【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

漫画「キミオアライブ」作者の恵口公生さんのプロフィール!死因は何だったのか?

漫画「キミオアライブ」作者の恵口公生さんのプロフィール

月間少年マガジンで連載されている漫画キミオアライブ」の作者である恵口公生さん

2020年8月19日に亡くなられていることが29日に講談社の発表によりわかりました。

 

今回この記事では、キミオアライブの作者である恵口公生さんのプロフィールと死因について調査します。

 

「キミオアライブ」作者の恵口公生プロフィール

名前:恵口公生(えぐちこうせい)

年齢:23歳

生年月日:1997年

職業:漫画家・作家

 

これから人気が出るであろう漫画家だったので、現時点での情報はかなり少なかったです。

名前だけ見てみると男性のような気もしますが、顔写真等が一切ないので性別もはっきりとはわかりません。

 

他の作品としてボーイミーツマリアというBL漫画を描かれていますが、そのジャンルは女性向けが多いので作者も女性の方が多いような気もします。

なので女性なのではないか?という憶測も飛び交っていましたが、真実はわかりませんでした。

 

ただ、自分の顔を描いたと思われるイラストがTwitterに掲載されていましたが、判断はつきませんでした。

「キミオアライブ」はどんな作品?

「キミオアライブ」あらすじ

治るはずのない病気を克服し、入院中にやりたいことをノートに書きだしていた高校1年生の長谷川君生(はせがわきみお)。

1年の2学期から登校した時に、将来のアンケートについてたくさん記入していました。

「夢」が多すぎる君生があることをきっかけにYouTuberデビューをし、誰かの勇気になるという物語。

 

「キミオアライブ」作品について

現時点では、まだ2巻までしか発売されていませんでしたが、噂によると3巻までで打ち切りが決まっていたという情報もありました。

テーマとしても今だからこそ受け入れられるようなYoutubeを題材としていて、とても斬新のような気もします。

 

1話目にノートを取り上げられて内容を読まれる場面があり、「風船の中に入ってみたい」「巨大なお菓子の家を作りたい」などたくさんの夢が綴られています。

その中でも自分で考えた物語を本にしたいとあるのですが、これについては自分の夢を書いていて実現させているというようなメッセージ性があるような気がするなと個人的に感じました。

 

作品の内容と同じで、やりたいことを頑張ってやればいつかは夢が叶うということを伝えたかったのではないかと思います。

 

「キミオアライブ」漫画の評価は良かったのか?

いろんな漫画サイトを調べてみましたが、評価は物凄く高かったです!

はっきり計算はしていませんが、平均で5点中4点はあるんじゃないかと思うくらいどこのサイトでも高評価でした。

 

・作者の切実なツイートに興味を惹かれ読んでみましたが、非常に面白く続きが気になります。

・主人公たちの和気あいあいとした絡みや成長していく姿などが芯の強さなどを含め非常に楽しみながら読めると思います。

・今現在のトップYouTuberに読んでほしい漫画です。

・めちゃめちゃ面白くて続きが早く読みたい!

・主人公の行動に共感して何度も涙腺が緩みましたが、それと同時に何にでもチャレンジする姿にテンションも上がります。

・君生がYoutuberを目指す経緯は切ないですが、キャラが丁寧に描かれていて素晴らしいです。

といったレビューがあり人気の高さが伺えますよね。

なぜこんなに評価が高いのに打ち切りが決まっていたのかが不思議でならないという印象を受けました。

 

漫画「キミオアライブ」作者の恵口公生さんの死因は何だったのか?

冒頭でも軽く説明していますが、亡くなる2日前の8月17日に緊急入院されたそうです。

死因についても今のところは公表されていません。

 

過去に大きな病気や入退院があったのかを調べてみましたが、それについても情報がありませんでした。

緊急入院されたということは突発的な病気や最悪自殺を図ったというケースも考えられますよね。

 

個人的なイメージですが、漫画家はいつも連載に追いつめられているようなイメージがあります。

人気が出れば出るほど、ファンの方々からの声に答えないといけないと思い、無理をなさっていたのかもしれませんね。

体力的にも精神的にも自分たちでは計り知れない苦労があったのかもしれません。

 

「キミオアライブ」作者の恵口公生さんについてSNSでの反応

やはりツイッターでも多くのファンが悲しみの声を上げていて、突然すぎる訃報に戸惑いを隠せないといったツイートを多く目にしました。

23歳という若すぎる死と、作品の続きや今後の活躍を期待していたからこそこのような反響があったに違いありません。

とても残念で、調べているだけで胸が締め付けられるような感覚になりました。

 

まとめ

最近では新型コロナウイルスなどの病気や自殺を含め、多くの芸能人や有名人の方々が亡くなるといった悲しいニュースがあります。

とても残念で仕方ないですが、それでも前を向いて乗り切らなくてはなりません。

 

今回は23歳という若さで亡くなられた恵口公生さんについて調査しましたが、この記事をきっかけに1人でも多くの方に作品を知っていただけると嬉しく思います。

そして恵口公生さんのご冥福をお祈り申し上げます。