鬼滅の刃全巻を半額で手に入れる裏技はこちら >>

鬼滅の刃 堕姫・妓夫太郎の過去は遊郭の最下層での極貧暮らし!!鬼になったきっかけは童磨!?

鬼滅の刃・十二鬼月である上弦の陸の堕姫・妓夫太郎。吉原遊郭編では炭治郎たちと音柱・宇随天元との死闘を繰り広げました。

遊郭の花魁として潜伏している堕姫と影で支える妓夫太郎の2人にはどんな過去があるのでしょうか。今回は兄妹の出生や鬼になったきっかけを紹介したいと思います。

堕姫・妓夫太郎の悲しい過去とは!?

遊郭の最下層で生まれた妓夫太郎と堕姫

兄妓夫太郎は遊郭の最下層羅生門河岸で生まれます。
最下層の子供は生きているだけで食費がかかるため、生まれるだけで迷惑な存在と言われ、母親に何度も殺されそうになっていました。
さらに美貌が全ての価値基準であった遊郭で醜い容姿であったため周囲からも疎まれ厄介者扱いされていました。
腹が減ったら鼠や虫で食い繋ぐ生活。妓夫太郎の体は、枯れ枝のように弱々しくなっていきました。

お互い支えあう2人

そんな境遇で育った妓夫太郎の人生に、初めて変化をもたらしたのが妹の存在でした。
この妹が後の鬼・堕姫となりますが、本当の名前は”梅”となっています。
母親の病名「梅毒」から付けられた”梅”という名前もまた酷いものですが、それでも梅の存在は妓夫太郎の人生に大きな変化を与えました。
妓夫太郎にとって、梅は生まれた時からかけがえのない大切な存在だったのだと思います。

妓夫太郎は元々喧嘩が強かったため、取り立ての仕事を始めます。
取り立ての役職を「妓夫」といいますが、そのまま名前を付けられ妓夫太郎となります。
妹の梅は大人がたじろぐほど綺麗な顔立ちをていたため、遊女となりました。
年端もいかない頃から絶世の美貌を兼ね備えてた梅のことを妓夫太郎は誇りに感じ、妓夫太郎の劣等感を吹き飛ばしていました。

堕姫・妓夫太郎が鬼になったきっかけは?

童磨に導かれ鬼へ

梅が13歳になった頃、梅は客の侍の目玉を突いて失明させます。その報復として、梅は縛り上げられ生きたまま焼かれてしまいます。
仕事から戻り、丸焦げになった梅を見つけた妓夫太郎は梅を抱きかかえて泣き叫びます。
「元に戻せ俺の妹を!!」
「でなけりゃ神も仏もみんな殺してやる」

そして梅を襲った犯人を殺します。

かろうじて生きていた梅を抱きかかえて泣く妓夫太郎。
その隙を突いて、梅を丸焼きにした侍に背後から斬られてしまいます。
かろうじて息のあった妓夫太郎は、侍と侍を呼んだ女性を殺し、その場から逃亡します。

梅を背負いながら遊郭を歩く傷だらけの妓夫太郎。
「いつだって俺たちを助けてくれる人間はいない」
誰にも助けてもらえず、雪が降り注ぐ中、道に倒れ込みます。

兄妹2人で死に瀕していたときに当時の上弦の陸「童磨」と遭遇。
幸せそうな他人を許さないという誓いとまもなく死んでしまいそうな梅を助けるために
妓夫太郎は梅と共に鬼になりました。

遊郭に潜伏し続ける

鬼になった後、堕姫と妓夫太郎は吉原遊郭で潜伏することになりました。堕姫は遊郭で姿や名前を変えながらその美貌で花魁としての表の顔を手に入れ、100年以上も色街に住み続けて人間を喰い続け上弦の鬼へと昇格。
その過程で殺した鬼殺隊の柱は堕姫が7人、妓夫太郎は15人と本人が言っておりその強さが伺えます。

まとめ

この記事では、妓夫太郎と梅(堕姫)の悲しい過去から鬼になったきっかけについて紹介しました。

妓夫太郎は大切な妹を傷つけられたことで、人間に愛想をつかして鬼になることを決意しました。
鬼になったことに後悔はしていませんでしたが、ひつだけ心残りがあるのは梅のことでした。
もし違う人生で羅生門河岸で生まれていなければ、真っ当な道を歩む兄妹に育っていたのでは、、、。
梅は妓夫太郎が育てたので、自分のせいでこのような人生を歩ませてしまったのだと感じていたのです。

鬼になってもなお兄には美しい妹の存在が、妹には強い兄の存在が必要で、結局、何も間違ってはいなかったんだと感じます。
切り離して考えられることのできないほどに強い絆で結ばれた兄妹だったのではないかと思います。