【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

樹木希林が出演した最後の日本映画は?おすすめ映画も紹介

2018年9月15日に惜しまれながらこの世を去った、日本を代表する名女優、樹木希林さん。

生前に主演した作品はどれも日本の映画史に残る名作ばかりで、特に晩年の活躍は目覚ましく、多くの人の心にいつまでも残り続ける数々の作品をこの世に残していきました。

その演技は日本アカデミー章最優秀主演女優賞をはじめとする数々の栄えある演技賞を受賞し、日本のみならず世界からも高い評価を得ており、「日本映画界の宝」と言っても過言ではない名女優です。

今回はそんな樹木希林さんが生前に出演した最後の日本映画をご紹介します。

また、ご一緒に彼女が出演した歴代の映画作品の中から個人的におすすめの映画も3作品厳選してランキングでご紹介しますので、ぜひご覧ください。

樹木希林が出演した最後の日本映画は?

樹木希林さんが生前に出演した最後の日本映画は「命みじかし、恋せよ乙女」です。

ドイツ映画の「Cherry Blossoms and Demons(原題)」が「命みじかし、恋せよ乙女」の邦題で、2019年8月16日に公開された樹木希林さんが初めて出演した海外制作作品で、初の世界デビュー作にして生涯最後の日本映画です。

監督はドイツにおける最も成功した女性監督の1人として称えられるドーリス・デリエ監督が務めました。

親日家と言われるデリエ監督は30回以上も日本を訪れ、これまでに桃井かおりさん主演の「フクシナ・モナムール」をはじめとする5本の映画を撮影しています。

日本文化をこよなく愛するデリエ監督が2015年に公開された、樹木希林さん主演の映画「あん」を観て感動し、樹木希林さんにオファーしたことがきっかけで今回の出演が実現しました。

今作の物語は酒に溺れて仕事と家族を失ったドイツ人男性のカールのもとに、ある日突然、ユウという日本人女性が訪ねてくる場面から幕を開けます。

ユウは10年前に東京を訪れていたカールの父親のルディと親交があり、ルディの墓と生前の家を見に来たのだという。 カールは風変わりな性格のユウと過ごすうちに、徐々に彼女に惹かれていくのですが、その矢先、彼女は突然姿を消してしまいます。 カールはユウを探すために日本を訪れ、樹木希林さん演じる、ユウの祖母と出会うのですが、カールはそこでユウについての衝撃の事実を聞かされるのでした。

物語の前半ではドイツと日本が共に抱える様々な社会問題(性同一性障害、引きこもり、アルコール依存症、単身老人世帯など)についての考えさせれる思慮深いシーンが多く描かれ、場面が日本に移る後半では日本的情緒が要所要所に感じられるシーンが描かれています。 樹木希林さんはユウの祖母であり、茅ケ崎にある老舗旅館「茅ケ崎館」の女将を演じています。

今作では樹木希林さんは脇役で出番はかなり少なく、ラスト20分のシーンのみの登場となっていますが、物語の最も重要なシーンの重要な役を担っています。

酒に溺れ、仕事と家族を失い、心をズタボロに引き裂かれたカールに対し、樹木希林さん演じる女将がかけた「あなた、生きているんだから、幸せになんなきゃダメね」と優しくそっと背中を押す言葉は、まるで現実の樹木希林さんからの最後のメッセージのように思えて思わず涙してしまいます。

自身の死が迫っていたことを理解し、かつ今まで様々な人生経験を過ごしてきた樹木希林さんが紡ぎ出した言葉だからこそ、その言葉が心に染み渡ります。

ラストシーンで、樹木希林さんが茅ヶ崎館の美しい庭を眺めながら、黒澤明監督の映画「生きる」に出てくる有名な大正歌謡の「ゴンドラの唄」を歌うシーンが彼女の女優人生最後のシーンとなりました。

樹木希林が出演した最後の日本映画 「命みじかし、恋せよ乙女」についての感想や評価

「命みじかし、恋せよ乙女」と出演した樹木希林さんについてご紹介しましたが、実際に映画をご覧になった方たちは今作品の樹木希林さんにどのような感想や評価を感じたのか気になると思いますので、少しご紹介します。

やはり、樹木希林さんの劇中での台詞「あなた、生きているんだから、幸せになんなきゃダメね」は多くの人の心に響いた、今作を象徴する名シーンとなっているようですね。

先ほどの台詞と同等に、今作を象徴するシーンの1つとして、この「ゴンドラの唄」を歌うシーンを挙げている方が非常に多かったです。 このシーンが樹木希林さんの女優として最後のシーンとなったので、いつまでも観た人の心に残り続ける名シーンとして語り継がれそうです。

樹木希林さんが登場するのは物語の終盤でありながら、登場後はやはりそのリアルな演技力に場が引き締まり、途中までは退屈に思えた内容が、最後の樹木希林さんの演技によって見応えのある内容へと見事に変わってしまうのはさすがのひと言です。

今作は樹木希林さんを目当てで観ると、彼女が登場する後半まではずっと暗い内容が続くので期待から少し外れた作品に思えてしまいますが、彼女の最後の圧巻の演技だけでも観る価値が十分にある作品ですので。ぜひ気になった方はご覧ください。

樹木希林が出演したおすすめ映画ベスト3

次は樹木希林さんが出演した歴代の映画作品の中から個人的におすすめの映画を3作品厳選してランキングにしましたのでご紹介します。

長年にわたり、様々なジャンルの作品に出演してきた樹木希林さん。 その中でも特にリアルな演技力が印象的で未だに鮮明に覚えている作品を中心に選びました。

樹木希林が出演したおすすめ映画ベスト3 第3位「万引き家族」

「万引き家族」は2018年に公開された、「海街diary」や「三度目の殺人」などで有名な是枝裕和監督作品です。

樹木希林さんの晩年の活躍を語る上で外せない名作ですので、3位に選ばさせていただきました。 家族ぐるみで万引きなどの軽犯罪を重ねて暮らす貧しい一家の姿を通して、人と人との繋がりや家族の在り方を描いたヒューマンドラマです。

日本のみならず海外でも高い評価を得て、カンヌ国際映画祭で獲得した最高賞(パルムドール)をはじめ、数々の名だたる映画賞を獲得し、興行的に大ヒットを記録した作品です。

再開発が進む東京の下町の高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い狭い平家に、祖母の初枝の年金を頼りに、信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の5人家族が暮らしていました。 そんなどん底のような生活ながらも家族はいつも笑いが絶えない生活を送っていました。

ある日、治と息子の祥太はいつものように見事な連係プレーで万引きに精を出していた帰り道、近所の団地で虐待されている女の子を見かけ、治は思わず家に連れて帰ってしまいます。 家族は少女をゆりと名付け、新たに6人家族となり、貧しいながらも幸せに暮らしていた柴田家でしたが、ある事件をきっかけに仲の良かった家族はバラバラになっていき、家族のそれぞれの秘密が明らかになっていくという物語。

家族の在り方とは何なのか?家族に血のつながりは必要なのか?など、「家族」という普段何気なく時と共にしている関係について改めて考えさせられる作品となっています。

今作では樹木希林さんは柴田家の家主である、初枝の役を演じています。 自身の年金を目当てに暮らす一家の家主であるという、特殊な役柄を見事に演じ切っています。

ただの優しいおばあちゃんではなく、ずる賢さや薄気味悪さもあり、それでいてどこか人間味のある難しい役柄を実在する人物であると思わさせられてしまう樹木希林さんの演技力と女優魂に舌を巻きます。

樹木希林さんの演技に見えない、まるで実在している人物のように思わされる、リアルで人間味のある演技をさせたら右に出るものはいないことをひしひしと感じる作品です。

「万引き家族」についての感想や評価

「万引き家族」と出演した樹木希林さんについてご紹介しましたが、実際に映画をご覧になった方たちは今作品の樹木希林さんにどのような感想や評価を感じたのか気になると思いますので、少しご紹介します

アドリブで実際にその時に思ったことをそのまま言葉にしたにも関わらず、それが視聴者の心に残るのは、やはり樹木希林さんから発せられる言葉には観る者の心にスッと入り込んでくる不思議な力があると思わざるを得ません。

言葉や台詞だけでなく表情や佇まい、その全てがリアルで、思わず惹きつけられてしまう圧巻の演技は樹木希林さんの真骨頂のように思えます。

樹木希林さんの名演技もさることながら、リリーフランキーや安藤サクラ、松岡茉優といったキャストの名演技が素晴らしい作品ですので、「万引き家族」ぜひご覧ください。

樹木希林が出演したおすすめ映画ベスト3 第2位「借りぐらしのアリエッティ」

ここで同じ映画作品の中でも少し趣向を変えた作品をご紹介したいと思います。

既にご存知の方もおられると思いますが、樹木希林さんは声優としてもご活躍され、何度も劇場アニメ作品や吹き替え作品に出演されています。

声優業が本職なのでは?と思わされる樹木希林さんの声優としての素晴らしい演技力もぜひご紹介したいと思いましたので、2位に選ばさせていただきました。

今回ご紹介するのは2019年に公開されたスタジオジブリ作品「借りぐらしのアリエッティ」です。

今作は人間の世界から自分たちの生活に必要なモノを少しずつ借りてきて、床下で「借りぐらし」の生活をする小人のアリエッティとその屋敷に暮らす人間の少年のとのひと夏の出会いを描いた物語です。

今作では樹木希林さんは翔の祖母の妹である貞子の屋敷に長年住み込みで働いている家政婦のハルを演じています。 ハルはかつて自分が小人を見た際に誰にも信じてもらえなかったという過去の悔しさを晴らすために、昔から小人が出ると言われてきた屋敷で、躍起になって小人を捕まえようとします。

ハルはアリエッティの母のホミリーを捕まえて物置きのビンに閉じ込めたり、捕獲のためにネズミ捕り業者を依頼したり、翔がアリエッティと接触していると勘付くと翔を部屋に閉じ込めたりとあの手この手を使って、アリエッティ一家と翔の邪魔をしてきます。

アリエッティ一家と翔の前に立ちはだかる今作の敵役で意地悪な性格でありながらどこか憎めない一面がある難しい役を樹木希林さんは見事に演じ切っています。

「借りぐらしのアリエッティ」についての感想や評価

「借りぐらしのアリエッティ」に出演した樹木希林さんについてご紹介しましたが、実際に映画をご覧になった方たちは今作品の樹木希林さんにどのような感想や評価を感じたのか気になると思いますので、少しご紹介します

前の記事

美女と野獣の実写とアニメ版はどっちが面白い?設定の違う10のポ…

次の記事

鬼滅の刃の漫画は何巻まで出る?劇場版の特典「煉獄零巻」は絶対手…