【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

映画「三角さんかく窓の外側は夜 」あらすじネタバレとキャスト紹介!

映画「三角さんかく窓の外側は夜 」あらすじネタバレとキャスト紹介!

『さんかく窓の外側は夜』は、霊が見える書店員と除霊師が心霊探偵コンビ組んで除霊や連続殺人事件を解決に導くミステリーホラー漫画です。
ストーリーでは、ほんのりボーイズラブ要素があり話題になりました。
そんな原作漫画が2020年10月30日に実写映画として、主演に岡田将生さんと志尊淳さんを迎えて公開予定の情報が発表されました。イケメン俳優が活躍するということで、SNSでは公開前から注目されているようです。


また、劇中のキーパーソンには、元欅坂46の平手友梨奈さんがキャスティングされていることも発表されました。平手さんと言えば、欅坂46時代にセンターに立つことが多く、女性ファンも多いですよね。
ということで映画公開前に、あらすじやキャスト、また映画と原作漫画の違いについて紹介していきます。

映画「さんかく窓の外側は夜」のあらすじは?

死人が見えるほどの強い霊感を持つ『三角康介』は、本屋の店員として毎日を地味に過ごしています。そんな三角の前に現れるのが、霊を祓う能力を持つ『冷川理人』でした。冷川は、三角の働く本屋に出向き、店長に向かって唐突に「店長さん、三角くんをわたしにください!!」と衝撃発言をします。

実は冷川、自分の特殊能力を駆使して、心霊にまつわる探偵の仕事をしており、三角の霊的な能力こそ、仕事に役にたつと運命を感じ、強引に仕事に巻き込むことを決めたのでした。ふたりは、タックを組み、事件の足取りを追っていると、ある不可解で残虐的な事件の鍵を握る女子高校生「ヒウラエリカ」という謎の存在が重要人物として浮上します。ふたりは、その名前に聞き覚えがあり、彼女の素顔や目的に迫ろうと奮闘していきます。
霊的能力を持ったふたりが探偵として、謎に迫り、事件を解決していくミステリーホラーということですが、その中でも冷川と三角が除霊をする描写が色っぽいということで、ほんのりBL要素があると囁かれています。映画では、志尊淳さんと岡田将生さんによってどのように描かれているのか、気になりますね。
また、事件の鍵を握る女子高校生ヒウラエリカを平手友梨奈さんが演じるということで、ミステリアスな雰囲気のある平手さんにはぴったりな役ではないでしょうか。彼女がいい人の中、悪いひとなのかすらも分かっていないので、映画は見逃せません。

映画「さんかく窓の外側は夜」キャスト

三角康介(志尊淳)


他の人には見えない不気味なものが見える体質をもつ地味な本屋の店員。トレードマークのメガネは、見えすぎてしまう力を抑えるためにかけているとのことで、ある事件をきっかけに冷川と心霊探偵のバディを組むことになります。
志尊淳さんと言えば、”きみはペット”、”先輩と彼女”、”帝一の國”、”劇場版おっさんずラブLOVE or DEAD”などに出演し、活躍している若手俳優さんです。

冷川理人(岡田将生)


経験やネットの情報を駆使して霊を祓う能力を持ち、心霊探偵をしています。三角の能力を知り、彼に触ると能力が高まることに気づくと、強引に三角を探偵のバディにしてしまう少し自己中な性格。三角と一変して、なんでも器用にこなす冷川だが、彼には壮絶な過去があるようです。

岡田将生さんと言えば、”花ざかりの君たちへ〜イケメンパラダイス〜”、”僕の初恋をキミに捧ぐ”、”宇宙兄弟”、”銀魂”など幅広いジャンルの作品で活躍するベテラン俳優さんです。

ヒウラエリカ(平手友梨奈)


原作漫画では、父親の命令で呪いやをしている16歳の女子高校生となっていますが、実写映画の公式では、彼女の素性は、ほとんど明らかにされていません。呪いを操る女子高校生で、ストーリーの鍵を握るとのことなので、重要なキャラクターになることは間違えなさそうです。
平手友梨奈さんと言えば、元欅坂46のセンターで活躍し、多くの女性雑誌などでモデル業をしている印象です。最近では、”響-HIBIKI-”で主演に抜擢されるなど、女優業としても活動の幅を広げている若手の女優さんです。

映画「さんかく窓の外側は夜」原作との違い

原作漫画『さんかく窓の外側は夜』は、2013年から連載され、単行本も随時発売されています。テーマは、「信じること」「損得なしで人に手を貸すことができるか」のふたつを掲げているので、主に、三角の視点で物語は展開されているようです。


漫画でも、ホラーが強めの印象があるようなので、そんながっつりホラー漫画を実写化する中で、どれだけ”恐い”要素が含まれているのか気になりますね。
予告動画も解禁されていないので、ホラー度がどの程度なのかはまだ分かりませんが、原作漫画同様のホラー要素が含まれるとなると、ホラー映画ファンも見逃せない一作になりそうですね。


漫画が連載中のため、すでに漫画で進んでいるストーリーをメインに映画オリジナルな展開を迎えるという予想をしている方もいるようです。アニメの実写映画は、どうしても原作ファンから厳しい声が上がりがちではありますが、ホラー、ほんのりBLの要素は原作から引き継ぎつつ、ミステリーの要素において、映画ならではの展開を見せてくれるのではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は、2020年10月30日に公開予定の「さんかく窓の外側は夜」について、あらすじ、キャスト、原作漫画との違いについて、まとめました。公開まで、まだ時間があるので、ぜひ、ホームページや公式ツイッターなどを追っていると最新情報を得ることができるのではないでしょうか。
また、ストーリーが気になった方は、漫画を読んでみるのもいいかもしれません。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です