【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

竹内結子さん主演のおすすめ映画10選!代表作「いま、会いにゆきます」「黄泉がえり」など

数多くの映画やドラマに出演した女優の竹内結子さんが、27日未明、死亡しました。

訃報で過去の共演者や関係者の人からも突然の知らせでショックだとコメントされています。それだけ竹内結子さんは女優としての地位や高い評価を受けていたということなんだと思います。

今回はそんな竹内結子さん主演代表作の映画の10選をYahoo映画や映画.comの評価を参考にして紹介していきたいと思います。

竹内結子の出演代表作映画10選

順位 作品名 ヤフー映画 映画.com 総合評価
1 いま、会いにゆきます 4.11 3.6 3.86
2 ジェネラル・ルージュの凱旋 4.06 3.5 3.8
3 ゴールデンスランバー 3.74 3.6 3.67
4 はやぶさ/HAYABUSA 3.71 3.4 3.56
5 黄泉がえり 3.78 3.1 3.44
6 サイドカーに犬 3.67 3.1 3.39
7 天国の本屋~恋火 3.46 2.9 3.18
8 春の雪 3.12 3.1 3.11
9 チーム・バチスタの栄光 3.13 3 3.07
10 クリーピー 偽りの隣人 2.53 3.1 2.82

クリーピー 偽りの隣人(2016年)

「岸辺の旅」でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した黒沢清監督が、日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した前川裕の小説「クリーピー」を実写映画化したサスペンススリラー。「東南角部屋二階の女」で長編監督デビューした池田千尋と黒沢監督が共同脚本を手がけ、奇妙な隣人に翻弄されるうちに深い闇に引きずり込まれていく夫婦の恐怖を、原作とは異なる映画オリジナルの展開で描き出す。元刑事の犯罪心理学者・高倉は、刑事時代の同僚である野上から、6年前に起きた一家失踪事件の分析を依頼され、唯一の生き残りである長女の記憶を探るが真相にたどり着けずにいた。そんな折、新居に引っ越した高倉と妻の康子は、隣人の西野一家にどこか違和感を抱いていた。ある日、高倉夫妻の家に西野の娘・澪が駆け込んできて、実は西野が父親ではなく全くの他人であるという驚くべき事実を打ち明ける。主人公の犯罪心理学者を西島秀俊、不気味な隣人を香川照之が演じるほか、竹内結子、東出昌大ら豪華キャストが集結。

映画.comより

サスペンスホラーなのですが隣人との奇妙でドロドロとした雰囲気が好みの人にはお勧めできます。

香川照之さんの怪演は圧巻で人間不信になってしまうような内容なので万人向けではないです。

高倉康子役:竹内結子

竹内結子さんは主人公の高倉幸一(西島秀俊)の妻を演じていました。おかしな隣人と接しているうちに謎に巻き込まれてしまう幸一の最愛の妻です。

チーム・バチスタの栄光(2008年)

第4回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた現役医師・海堂尊のベストセラー小説を「アヒルと鴨のコインロッカー」の中村義洋監督が映画化。難易度の高い心臓手術を連続26回成功させた医師集団“チーム・バチスタ”。そんな彼らが3回続けて手術に失敗、患者はいずれも死に至る。内部調査を引き受けた心療内科の医師・田口(竹内結子)は真相を究明できぬまま事故と結論づけようとするが、報告書に納得できない厚生労働省の役人・白鳥(阿部寛)は再調査に乗り出す。

映画.comより

よくある医療物ではなく医療ミステリーになります。

竹内結子のほのぼのした感じと阿部寛のぶっ飛んだ感じが笑えます。

 田口公子役:竹内結子

東城大学付属病院の窓際医師・不定愁訴外来勤務。

小説では男性なのですが、映画に伴い女性に変更されて年齢も下げられています。

春の雪(2005年)

 

この投稿をInstagramで見る

 

. 2020.9.28 たぶん春の雪が好きな人とは 仲良くなれる気がする。 私にとって美しさの基準😊 ピンポイントで『この映画好き』っていう人に会ったことないけどね! 映画からはいって小説に。 小説はいりで三島由紀夫 沼に。 今ちょうど読んでるのは『奔馬』で 三島由紀夫 最晩年の四部作.豊饒の海を2020年のうちに読み切ろうと思ってたけど 間に合うかな。 なんて思ってたところに昨日… 映画から入ったから、 聡子は彼女の形をしてて、 他の役をやっていても聡子でしかなかった。 私にとっては。 エンドロールで流れるBeMyLastはなんだか合わないっていう声もあるけど私は大好き。 話し出したらキリがないな。 このアカウントで読書記録つけてないけど、 三島由紀夫ばっかり相変わらず選んじゃうしいつになっても惹き付けられる。 でもリアルの生活でこの嗜好を共有出来る人はいなくて。 格闘技好きも周りに皆無だから同じなんだけど 自分だけこの美しさを 信じていればいいと思う反面、 え、私だけです?て思うこともある。 SNSなら同じ趣味嗜好の人と繋がれる。 でも実生活だとひとりぼっち。 みたいな感覚ってある。 . . . . #春の雪#豊饒の海#三島由紀夫#竹内結子#妻夫木聡#映画#行定勲

maru(@7ma.ru)がシェアした投稿 –

「GO」「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」の行定勲監督が、三島由紀夫の遺作となった「豊饒の海」4部作の第1章「春の海」を原作に描く純愛ロマン。舞台は大正時代。幼なじみの侯爵家の子息・清顕と伯爵家の令嬢・聡子。成長した2人はいつしか互いに惹かれ会うようになるが、聡子に宮家の王子との縁談が持ち上がる。人気俳優2人「69 sixty nine」「ローレライ」の妻夫木聡と「いま、会いにゆきます」の竹内結子が共演。

映画.comより

大正時代のラブロマンス。見どころは舞台演出で夢日記、蝶、百人一首などの伏線などもうまく回収されています。禁断の愛や悲恋が好きな方にはオススメ。

綾倉 聡子役:竹内結子

伯爵家の一人娘。幼馴染の侯爵家の一人息子の松枝清顕(妻夫木聡)とは両想い。聡子は宮家の子息・洞院宮治典王(及川光博)に求婚されて受けます。

天国の本屋~恋火(2004年)

天国と地上を結ぶ愛の奇跡を描いたファンタジー。監督は「深呼吸の必要」の篠原哲雄。松久淳と田中渉による2篇の原作『天国の本屋』『天国の本屋 恋火』を基に、狗飼恭子と篠原監督が共同で脚色。撮影を「星に願いを。」の上野彰吾が担当している。主演は、「星に願いを。」の竹内結子と「eiko」の玉山鉄二。

映画.comより

竹内結子さんは過去の作品などを見ても死んだ人間の役をうまく演じることができていると思います。

無念が残って天国側に行った人たちが最後ハッピーエンドで終わるのは本当に良かったです。

長瀬香夏子と桧山翔子の二役:竹内結子

今作では天国側の生前の事故で片耳が聴こえなくなってしまって、ピアノを弾くことができなくなってしまった桧山翔子と、地上側では中止になっていた花火大会を復活させようと奮闘する長瀬香夏子の二役を演じ分けています。

サイドカーに犬(2007年)

 

この投稿をInstagramで見る

 

サイドカーに犬/2007年公開 芥川賞受賞作家・長嶋有さん原作。竹内結子、古田新太、樹木希林、椎名桔平、温水洋一、トミーズ雅など。 本作は2001年文學界新人賞受賞作のデビュー作。ちなみに、この半年後に発表した「猛スピードで母は」で芥川賞を受賞。 竹内結子も古田新太も若い!内容は本来もっと世知辛いはずなのに、役者たちの味のせいか、なんか心温まるほのぼのストーリーになってる、まあ、それもありか。 #映画 #映画好きと繋がりたい #邦画 #邦画好きと繋がりたい #映画鑑賞 #gyao #長嶋有 #サイドカーに犬 #芥川賞 #竹内結子 #古田新太

ぬま(@numa_masa)がシェアした投稿 –

「雪に願うこと」で国内の映画賞を総なめした根岸吉太郎監督が、芥川賞作家・長嶋有のデビュー作を映画化。80年代初頭のある夏の日、10歳の薫の母が家を出た。数日後、薫の家に突然“ヨーコさん”という若い女性が現われる。男勝りで天真爛漫なヨーコは、神経質な母とは正反対の性格。そんな彼女に始めのうちは戸惑う薫だったが、やがて憧れのような感情を抱いていく。2年ぶりの映画出演となる竹内結子が自由奔放なヒロインを好演。

映画.comより

忘れていた子供の頃の記憶を思い出すような懐かしさに溢れる作品です。家族でも親戚でもないヨーコは自由気ままなかんじで子供には惹かれないわけがありません。

ヨーコ役:竹内結子

近藤薫(ミムラ)の幼少のころ、母と入れ違いにやってきた憧れの女性。かっこよくて素敵な女性を演じていて今作の主人公です。

黄泉がえり(2002年)

死者が蘇る不思議な現象の顛末を描いたヒューマン・ファンタジー。監督は「害虫」の塩田明彦。梶尾真治による同名小説を基に、「金髪の草原」の犬童一心と「RED SHADOW 赤影」の斉藤ひろし、塩田監督が共同で脚色。撮影を「害虫」の喜久村徳章が担当している。主演は「降霊」の草なぎ剛と「ビッグ・ショー!ハワイに唄えば」の竹内結子。

映画.comより

主人公だけでなく、よみがえった人たちそれぞれにオムニバス的なドラマがあり伝えきれなかった思いが切なくぐっときます。
柴崎コウのライブも作品に合っていてとても良かったです。

橘葵役:竹内結子

平太(草彅剛)の幼なじみのヒロイン。普段は明るく過ごしているが婚約者が死んで黄泉がえりを密かに望んでいる。

はやぶさ/HAYABUSA(2011年)

通信途絶やエンジン停止など幾度もの危機を乗り越えて小惑星イトカワへ到達し、微粒子を採取。2010年6月13日、奇跡的に地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」を陰で支えたプロジェクトチームの7年間の苦闘を描くドラマ。宇宙科学研究所(現・JAXA)のスタッフとして働き、自らの生き方を見つめなおしていく主人公の女性研究員・水沢を竹内結子が演じ、その上司に西田敏行が扮する。監督は「20世紀少年」シリーズの堤幸彦。

映画.comより

主人公である竹内結子の役から俯瞰的に見る映画。トラブルの連続を乗り越えるプロジェクトチームが素晴らしいです。こういうドキュメンタリー的なものは子供にも見せてあげたい。

水沢恵:竹内結子

本作の主人公で架空の人物です。カメラ班や広報のスタッフなど複数の関係者をモデルにしています。

対外協力室(広報)兼カメラチーム研究生で北海道大学卒業後アルバイトをしながら研究を続けていたが、的場(西田敏行)のスカウトで宇宙科学研究所のスタッフになります。

ゴールデンスランバー(2010年)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゴールデンスランバー 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男の逃亡劇を描いた作品… 震災の前年に公開された オール仙台ロケ 伊坂幸太郎原作の 大好きな作品… 堺雅人演じる青柳雅春の 大きな渦にはのみ込まれない強さ… 脇を固める俳優陣の怪演… [お前オズワルドにされるぞ]の意味… [ロックだねぇ]の価値観… [大変良く出来ました]の温かさ… 色々な縁 沢山の人々の ともすれば 会った事も無い人々の 見返りを求めない 粋な温かさに助けられ 青柳雅春は逃げ延びる… 終始 息をのむストーリー展開で どんどん引き込まれて行き 最後はそう来るかと… 心がニンマリとする… ニンマリの意味は色々… ラストの痛快さに ニンマリ… 人々の 捨てたもんじゃない 人情にニンマリ… 世界がこんな状況だから こんな作品もイイかなと… #ゴールデンスランバー #伊坂幸太郎 #映画鑑賞#映画鑑賞記録#映画感想#映画大好き#映画三昧#映画館#映画監督#映画好きな人と繋がりたい#インスタムービー#インスタシネマ#シネマスタグラム#ムービースタグラム#movieslover#cinemaslover

yuka☆f(@furukike)がシェアした投稿 –

山本周五郎賞を受賞した伊坂幸太郎の逃亡劇を、「アヒルと鴨のコインロッカー」「フィッシュストーリー」でも伊坂作品の監督を務めた中村義洋が映画化。主演に堺雅人、共演に竹内結子、吉岡秀隆、香川照之、大森南朋、柄本明ほか。野党初となる首相の凱旋パレードが行われている仙台で、ラジコンヘリ爆弾を使った首相暗殺事件が起きる。時を同じくして、久々に旧友・森田と再会を果たしていた青柳は、突然現れた警官から発砲され、追われる身となってしまう。

映画.comより

大統領暗殺の容疑者に仕立て上げられた男が逃げ回る話です。伊坂幸太郎が原作だから伏線回収に関してはいつも見事ですね。

樋口晴子役:竹内結子

主人公の青柳雅春の恋人。今は違う男性と結婚していて4歳の娘の七美がいます。

ジェネラル・ルージュの凱旋(2009年)

「チーム・バチスタの栄光」に続く海堂尊原作の同名小説を映画化。東城大学医学部付属病院に勤務する田口は、救命救急センター部長で“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を取る速水に収賄の疑惑ありとの匿名の告発文書を受け取る。院長の依頼を受け、疑惑の真相を巡る調査に乗り出す田口だったが……。前作に続き、主演は竹内結子と阿部寛、監督は中村義洋。物語のキーとなる速水医師に「クライマーズ・ハイ」の堺雅人。

映画.comより

前作の「チーム・バチスタの栄光」の続編になります。ミステリー×医療で、とても見応えある映画でした。今作から出演している堺雅人は銀行員でも外科医でも、信念のある役柄が似合うなと感じました。

いま、会いにゆきます(2004年)

夫と息子と、彼らのもとに戻って来た死んだ筈の妻が織り成す愛の奇跡を描いたドラマ。監督は、映画初演出となる『オレンジデイズ』の土井裕泰。市川拓司による同名小説を基に、「スペーストラベラーズ」の岡田惠和が脚色。撮影を「スウィングガールズ」の柴主高秀が担当している。主演は、「星に願いを。」の竹内結子と「赤線 AKA-SEN」の中村獅童、「丹下左膳 百万両の壺」の武井証。

映画.comより

ひとりの相手を愛す深さのすばらしさを感じる映画です。ファンタジーぽい感じもしましたが。ふたりのピュアな心が最後までうるうるでした。
ORANGE RANGEの歌がとても作品に合っていて気持ちを上げてくれました。

秋穂 澪役:竹内結子

1年前に病死した巧の妻。「雨の季節になったら帰ってくる」という遺言通り、突然姿を現します。中村獅童さんとは夫婦役で共演後結婚されていました。

竹内結子さん主演のおすすめ映画10選のまとめ

竹内結子さんのおすすめ映画10選いかがでしたか?

40代になって幅広い役を演じてきた竹内結子さん。若いころからステキでしたが本当に色んな役に挑戦していて改めてすごいと思いました。

それだけに今回の訃報はとても残念でした。しかし映画の素晴らしさは色あせることはないので気になる作品があれば是非ご視聴ください。