【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

映画Motherマザーの元ネタの老夫婦殺人事件は実話?!あらすじネタバレ・キャスト・結末も

映画Motherマザーの元ネタの老夫婦殺人事件は実話

映画Motherマザーは、2020年7月3日に全国の映画館で公開されています。

実際に現実で起きた、17歳の少年が起こした殺人事件を基に作られた作品で、息子を学校に行かせることなく、仕事をさせ、稼いできたお金を全てホストクラブなどに使ってしまう母親を、女優・長澤まさみさんが演じたことで話題になりました。

今作の総指揮をになったのが『セトウツミ(2016)』『日日是好日(2018)』『タロウのバカ(2019)』などを手がけてきた経歴のある大森立嗣監督です。

今回は、現在全国で上映されている映画Motherマザーのあらすじ、原作と言われる実際の事件について詳しく紹介していきます。

映画Motherマザーのあらすじネタバレ

シングルマザーの秋子は息子である周平と貧しい生活をしていました。

お金に困り果て、実家にお金を借りに行きましたが断られ、親子の縁も切られてしまう羽目になります。

 

どうしようもなくなっていたところに秋子はホストの遼という男性と出会い、一緒に生活するようになります。

2人の荒れた生活に巻き込まれた周平は、学校にも通わせてもらえず複雑な環境にいました。

 

ある日、秋子の妊娠が発覚しますが遼はそのことを絶対に認めません。

反対に秋子は子どもを産むと決め、娘が生まれました。

 

月日は流れ、16歳になった周平はいまだに学校にも通わせてもらえず、妹である冬華の子守りを押し付けられる毎日。

やがて家族3人は住む家さえなくなり困っていた時に、市役所の児童相談係課に勤務する亜矢の助けで簡易宿泊所に住めるよう手配してもらいます。

 

周平は亜矢の厚意でフリースクールに通い始め、勉強することの楽しさを覚えます。

勉強をしながら真っ当な生活をしているように思えましたが、再び遼が戻ってきたせいで、またもや荒れた生活が始まりました。

 

遼はかなりの額の借金があり逃げてきたせいで、家族も今の場所から逃げ出さなくてはならなくなります。

その生活も長く続くわけもなく、遼は3人を残し再び消えてしまいした。

 

そのあと周平は建設関係に仕事が決まり寮に入ります。

一方で秋子は働きもせず、周平の給料をあてにしていて、更には遼の借金を手助けするために金をどうするか悩んでいました。

そして息子に会社の金を盗むよう指示し、3人はまた逃亡生活に戻ってしまいます。

 

映画Motherマザーネタバレ結末

八方塞がりになった秋子は祖父母を殺害し金を盗んでくるよう周平を諭しますが、それを拒否します。

ですが、冬華を守るためだと言われ仕方なく行動に移すことになります。

 

祖父母の家を訪れた周平は歓迎され、優しくされたことで頭を悩ませますが、2人を殺して血に染まった姿で秋子のところへ帰りました。

それから2人は逮捕され、周平には懲役15年母には懲役4年6ヵ月が言い渡されます。

取り調べでも母親が指示したことを隠し通し、また秋子もそれを否定。

 

数か月が経ち、亜矢が周平に面会へ来ますが、今でも母が好きだと話します。

また、それはいけないことなのかと亜矢に向かって聞いてきた周平の気持ちを不便に思い、秋子に面会へ行った際にそれを伝えました。

 

秋子は悲しんでいるのか、喜んでいるのかわからない表情を浮かべ、話を聞き何も言わないままエンドロールが流れ終わります。

 

映画Motherマザーキャスト

三隅秋子/長澤まさみ

周平の母

周平/奥平大兼・郡司翔

秋子の息子

川田遼/阿部サダヲ

秋子の内縁の夫

高橋亜矢/夏帆

児童相談係課に勤務

宇治田守/皆川猿時

市役所職員

赤川恵一/仲野太賀

ラブホテルの従業員

三隅楓/土村芳

秋子の妹

三隅雅子/木野花

秋子の母

冬華/浅田芭路

遼と秋子の子ども

 

映画Motherマザーの予告動画

映画Motherマザー元ネタの殺人事件とは?実話って本当?

2014年3月末埼玉で起きた『川口高齢夫婦殺人事件』が映画Motherマザーで描かれた実際に起きた事件だと公表されています。事件から3年後には、毎日新聞記者によって壮絶な少年の日常が書き起こしをされています。

映画Motherマザーの元ネタ:川口高齢夫婦殺人事件の全貌

事件は、3月29日。アパートの一室で、刺された跡がある高齢夫婦の遺体が発見されます。警察の調べから、争った痕跡はなく、玄関は施錠された上に、固定電話が盗まれていることがわかっていました。

 

それから5月20日に、防犯カメラや近隣の情報から「被害者夫婦を刃物で刺し、キャッシュカードを奪った」罪で逮捕されたのが被害者夫婦の孫である17歳の少年でした。彼こそが、映画Motherマザーで登場する周平です。

 

5月28日17歳少年の母親が、少年の殺害に加担したとの罪で逮捕されます。しかし、母親が被害者夫婦のアパートの一室に侵入した形跡は残っていないため、あくまで殺人を行ったのは息子であると、その後の判決に下されます。

 

また、調べによると、少年が祖父母を殺害したのは、4月26日で、事件発覚の3日前であることがわかっています。

逮捕された二人は裁判の結果、「息子の少年、懲役15年」「母親の女性、懲役4年6月」と判定を受けます。

 

映画Motherマザーの元ネタ:裁判の中で息子の少年による証言

母親の女性は、当時、被害者夫婦の両親から多額の借金があったため、息子に「殺してでも金を借りてきなさい」と煽ったことが少年の証言から明らかになります。その言葉が現実となり、殺害後、手ぶらで戻ってきた少年に、再度、両親宅へ侵入させ、現金8万円とキャッシュカードを窃盗させたことが明らかになります。

 

弁護側は、少年の殺害は、日常的に受けてきた母親からの間違った育児や不当な教育環境から、心理的・精神的に追い詰められたものであると主張しますが、検察側は、母親の発言は、殺害を助長するものでないと主張し、結果、殺人罪に問われるのは息子の少年のみとなり、少年と女性とで、罪の重さが大きく分かれることとなりました。

 

なぜ殺人事件を元ネタにして映画Motherマザーが生まれたのか

今作を手がけた大森立嗣監督は、インタビューで社会的にアウトになった人たちを生んでしまった、ぼくたち自体を考え直さないといけないと答えています。

 

母親の秋子は、どこで違う道を選んでしまったのでしょうか。

両親から育てられ、妹や親戚は真っ当な道を生きている様子から、決して不自由な幼少期を過ごしてきたとは言えません。身内の中で、一人だけ荒れた生活を送り、歪んだ愛を息子に振りかざし、自分は都合よく男を取っ替え引っ替えし、短期的な喜びだけを考えて生きる毎日を送ることになった原因はなんだったのでしょうか。

もしかすると、秋子のような人間は、決して他人事ではないのかもしれません。今まで、不自由なく生きてきたとしても、未来の自分は、秋子のように墜落した人生を歩むことになることも考えられます。

 

実際に祖父母を刺殺した少年と普通とは言えない子育てをして子どもの人格を歪ませてしまった母親だけが悪かったのでしょうか。法律や常識は欠かせないものですが、それだけに従って善悪を判断するのは社会のためとは言えません。

この映画は、「より良い社会」を作るために重要なことは、決められた尺度を振りかざして解決できるほど単純ではなく、常に人々が互いの心に寄り添い、考えを持つことではないか、と問えていると言えます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、映画Motherマザーのあらすじや元ネタとなった川口高齢夫婦殺人事件について紹介しました。

近年でも、家族内での殺人事件や育児放棄など家庭の問題は深刻化をしている現代社会において、このような加害者の心情や環境を知ることは、悲しい事件と向き合い、社会問題の関心を高めることに繋がります。心に残る映画であること間違えなしの映画Motherマザー、ぜひ鑑賞してみてください。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。