【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

ミッドナイトスワンはつまらないという評判はある?予告だけで泣ける愛の名作

2020年9月25日に公開される「ミッドナイトスワン」について紹介します。

主演は、元SMAPで新しい地図のメンバー、草彅剛さんでトランスジェンダーの役を演じてられています。

養育費目当てに少女を引き取ったことによって芽生えた愛情について描かれた映画です。

そんな映画のレビューやインタビューを元に作品について解説していきます。

この記事でわかること
ミッドナイトスワンはつまらないという評判は見当たらない!

予告動画だけで世界に引き込まれる名作なので見るべき!

映画ミッドナイトスワンはつまらないという評判はある?

「全裸監督」でおなじみの内田英治監督のオリジナル作品です。

レビューを見る限りつまらないという評判はありませんでした。

「予告編を見ただけでも泣ける!」という意見が多数ありました。

映画ミッドナイトスワンの出演者について

ミッドナイトスワンの出演者について紹介します。

主演は、元SMAPで新しい地図のメンバーである草彅剛さんです。過去出演した映画に「台風家族」や「任侠ヘルパー」があります。

インタビューで「この役を誰にも渡したくない」というほど、主人公凪沙の役に没頭していたようです。

予告編の草彅さんの演技を見ただけで役への熱い想いが伝わりました。

凪沙に引き取られることになる一果は、5000人のオーディションを勝ち抜いた服部樹咲さんが演じています。今回の映画が初めての芝居で、まだ14歳の期待の新人女優です。

服部樹咲(はっとりみさき)の事務所はどこ?プロフィールwiki【ミッドナイトスワンに大抜擢】

映画の撮影はストーリーの流れ通りの順撮りだったので、だんだん2人の距離感が近づいていく様子をうまく表現できたと監督はインタビューで語っていました。

映画「ミッドナイトスワン」キャストとあらすじは?Twitterの反応評価は?映画「ミッドナイトスワン」キャストとあらすじは?Twitterの反応評価は?

映画ミッドナイトスワンのテーマLGBTについて

最近は、日本でもLGBTをテーマにした「おっさんずラブ」「きのう何食べた?」など多くの作品が公開されるようになってきました。

そんな中、ミッドナイトスワンは内田監督が5年もの歳月をかけてLGBTに関する取材を重ね、作品の構想を練って作られました。

LGBTとして生きる苦悩をリアルに描かれていると評判です。

あまりにもリアルだったため、初めて脚本を読んだ時に主演の草彅さんが涙してしまったそうです。

映画「おっさんずラブ」ラスト結末をネタバレ!春田と牧どうなった!?映画「おっさんずラブ」ラスト結末をネタバレ!春田と牧どうなった!?

映画ミッドナイトスワンの原作は?

ミッドナイトスワンは、内田監督のオリジナル作品なので映画が原作です。

内田監督が書き下ろした小説も発売されています。


ミッドナイトスワン (文春文庫)

読みやすい文体で、活字が苦手な方でも読みやすいと思います。

映画を見てから細かい設定などを小説で確認すると、2度作品を楽しむことができるでしょう。

ミッドナイトスワン 原作映画ミッドナイトスワンの原作はある?映画と小説どっちを先に見るべき?

映画ミッドナイトスワンの感動した・面白いという評価感想

ミッドナイトスワンを見て、感動したという意見が多くあります。

SEKAI NO OWARI のsaoriさんなど、著名人からも好評です。


また、LGBTに対する理解が深まったという意見も見られました。


ようやく世間的にLGBTの理解が少しずつされるようになってきていますが、まだまだ当事者たちの苦悩や葛藤についてはナイーブな話題ということもあり難しい。

ミッドナイトスワンを見ることで、多様性について考えるきっかけになればと思います。

まとめ

ミッドナイトスワンは、先行公開を見た人や予告編を見た人のレビューでかなり高い評価を得ています。公開前でも、Twitterには「#ミッドナイトスワンを広げよう」というタグができ、すでに話題になっています。

LGBTという繊細なテーマを綿密な取材によって、リアルに再現された内田監督の功績でしょう。

また、主演の草彅さんのトランスジェンダー役の演技や、新人女優の服部さんのバレエシーンなど見所がたくさんあります。

ミッドナイトスワンをぜひ映画館で鑑賞してみてはいかがでしょうか。