鬼滅の刃全巻を半額で手に入れる裏技はこちら >>

鬼滅の刃 遊郭編は漫画の何巻何話?あらすじと登場人物まとめ

鬼滅の刃 遊郭編は漫画の何巻何話

興行収入200億円を超え、大ヒットしている劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」。

劇場版では、今まであまり登場シーンがなかった炎柱・煉獄杏寿郎の活躍が描かれているので、「鬼滅の刃」に登場する他の柱にも興味が湧いてきた人もいることでしょう。

そこで、本記事では音柱・宇随天元が大活躍する「鬼滅の刃 遊郭編」について詳しく解説しています。

この記事のポイント

「鬼滅の刃 遊郭編」は単行本8巻第70話から11巻第97話まで

遊郭編では音柱・宇随天元が活躍

遊郭編は無限列車編の激戦から4か月後の物語です。

上弦の鬼との本格的な戦いに突入し、炭治郎や禰豆子の戦闘能力にも大きな変化が起こる重要なストーリーになっているので、ぜひチェックしてみてください。

ーーーーーーーーーーー

▼これから漫画「鬼滅の刃」を読みたい方に全巻半額で買えるお得技を伝授♪

>>鬼滅の刃(きめつのやいば)は全巻無料で読める?読み放題のサイト・アプリ比較

アニメ「鬼滅の刃」の無料視聴の方法はこちら(違法サイトではありません)

>>鬼滅の刃(きめつのやいば)アニメを見逃した!フル動画を今すぐ無料視聴する方法

▼おすすめの鬼滅グッズはこちらから!

鬼滅の刃 遊郭編は漫画の何巻何話?

「鬼滅の刃 遊郭編」は単行本8巻第70話から11巻第97話まで計27話です。

無限列車編は54話から66話までの12話なので、遊郭編は倍以上あることになります。

2人の上弦の鬼に炭治郎と善逸、伊之助が大苦戦しながらも、音柱・宇随天元と協力して戦っていくストーリーです。

戦いの舞台が吉原なので、潜入するために女装したかわいい炭治郎たちの姿も楽しめます。

そして「鬼滅の刃」の面白さのひとつでもある、鬼たちの悲しい過去のエピソードにも注目してみてください。

遊郭編で活躍するキャラクター

遊郭編では炭治郎と禰豆子、善逸、伊之助のお馴染みのキャラクター以外に音柱・宇随天元が活躍します。

また、新しい敵キャラの鬼も兄妹で登場しているので、ここでは遊郭編で活躍するキャラクターについて解説していきましょう。

鬼殺隊:音柱・宇髄天元(うずいてんげん)

遊郭編で大活躍するのは音柱・宇髄天元(うずいてんげん)です。

鬼殺隊の9人いる柱の1人で、装飾品を身にまとった派手な格好を好みます。

刀と斧の中間のような特殊な日輪刀を2本持ち、音の呼吸を使いこなす柱です。

忍びの家系に生まれ、「派手」が口癖で、奥さんが3人いることが分かっています。

遊郭編では潜入捜査をさせていた奥さんが3人とも失踪したことで、炭治郎たちと協力して探し出そうとします。

忍びの一族として生きてきた過去や音の呼吸を使った戦闘など、遊郭編は宇随天元の魅力がたっぷり描かれるエピソードです。

遊郭編に登場する鬼:堕姫(だき)

堕姫は100年以上生きている鬼で、今までに柱を7人殺した上弦の鬼の1人です。

吉原で人気の花魁になるほどの美貌を持っていますが、性格はかなり陰湿で遊女を何人も自殺に追い込むなど日常的にひどい虐めをしていました。

自分の服の帯を使って戦ったり、食料である人間を確保したりする能力があります。

人間の頃から高い美貌で人気の遊女でしたが、侍の目をかんざしで刺したことで報復にあい焼き殺されてしまいました。

その後、兄・妓夫太郎と共に無惨の手で鬼になり、焼き殺そうとした犯人たちに復讐しています。

遊郭編に登場する鬼:妓夫太郎(ぎゅうたろう)

堕姫の兄ですが、妹とは正反対に容姿が悪く、やせ細った体や目つきの悪さなど不気味な雰囲気のキャラクターです。

妹同様に妓夫太郎も陰湿でねじ曲がった性格をしていますが、戦闘能力は堕姫よりはるかに高く、宇随もかなり苦戦を強いられることになります。

妓夫太郎と堕姫は同時に頸を切らないと死なないという特徴があるので、100年以上負けることがなく、たくさんの柱を殺せていたのでした。

遊郭編のあらすじネタバレ

無限列車で煉獄杏寿郎が亡くなってから4ヶ月後。

炭治郎と善逸、伊之助は蝶屋敷に戻って鍛錬に励んでいました。

ある日、蝶屋敷に音柱・宇髓天元がやってきます。

宇随は吉原への潜入捜査のために葵たちを強引に連れていこうとしますが、炭治郎は彼女たちの代わりに自分たちが行くと申し出るのでした。

宇随は炭治郎の申し出を快く受け入れ、3人に女装をさせて吉原に送ることにします。

吉原に潜入した炭治郎は、花魁として働く上弦の陸・堕姫を見つけだしました。

早速、戦闘をはじめる炭治郎でしたが、堕姫の自身の帯を強化して戦う能力に徐々に追い詰められていきます。

しかし、そこに宇随がきて炭治郎を助け、堕姫の頸を一瞬で斬り落としました。

宇随は堕姫が弱いことから上弦の陸ではないことを見抜きますが、その直後、堕姫の体内から兄の妓夫太郎が現れます。

堕姫と妓夫太郎の両方の頸を斬らなければ死なないことを知った宇随たちは手分けして戦うことにしました。

激しい戦いの中で、宇随は腕を失い毒で死にかけながらも鬼たちを追い詰めていきます。

そして、最後には炭治郎の一撃によって堕姫と妓夫太郎を討伐することができるのでした。

まとめ

遊郭編では上弦の陸・妓夫太郎と堕姫の兄妹と音柱・宇髄天元と炭治郎たちの激闘が見どころです。

炭治郎や善逸、伊之助の成長が感じられ、禰豆子にも大きな変化がみらるエピソードになっています。

また、堕姫と妓夫太郎の兄妹のエピソードにも考えさせられるものがあり、炭治郎が頸を切られた2人にかけた言葉にもウルっとさせられるでしょう。

「鬼滅の刃 遊郭編」は、単行本の8巻第70話から11巻第97話までになります。

次の「刀鍛冶の里編」に繋がっていく重要なエピソードですので、ぜひチェックしてみてください。