く観たい、観たくてたまりません。

sumisumi(@sumisumi244)がシェアした投稿 –

今回この作品が映画初出演となる服部樹咲さんですが新人さんのため、現在出ている情報が非常に少ないです。事務所はどこに所属してるのか?どんな経歴なのか?気になりますよね。

作中で主演の草なぎ剛さんと疑似親子の役を演じられていて、非常に重要な役どころとなっておりますので気になる方も多いのではないでしょうか?

注目が集まれば集まるほど、知りたくなるのが人間の心理なので期待が高まりますね!そんな服部さんの今出ている範囲で事務所やプロフィールを調べてwiki風に紹介していきたい思います。

ミッドナイトスワンの真飛聖(まとぶせい)プロフィールwikiを紹介!ミッドナイトスワンの真飛聖(まとぶせい)プロフィールwikiを紹介!

服部樹咲さんはどこの事務所に所属しているの?

今はどの事務所にも入ってないという服部樹咲さん。

後述しますが、ミッドナイトスワンの役は、バレエの技術を見込まれてオーディションで勝ち取ったもの。

子役として活動されていた訳ではないので、事務所には入ってないそうです。

ミッドナイトスワン服部樹咲さんプロフィールwiki

服部樹咲プロフィールwiki

 名前:服部樹咲(はっとりみさき)

 生年月日:不明

 年齢:13

 血液型:不明

 出身地;不明

 事務所:なし

名前と年齢以外ほぼ不明です。はっきりわかっているのが中学1年生ということで、役柄とだいたい同じ設定ということになります。

出身地についても不明ではありますが、東京にあるパルクバレエスクールのフェイスブックで服部樹咲さんが紹介されていたので、都内出身かなと思いきや、

神奈川にあるバレエ学校などに所属しているという情報もあるので関東県内の可能性がありますね。

ですが、小学校低学年の時は愛知のほうのバレエスタジオに所属していたという情報もありますので、はっきりしたところは不明のままです。

バレエの実力がすごいらしい! 

  • 2017年NAMUEクラシックバレエコンクール神奈川県大会 小学校高学年部門第3位!
  • 2018年のNBAジュニアバレエコンクール東京2018では小学6年生部門第1位!

輝かしい受賞歴ですね!

作中でもバレエダンサーになることが夢の人物を演じられている服部さんですが、本当にバレエを習われており、実力もすごいらしいです。

今出ている情報だと、2015年から2019年までに大会で何度も上位に入賞されたり、賞を獲得されています。

いつから始められたかは不明ですが少なくとも2015年から大会にでていらっしゃるので、8歳のころにはバレリーナとして大会などに出場されていたことになり、少なくとも5年以上のバレエ経験者です。

作品でのバレエダンサーとしての演技にも注目です!

ツイッターやインスタはあるの?

服部樹咲さんのSNSですが、見つけることは出来ませんでした。中学生ならケータイや家に通信機器があると思うので、名前を出さずにやっている可能性はありますね。

ただ、勉強やバレエに忙しいでしょうから、もしかしたら本当にやっていないだけかもしれません。

これをきっかけに何かしらのSNSを開設してほしいという気持ちはありますが、まだ中学生なので気を付けてほしいところが本音です。

服部樹咲さんの映画に対するコメント紹介

お芝居をするのは初めてで、撮影の前は、緊張して眠れませんでした。台本を見るのも初めての経験で、最初は戸惑いましたが、昔からバレエの舞台で人前に出る事には慣れていたので、実際の撮影の現場は、そこまで緊張せず、すっと一果の役に入る事が出来ました。草彅さんは、待ち時間から驚くほど凪沙という役に入られていて、大変刺激を受けました。「強くならんといけん」という草彅さんの台詞から、一果が変わっていくのですが、とても大切なシーンとなりました。生きてきた中で、ネグレクトや、トランスジェンダーなど、自分にとって身近なものではなかったのですが、この映画の一果という役柄を通じて学べました。何かしら印象に残って、考えさせられる映画だと思うので一人でも多くの方に観て頂けたらと思います。 出展:映画『MIDNIGHT SWAN』公式ティザーサイト

ミッドナイトスワンでの服部樹咲さんの役どころは?

服部樹咲事務所

冒頭でも軽く説明しましたが、服部樹咲さんはバレエダンサーを夢に見る一果を演じていらっしゃいます。

その背景には、実の母親から育児放棄やネグレクトを受け、草なぎさんが演じるトランスジェンダーの凪沙と出会い、疑似親子となり「切なくても美しい現代の愛の形」を描いた作品です。

2人が生活する中で、一果はバレエ講師の実花(真飛聖)に才能を見出されバレエダンサーになることを目指し、ライバルと競い合い成長を遂げていきます。

凪沙も母性が芽生えて、そんな彼女の夢を応援していきます。

 

心と身体に葛藤をもつ凪沙と愛を知らずに育った一果は一体どうなっていくのでしょうか?

今作でのオーディションでバレエの才能と独特な存在感を見いだされた服部さんですが、実際にバレエの大会でも数々の成績を収められていますので、納得の採用だったと思われます。

作品の本人コメントでも言われていましたが、撮影の前は緊張して眠れず、台本を見るのもはじめてで戸惑ったみたいです。

 

ですが、バレエの大会などで日頃から人前に立つので、実際の撮影ではそこまで緊張しなかったようで、そのおかげで一果の役に集中できたそうです。

若干13歳にして女優デビューを果たし、緊張しなかったとはすごいですよね!

複雑な環境や設定の作品だとは思いますが、理解して役にのぞまれたと思いますし、バレエを通して培ってきた自分の実力を普段から出せるという強みもあったのではないでしょうか。

本人もこの役を演じてたくさんの勉強になったと思われます。

 

これから表舞台に出られるかはわかりませんが、この経験を活かしお芝居にも普段からされているバレエにも活かしていっていただければなと思います。

今後の服部樹咲さんのご活躍にも期待ですね!

まとめ

ミッドナイトスワンの出演が決まって脚光を浴びた服部樹咲さんですが、事務所には所属してないことがわかりました。

バレエの実力で採用されたようなので、本作品でどのような演技になっているのか楽しみです。

服部樹咲さんもこの作品に対して、なにかしら印象に残っていて、考えさせられる内容の映画だと思うので少しでも多くの方にみていただけたらとコメントされているので公開が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です