【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

クリストファー ノーラン監督おすすめ映画5選!デビュー作フォロウィングから最新作まで!

メメント

クリストファー・ノーラン監督の作品は、「複雑な時系列」が最大の特徴とも言えます。

中でも、二作目ともなる「メメント」は物語の最後から始まり、最初に向かっていくストーリーとなっているため、一回見ただけでは理解が難しい作品となっています。

しかし、それでも見応えがあり「インセプション」や「ダークナイト」といった作品は、世間での評判も非常に高い人気作品です。

そんなクリストファー・ノーラン監督のおすすめ映画を5選紹介します。

この記事では、2020年9月18日に公開された最新作「テネット」も紹介しているので、この機会にぜひクリストファー・ノーラン監督の作品を視聴してみてください。

フォロウィングを紹介!クリストファー・ノーラン監督デビュー作

フォロウィングは、クリストファー・ノーラン監督のデビュー作です。

1998年に制作がされ、一人で監督、脚本、制作、撮影、編集と一人で五役を担当しています。ロッテルダム映画祭や世界各国のインディペンデント系映画祭で「ヒッチコックの再来」と賞賛されるようになりました。

今や、インターステラーやダークナイト、インセプションといった名だたる名作を生み出し、名監督となったクリストファー・ノーラン監督のデビュー作を紹介していきます。

フォロウィングの作品紹介

フォロウィングは全編モノクロとなっており、アイディアを引き出すために人を尾行する習性を持った作家志望の青年・ビルが事件に巻き込まれていく物語です。

ある日、一人の男をいつものように尾行していたらバレてしまいます。

その男は、コッブと名乗り、コッブもまた空き巣を繰り返し、空き巣に入った家の主の私生活を探るといった奇妙な習性を持っていました。

コッブに感化されたビルは、彼と行動を共にするようになります。

またある日、ビルはバーで金髪の女性と出会い、その女性の素性を知ることとなります。

そして、彼女の素性を知ったビルはその金髪の女性を助けるために盗みを働きますが、実はその女性にはめられてしまったことに気付きます。

最終的には、盗みを働いたことで警察に自首をすることとなり、はめられっぱなしのビルの生き様が描かれています。

時系列がバラバラになっているものの、傷や髪の毛の長さなどで時系列が分かりやすくなっています。

そして、物語の最後には今までの伏線が回収されるため、見ごたえのある作品となっています。

クリストファー・ノーラン監督のおすすめ映画を5選紹介

クリストファー・ノーラン監督のおすすめ映画を5つ紹介していきます。

どれも難解ではあるものの、何度見ても面白い作品ばかりです。

また、最後にはおすすめ映画5選の中で最も面白いと感じた作品も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

テネット

#ダンケルク』(2017)の最終興行収入16.4億円も上回り、
まだまだ“テネる現象”は止まりません!!#TENET脱出体験 pic.twitter.com/8XWnMxuCqD

— 映画『TENET テネット』公式 (@TENETJP) October 5, 2020

 テネットは、2020年9月18日に公開された、クリストファー・ノーラン監督の最新作です。

サスペンスアクション映画となっており、本作に登場する主人公は「名もなき男」です。

「名もなき男」は、ウクライナ起きたテロ鎮圧作戦に参加し、そこで仲間を助けますがテロリストに捕まってしまいます。繰り返される尋問の中、情報を漏らさないために毒薬のカプセルを飲み、自殺を図ろうとしました。

しかし、そのカプセルは鎮静剤にすり替えられており、目が覚めた頃に謎の男・フェイから「あるミッション」を言い渡され、またミッションのキーワードとなるのが、「テネット」。

「テネット」という言葉を使い、未来からくる敵と戦い第三次世界大戦を防ぐ物語です。

テネットはクリストファー・ノーラン監督作品の中でも最も難解とまで言われていますが、累計興行収入は既に16億円を突破しています。

テネットのネット上での評価

すでにテネットを視聴した方の評価や感想を紹介していきます。

ネット上での評価や感想は、理解が難しいけど何度見たくなるほど面白いといった感想が多く見受けられました。

インセプション

インセプションはアメリカのSFアクション映画です。

第83回アカデミー賞では、作品賞、脚本賞、撮影賞、視覚効果賞、美術賞、作曲賞、音響編集賞、録音賞の8部門にノミネートされ、撮影賞、視覚効果賞、音響編集賞、録音賞を受賞した作品です。

あらすじは、他人の夢の中に侵入しアイデア盗みそれを売って生活をしていたコブ(レオナルド・ディカプリオ)がサイトー(渡辺謙)から新しいミッションを受けます。

「インセプション」と呼ばれるそのミッションは、サイトーのライバル企業の所長の息子を騙すものでした。

仲間を集め、さっそく夢の中に入り込むコブでしたが、夢の中で度々現れる亡くなった妻・モルが仕事の妨害をしてきて、中々スムーズに仕事が進まなくなっていきます。

物語は「夢」のなかで進行していくのですが、これが3層構造になっているため、整理をするのが難しい作品となっています。

そのため、何度も見返してしまうのですが、何度視聴しても面白いのがインセプションです。

インセプションのネット上での評価

上映時間は長いものの、派手なアクションシーンやミステリー要素によりあっという間に時間が過ぎ去ってしまいます。

そして、ラストへの怒涛の展開は見逃せません。

ダークナイト

ダークナイトは、DCコミックスの「バットマン」を原作とした実写映画です。

第81回アカデミー賞では、8部門(助演男優賞、撮影賞、美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞、音響編集賞、編集賞)にノミネートされ、2部門(助演男優賞、音響編集賞)を受賞しています。

あらすじは、犯罪が蔓延するゴッサムシティーを舞台に、クリスチャン・ベイル演じるバットマンとゴードン警部補が手を組み、街を鎮静化していきます。

しかし、そこへ現れたジョーカーと名乗る男と犯罪者集団により、街は再び犯罪都市へと変わっていきます。

前作の「バットマン ビギンズ」では、バットマンは悪を撲滅するヒーローとして描かれていました。

しかし、「ダークナイト」ではバットマンは本当にヒーローなのか、バントマンはゴッサムシティーに必要な存在なのかと投げかけられ、バットマン自身も苦悩するシーンが描かれています。

ダークナイトのネット上での評価

ダークナイトは何度見ても面白く、またバットマンが活躍するシーンはカッコいいです。

クリストファー・ノーラン監督作品の中では、シンプルなストーリーになっているのでぜひ視聴してみてください。

ダークナイトライジング

ダークナイトライジングは、「ダークナイト」の続編であり、シリーズの最終章ともなる作品です。

舞台は、「ダークナイト」から8年後のゴッサムシティーです。デント法の施行で平和が訪れ、ブルース・ウェインはバットマンを引退し家に引き籠っていました。

しかし、平和なゴッサムシティーに影の同盟を破門されたベインが暗躍し、再び街は荒れていきます。引退してしまったバットマンは街を守ることができるのか、そしてバットマンの生死は、、、。

シリーズの最後にして、落ちぶれたヒーローバットマンがどう成り上がっていくのかがポイントです。

ダークナイトライジングのネット上での評価

ダークナイトライジングのネット上での評価

ダークナイトライジングはベイルとの肉弾戦によるアクションシーンや感動のラストシーンなど、見ごたえのあるの作品です。

落ちぶれたヒーローがどんな戦いを見せ、市民にどんな影響を与え、どんな終わりを迎えるのか、感動のラストをぜひ楽しんでみてください。

メメント

メメントは、クリストファー・ノーラン監督が有名になったとも言える映画です。

それは、時系列が逆向きに進んでいくという点がユニークだったことが評判を呼び、人気作ともなりましたが、トリッキーな内容がゆえに理解が難しい映画の一つです。

あらすじは、保険会社に勤めていたレナードは、ある日強盗に襲われてしまい妻を失ったうえ、強盗との格闘で記憶が10分しか保てない脳の病気に冒されてしまいます。

体にタトゥーを掘り記憶を刻むレナードは、犯人捜しという名の復讐に駆られてしまう物語です。

物語はラストから始まっていき、レナードが体やメモに残した情報を元に犯人捜しをし、復讐を成し遂げるという物語です。

ストーリーの展開が複雑なため、何回も見ることになりますが、何度見ても面白いのがこの作品の面白いところです。

謎解きが好きな方にはおすすめです。

メメントのネット上での評価

メメントはストーリーの展開に追いつくのが難しい映画で、見ていくうちに謎が謎を呼びどんどん分からなくなってしまいます。

だからこそ面白い作品でもあるので 、ぜひ何度も見て伏線を解いてみてください。

クリストファー・ノーラン監督作品の個人的おすすめ映画はこれだ!

クリストファー・ノーラン監督の個人的におすすめな作品は、メメントです。

メメントは時系列が逆に進んでいく点やトリッキーな仕掛けが豊富にあり、理解するのに時間がかかってしまいます。

メメントの面白い点は、逆再生でストーリーが展開している点はもちろんですが、ストーリーが進むにつれ謎が増えていく点や、体やメモに残した情報は真実なのか、関わってくる人物の証言は信頼できるのかと、疑心暗鬼になりつつも作品に入り込めてしまいます。

初めて視聴すると何が何だか分からないですが、何度も見ることで面白さが広がっていきます。

まとめ

この記事ではクリストファー・ノーラン監督のデビュー作の「フォロウィング」から、最新作の「テネット」までを紹介しました。

どれも難解な作品ばかりで、特に最新作の「テネット」はノーラン史上最も難解な作品とまで言われ、何回見ても分からないという方も多くいます。

しかし、クリストファー・ノーラン監督の作品は分からないから面白く、理解するために何回も見てしまう魅力があります。

一度見て分からなかった方は、ネットで情報を集めてぜひ何度も視聴してみてください。