【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

【鬼滅の刃】きめつのやいばに大人でもハマる5つの理由!

オープニングテーマとなったLiSAの「紅蓮華」が大流行し、一躍大ヒットとなった週刊少年ジャンプのアニメ「鬼滅の刃」。

特に10代から40代の女性に大人気で、先日ジャンプに掲載された最終回は物議をかもしました。

少年漫画原作の「鬼滅の刃」が大人の、特に女性達に人気となったのにはある理由がありました。

大人がハマってしまう「鬼滅の刃」の魅力をお伝えします。

 

鬼滅の刃が大人でもハマる5つの理由

 

妹を救うために頑張る主人公に感動するから

 

時は大正、父亡き後、長男として家族を養うために炭焼きの仕事で町と山奥の自宅を行き来する生活をしていた主人公の炭治郎。

ある夜、帰りが遅くなり、親切な人に泊めてもらい、翌朝、家に到着すると家族は何者かに殺されてしまっていました

辛うじて長女の禰豆子はまだ生きており、炭治郎は医者に診てもらうために禰豆子を担いで山を下ります。

途中で出会った冨岡義勇という男に攻撃される炭治郎と禰豆子。

冨岡がいうには禰豆子は鬼になっているので殺さなければならないとのことでした。

弟妹と母を殺されて、唯一生き残った禰豆子を守りたい炭治郎は身を呈して禰豆子を守ろうとします。

冨岡は必死な炭治郎を見て自分の師でもある鱗滝左近次に会いに行けと言います。

炭治郎はそこから鬼を滅する鬼殺隊入隊を目指し、鬼の王・鬼舞辻無惨を見つけ出し、禰豆子を人間に戻す方法を探る旅に出ます。

 

炭治郎の原動力は妹の禰豆子を人間に戻してやりたいという思いです。

元から長男として弟妹達を養うために働いていた立派な長男ですから、家族への思いは人一倍あります。

鬼殺隊としての活動は命懸けで、何度も死地に追い込まれますが、その度に亡くなった弟や母親が語りかけ、乗り越えます。

長女である禰豆子も時々、鬼になりかけているにもかかわらず、心の奥底に残った禰豆子の精神に家族が語りかけ、唯一人間として生き残っている炭治郎を守るために覚醒することもあります。

二人の兄妹愛がファンの心に突き刺さる感動の物語なのです。

 

鬼が持つ辛い過去に共感するから

 

鬼は人間を襲うので鬼殺隊に退治されてしまいますが、鬼舞辻によって鬼にされる前は人間でした。

小説をこき下ろされて失意のまま鬼になった男や、病弱な体を治すために鬼になり、怖がった両親から殺されそうになって逆に両親を殺してしまった少年など、鬼になる前にあった悲しい出来事が鬼をより凶暴にしていました。

長男で家族思いな炭治郎は戦いながら鬼達の悲しみに気付き、手を差し伸べようとします

鬼は炭治郎に退治される直前に炭治郎の優しさに触れ、安心して死んでいきます。

敵だった相手にも優しくなれる炭治郎の懐の深さが女性達に人気の秘密かもしれません。

 

仲間との熱い友情や柱達の誇り高い生き方に感動するから

 

鬼殺隊としての活動を通して、炭治郎には仲間や頼れる上司的存在の人達と巡り合います。

特に仲良くなったのは同期の二人、我妻善逸嘴平伊之助です。

善逸は臆病ですぐに愚図り危なそうな所へ行く時は道端で座って動かなくなるようなちょっと面倒くさい少年ですが、眠っている時は強いという一面があります。

伊之助は猪に育てられた少年で、猪の被り物で普段は隠していますが実は美形です。

逞しい体をした野生児で猪突猛進し、強い人がいたら迷わず突っ込んでいく猪らしい性格をしています。

善逸と伊之助と行動を共にするようになってからは、三人の面白おかしい会話も見どころの一つとなっていきます。

優しい炭治郎は善逸や伊之助の事情を汲んでくれ過ぎてたまにちょっとズレたことを言います。

善逸は駄々をこねまくり、放置されると急に冷静になるところが笑えます。

伊之助は深く考えないタイプですが、垣間見せる繊細な心情にちょっとだけ伊之助を見直してやりたくなります。

 

鬼殺隊にはと呼ばれる幹部クラスの精鋭がいます。

炭治郎が鬼殺隊に入隊するきっかけを作った冨岡も鬼に対抗する戦法である水の呼吸を操る水柱を任されています。

他にも蟲柱の胡蝶しのぶ、炎柱の煉獄杏寿郎、音柱の宇髄天元、霞柱の時透無一郎、恋柱の甘露寺蜜璃、岩柱の悲鳴嶼行冥、蛇柱の伊黒小芭内、風柱の不死川実弥がいます。

それぞれ鬼殺隊に入るきっかけになった悲しい過去を持ち、そのために対立もしたりしながら鬼舞辻討伐のために死力を尽くします。

炭治郎は仲間となった善逸・伊之助、頼れる柱と共に戦い、鬼舞辻を追いかけます。

 

ジャンプの王道「友情・努力・勝利」の漫画だから

 

週刊少年ジャンプのキーワードは「友情・努力・勝利」です。

その三大原則がこの「鬼滅の刃」には詰まっています。

炭治郎が禰豆子を守ろうと決心した時、鬼の存在すら初めて知ったド素人でした。

何もわからない所から鬼の倒し方を習得するために何年もかけて努力するのは、禰豆子を救いたい一心からでした。

炭治郎の心の強さに誰もが胸を打たれてしまいます。

鬼殺隊に入った頃は鬼になりかけて活動を制限されている禰豆子と二人だけの心細い旅でした。

それがいつの間にか善逸・伊之助というにぎやかな仲間ができ、鬼殺隊のトップや幹部、鬼殺隊の活動を支援している人達との出会いが炭治郎をより強くしていきます。

その心の繋がりが鬼舞辻との最終決戦でも活かされ、炭治郎は完全勝利を収めます。

 

絵と音楽がすごいから

 

アニメ化にあたって、鬼との戦いのシーンがド派手で美しい絵と音楽で再現されました。

アニメが大ヒットしたのはこの美しい絵と音楽も理由になっているというのが通説です。

白黒の漫画では表現し切れない見事な戦闘シーンをアニメでは存分に楽しめます。

 

きめつのやいばに大人でもハマる5つの理由!のまとめ

アニメ「鬼滅の刃」の大ヒットの裏側には、キャラクターがそれぞれに持つ悲しい物語がありました。

鬼殺隊に入ることになった炭治郎と禰豆子の物語や、各隊員の過去、鬼になってしまった人達の事情、その全てが悲しく、特に女性達に共感されたのでしょう。

ジャンプの王道「友情・努力・勝利」もしっかり盛り込まれた感動の物語でした。