【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

劇場版「Fate Heaven’s Feel 第3章」のネタバレやキャストをご紹介!口コミやレビューは?

劇場版「Fate Heaven's Feel 第3章」

2017年から第1章が始まり、公開されるごとに人気が高まっているFate Heaven’s Feel。

3部作の最終章として「劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel Ⅲ.spring song」が公開されています。

 

今回この記事では、Fate Heaven’s Feel 第3章のあらすじネタバレやキャストについてご紹介します。

 

作品概要

作品名 劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel Ⅲ.spring song

配給会社 アニプレックス

制作会社 ufotable

監督      須藤友徳

脚本      桧山彬

出演者   杉山紀彰

     下屋則子

     川澄綾子

     植田佳奈

音楽      梶浦由記

公開日   2020年3月28日

上映時間           122分

あらすじネタバレ 

聖杯の器として覚醒した間桐桜は兄の慎二を殺してしまい正気ではありませんでした。

衛宮士郎も死んだ慎二を見つけましたが、そこに間桐臓硯の分身が現れ陰謀を話し分身は消滅します。

 

その頃、イリヤ遠坂凛が家でゴロゴロしていたところ、桜の影の使い魔が来ていることに気付き、それを追いかけるとそこには桜の姿が。

イリヤと桜が戦おうとしていていた時に凛も駆けつけ魔法で立ち向かいますが、返り討ちにあってしまいます。

遅れて士郎とライダーも来ますが、イリヤが皆を守るために桜と一緒に自分の城へ帰ると提案し、後を追おうとした士郎でしたがセイバーに行く手を阻まれました。

 

負傷した凛とライダーを手当するため教会へ連れて行き、言峰綺礼に助けを求めます。

眠りから覚めた士郎は城に行くと話すと綺礼も協力してくれると言い、2人で救出に向かいます。

 

イリヤの位置を突き止めた2人は窓から侵入し、敵と勘違いされ、何とか説得して3人は城から脱出を図ります。

ですが、桜に気付かれてしまい追手が迫ってきました。

 

綺礼がイリヤを抱えて逃げていましたが、アサシンと戦うためにイリヤを士郎に預けます。

ですが、2人も別の追手であるバーサーカーに追いつめられ士郎も戦うこととなります。

 

助かる方法がなかったので禁断とされているアーチャーの左腕を開放し、大剣トーレスを出現させ勝利しました。

その後逃げ切った士郎でしたが、左腕を開放したせいで意識を失ってしまいます。

 

一方、桜も影の影響で人としての存在がなくなりつつあります。

完全に影になった時に聖杯が完成するで、解決策として桜を殺すか、影を切りはなすかの選択を迫られていました。

 

最終決戦を控え、イリヤが聖杯戦争の秘密と桜を侵食している影についての正体を話します。

第3次聖杯戦争の時に聖杯を汚染してしまったアンリマユというもので、臓現はそれを自分の物にするために桜に聖杯の欠片を埋め込んで小聖杯の役割をさせ、「アンリマユ」は桜の体を影で支配しようとしているのだと。

 

結末ネタバレ

やるべきことがわかった士郎たちはアンリマユを倒すべく洞窟へ向かいました。

そこでは桜とセイバーが待ち構えていて、最終決戦が始まりました。

 

真正面からぶつかっても勝ち目はないので、作戦を練り、士郎とライダーがセイバーと戦い、凛と桜が戦います。

 

ライダーの素早さを活かしセイバーオルタに奇襲をかけますが、力の差があり逆に追い詰められていまいます。

最終手段として宝具を発動させ、それと同時にセイバーも漆黒の剣を発動。

 

士郎は用意していた作戦の「熾天覆う七つの円環」を発動させ、盾に守られながら突っ込みセイバーの身動きを封じます。

そして士郎が短剣を突き刺し、影の支配から解かれたセイバーは「シ・ロウ・・」と呟き消えてしまいます。

一方、凛と桜の戦いも激しさを増しています。

数々の攻撃を宝石剣で切り裂き、ついに桜の元まで辿り着きとどめをさそうとしましたが、最後の最後で殺すことができないと悟り、影に体を貫かれてしまいます。

セイバーを倒した士郎が駆けつけると、倒れた凛がいました。

影を引きはなすために「破戒すべき全ての符」を桜に突き刺し、アンリマユとの繋がりがなくなりました。

 

その後駆けつけたライダーに2人を任せ、士郎は大聖杯を壊すため前に進みます。

しかしそこにはアンリマユの復活を目的としていた綺礼がいました。

 

士郎の肉体にはアーチャーの腕を使った代償として結晶が出ており、肉弾戦になります。

激しい戦いの末、肉体の限界を迎えていた2人でしたが、綺礼は死んでしまいます。

 

そして大聖杯まで進んだ士郎は、正装したイリヤに出会い、「生きたいか?」と聞かれ「生きたい」と答える。

結果イリヤが大聖杯に入って行き、止めることに成功します。

光が空にあがり士郎は光に包まれました。

 

1年が過ぎ、士郎はいまだに戻っては来ませんでしたが、桜が家でご飯を作っているとそこに士郎が現れます。

そして桜が咲く場所に士郎と桜が並び、2人は同時に足を踏み出しエンドロールを迎えます。

 

主要キャスト

衛宮士郎:杉山紀彰

間桐桜:下屋則子

セイバーオルタ:川澄綾子

遠坂凛:植田佳奈

言峰綺礼:中田譲治

口コミ・レビュー

戦闘シーンが格好よかった!や面白かった!感動した!など数多くの高評価を目にしました。

ゲームからでいうと10年以上もファンだという方が多く、やっとすべての映像化が終わったと安心されている方もいて人気の高さが伺えますね!

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は最終章についてのまとめだったので、気になる方は第1章からぜひ観てもらえたらと思います。