【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

美女と野獣の実写とアニメ版はどっちが面白い?設定の違う10のポイントまとめ

2017年に公開された実写版「美女と野獣」は、ベル役を演じたエマ・ワトソンが出演しており、1991年に公開されたアニメ版が元となっています。

最終的な興行収入は124億円を記録しており、2017年の映画興行成績で第1位を記録した大ヒット映画です。

アニメと実写版では内容が多少違うところもあるため、ネット上ではどっちが面白いかや設定の異なる点で盛り上がっています。

そこで、改めてアニメと実写の両方を見比べた私が、どっちが面白かったか、どんな違いがあったかを紹介していきます。

実写版・美女と野獣を見逃した! 放送日(地上波初)はいつ?無料フル視聴動画配信ネットで見る方法実写版・美女と野獣を見逃した! 放送日(地上波初)はいつ?無料フル視聴動画配信ネットで見る方法

美女と野獣は実写とアニメ版ではどっちが面白い?

美女と野獣は実写版の方が面白い

個人的な感想ではありますが、美女と野獣は実写版の方が面白いな感じました。

その理由は、姿を変えられた召し使い達のモーション・キャプチャー技術による動きや表情の細かさ、野獣の迫力、所々のミュージカルなどは見ていて飽きません。

また、王子が野獣に変えられた明確な理由が分かるなど、見どころが詰まっています。

さらに、クライマックスで描かれる野獣とベルのダンスシーンは華々しくロマンチックな演出は、映画史に残る名シーンとなっており思わず涙を流してしまいました。

実写版の美女と野獣のSNSの反響

アニメ版は子供向け

美女と野獣のアニメ版は、ストーリーが簡潔でファンタジー寄りになっているため、子供向けとなっています。

実写版は恋人や友達、女性同士といった大人向けの内容ですが、アニメ版はストーリーが分かりやすいため子供と一緒に見るのに最適です。

どちらも面白いですが、子供と一緒に見るのならアニメ版がおすすめです。

美女と野獣の実写とアニメ版の大きく違うポイント10選!

実写とアニメでは、どんな点に違いがあるのでしょうか。

実写とアニメの大きく違う点を時系列順にまとめてみたので、視聴するときの参考にしてみてください。

野獣(王子)が人間の頃からスタート


実写版では、野獣が人間の頃からスタートします。

アニメでは、王子が野獣へと変わってしまった理由をナレーターが語っているだけです。

実写版では老婆に化けた魔女が舞踏会に参加しようとしますが、心の醜さを暴いた魔女が魔法をかけて王子を人間から野獣に変えてしまいます。

実写版では、なぜ王子が醜い野獣に変わってしまったのか?といった経緯が詳細に描かれています。

薔薇の花びらが散ってしまうと召し使い達は死んでしまう

アニメでは、「野獣が21歳まで薔薇は咲き続け、愛する人を見つけ、さらに彼を愛してくれる人を見つけたら魔法が解ける」という設定になっています。

また、21歳までに愛する人を見つけられなかったら姿を変えられた召し使い達は一生そのままという設定にもなっています。

しかし、実写版ではいつまで薔薇が咲き続けるかという設定がなくなり、薔薇の花びらが散ってしまうと、召し使い達は死んでしまいます。

実写版の方が少し残酷な設定になっています。

薔薇の効果は町の人達へも影響を及ぼしている

アニメでの薔薇の効果は、城の中だけでした。

しかし、実写版では城の中だけではなく町に住む人々にも影響を及ぼしており、王子や召し使い、城の存在を忘れてしまっています。

ベルの父・モーリスが野獣に捕まった理由

アニメでは、モーリスが野獣の椅子に座ったことから捕まり、牢屋へ入れられてしまいます。

実写版では、モーリスがベルのために白い薔薇を摘みに城へと行き、持ち帰ろうとしたことから捕まります。

実写版の野獣は自身が薔薇のせいで野獣に変えられたことから、薔薇に対する執着心が強いように感じます。

ガストンのキャラクター設定が違う


アニメのガストンは女性に対する差別的な発言をしたり、ベルの本を泥の中に投げ込んだりと酷いことをするキャラクターです。

実写版のガストンは10代の頃に襲撃者から町を救ったことにより英雄として扱われ、町の人気者となっています。

その他にも、ベルになぜ本を読むのかと興味を持ったりと実写版のガストンは人間味が溢れたカッコイイキャラクターとなっています。

ガストンの相棒であるル・フウのキャラクター設定も違う

アニメ版のル・フウは、おっちょこちょいでドジ、ガストンの金魚のフンのような存在です。

実写版のル・フウは、ガストンを慕っているシーンが多く、ガストンの暴走を止めるなど非常に頼もしいキャラクターとなっています。

また、ル・フウはディズニー映画初の同性愛者です。

描かれることのなかったベルの母親の存在と不思議な本

アニメでは、ベルの母親については触れられておらず、不思議な本は実写版のオリジナルとなっています。

実写版では、魔女から貰った不思議な本をベルに紹介します。その本は、現実を離れ自分の心が望んだ好きな場所へと行ける本です。

その不思議な本を通じて、ベルは野獣と一緒にパリへと行きます。

パリは子供時代のベルが過ごした場所であり、母親が感染病で亡くなったことが明かされます。

馬車に詰め込まれるベルとモーリス

実写版でのモーリスは、ベルが野獣によってお城に幽閉されていることをガストンに伝え助けを乞いますが、ガストンは酒場でベルを譲って貰えないことに腹を立て、馬車へと詰め込んでしまいます。

そこへ登場したベルも馬車に詰め込まれてしまいますが、アニメでは二人とも地下室へ幽閉されます。

そして、アニメでは地下室に閉じ込められたベルとモーリスを救うのはチップですが、馬車に詰め込まれた彼らは、ベルのヘアクリップで脱出します。

ガストンは弓ではなく銃で野獣と戦う

クライマックスに近づき、ベルを巡って野獣とガストンが城の頂上で戦います。

アニメではガストンは弓で野獣と戦いますが、実写版ではベルに弓を折られてしまったため銃で野獣と戦っています。

クライマックスのキスシーンのタイミング


クライマックスのキスシーンのタイミングは異なっています。

アニメでは、野獣が王子に戻った後にキスをしています。

実写版では薔薇の花びらが全て散ってしまい、野獣の姿のときにキスをしています。

その結果、姿を変えられた召し使い達はそのままの姿になっています。

しかし、ラストでは本物の愛を見た魔女が野獣を王子の姿へと戻し、王子になった姿のときにもキスをしています。

そして、召し使い達の姿も元に戻り、町の人達も城のことを思い出し、ダンスを踊って物語はハッピーエンドで終わりを迎えます。

まとめ

実写とアニメでは、大きく異なる点がいくつかありました。

しかし、物語の内容が大きく変わることはなく、むしろ高評価を得ています。

美女と野獣のアニメと実写はアマゾンプライムビデオで視聴することができたので、この機会にぜひ見比べてみてください。

他にも細かな違いが見つかるかと思います。

実写版・美女と野獣を見逃した! 放送日(地上波初)はいつ?無料フル視聴動画配信ネットで見る方法実写版・美女と野獣を見逃した! 放送日(地上波初)はいつ?無料フル視聴動画配信ネットで見る方法