【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

映画「浅田家!」の原作は写真集?あらすじなどの情報も調べてみた!

浅田家! 原作 写真集

2020年10月2日から公開されている映画「浅田家!」。

また映画界に一風変わった作品が登場しましたね!

二宮和也妻夫木聡の初共演も話題となったことで公開前からたくさんの注目を浴びています。

今回は浅田家!の原作が本当に写真集なのかや作品に関する情報を調査します。

映画「浅田家!」の原作は写真集?

この作品の原作は浅田政志が発表した写真集「浅田家」と「アルバムのチカラ」を原案としています。

だいたいの映画の原作は大半がアニメだったり漫画などが多いと思いますが、写真集からというのも非常に珍しいですよね!

こちらが実際に原作になります。

浅田家!のあらすじ

4人家族の次男として生まれた正志は、昔から写真が大好きで専門学校に通っていました。

卒業の前に制作テーマとして出されたのが、「1枚の写真で自分を表現する」でした。

その時に被写体に選んだのが家族で、皆で思い出のコスプレをしたものを撮るというものでした。

 

無事卒業した正志は仕事もせず写真から逃げ出していましたが、ついに向き合う決心をします。

その時に被写体に選んだのももちろん家族。

消防士レーサーといったそれぞれのなりたかったものを題材に家族写真を撮影し、それがきっかけでいろんな家族写真を撮り始めます。

 

そんなユニークな写真の数々を集め個展を開いたところ、出版社の目に留まり写真集を出すことが決定し、さらには写真界の芥川賞とも言われる「木村伊兵衛写真賞」を受賞します。

やっと順調に進むと思っていた矢先、東日本大震災が起こります。

 

以前撮影した家族の安否を確かめるため現地に出向いたところ、正志が目にしたものは家や大切な人々を失った人々でした。

ショックのあまりシャッターすら切れず自問自答を繰り返していましたが、津波で流された写真を本人の元へ届けるといったボランティアをしている人たちと出会います。

 

それに参加した正志は活動を続ける中で、写真を届けた人たちが笑顔になっていく光景を見るたびに「写真が持つ力」に気付きます。

そんな中、被災で父親を亡くした少女が「家族写真を撮って欲しい」と頼みにくるのですが・・・

浅田家!見どころ

凄く興味がそそられる内容になっていますが、本作の見どころや注意して見ていただきたいところをご紹介します!

まず前半はとてもユニークな家族風景が描かれていますし、そのことをキッカケに活力を見出し人生が変わっていくといったところです。

後半に入ると実際に起きた震災の話になり、悩み抜いた末に大好きな写真の持つ力に再び気付くといった真逆の展開です。

さらには劇中に出てくる18枚の写真はオリジナルに近くするためにミリ単位で調整してあるそうなので、ここにも注目していただきたいです。

この消防署も実際に使われた現場をお借りして撮影されています。

その他にも、バンドマンラーメン屋極道選挙カーなど奇抜なコスプレがありますし、こだわり抜いて完成度を高くしているところに「写真愛」を感じますね!

映画「浅田家!」映画になるまでの経緯

湯を沸かすほどの熱い愛」のメガホンを取った中野量太監督が、プロデューサーを担当した小川真司から「この家族を映画化したい」と言って渡されたのが「浅田家!」だったそうです。

写真集を見た監督の印象は、今までに見たことのない変わった家族なのにおかしくもあり可愛らしいと思ったらしく、今まで家族をテーマとして作品を作ってきたが、これ以上魅力のある家族はいないと思ったみたいでした。

これを映画化するには魅力的なキャスティングにしなければいけない、憂いを帯びた感じやまるでその場にいる様な雰囲気を表現出来るキャストでなければならないと強く感じたそうです。 

確かにキャストについては公開前から話題となりましたし、二宮と妻夫木の初共演という話題性で広がっていった部分もあるので監督の狙った通りになったのではないでしょうか?

演技に関しても納得のいく仕上がりになっていると思うので、非常に注目の作品ではないかと思います。

映画「浅田家!」口コミ・評判。面白いかつまらないか?

さっそく観に行ってきた方たちが、おもしろかった!や感動した!と多くのツイートをされていました。

公開前から期待しかないといった方々も多くいて、どれだけ注目されていたかも非常にわかりやすく人気が出るのも間違いなしといった印象を受けます。

なかにはエキストラで参加した人のツイートもあり、二宮さんの近くで演技できたことや内容が良い具合に仕上がっていたことに感動されていました! 

まとめ

いかがでしたか?

原作が写真集だなんてかなりビックリですよね!

本作に対しいろいろな方の考えやキャストの演技力、原作者の想いなどがたくさん詰まっているということが非常にわかります。

この作品で写真集の存在がもっともっと広がっていって、たくさんの方に周知されて皆さんに映画を観てみたいと思っていただけると嬉しいです。

また、オンラインの写真展もありますので、そちらにもぜひ注目してみてください!