【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

「スマホを落としただけなのに」感想・評価は怖いしつまらない?続編の評判は?

「スマホを落としただけなのに」感想・評価は怖いしつまらない?続編の評判は?

この記事では、映画「スマホを落としただけなのに」が「つまらない」「怖い」と酷評されてしまう理由と個人的な感想をまとめていきます!

映画「スマホを落としただけなのに」は、201811月に公開されたサイバー犯罪のミステリー映画です。

なんと興行収入19億の大ヒットで、続編の映画予告も公開されましたよね。

原作は志駕晃(しがあきら)の小説「スマホを落としただけなのに」。

この小説は、「このミステリーがすごい!」で最終選考まで残った注目の作品です。

ここまで見ると、かなり期待のできる映画だと思いませんか?どうして酷評が多いのか不思議ですよね。

ということで、その理由を調べてみました。

それでは早速見ていきましょう!

「スマホを落としただけなのに」怖いという感想が多い理由は?

犯人役が怖い!

サイバーミステリー映画ということで、映画の中にはサイバー犯罪を起こした犯人がいます。。

その犯人ですがかなり怖いです。

暗い部屋でパソコンを使っていたり、声を変換して電話をかけてきたり、さらに麻美から見えないところからしつこくつけまわすなど、気持ち悪い怖さもありました。

しかし、「怖すぎる」と言われてしまう理由はそれだけではありません。

私たちが知りえなかったスマホを使って犯罪を犯しているところが、現実世界とリンクして、身近で起こっているようなリアルな怖さを感じさせるのです。

残虐的なグロいシーンが多くて怖い

これに関しては苦手な方は確かに厳しいかも知れませんよね。

スマホを拾った犯人は殺人鬼でもありますので、残虐的なシーンも多いです。

そして殺人犯役の演技がその残虐的なシーンをさらに引き立てていることは確かです。

原作で「トカゲのような目」と比喩されていた犯人ですが、それを実写で演じるとこうなるのか!と感心してしまうほど役者さんの演技力が高く、楽しむように人を殺めていく姿は残虐的なシーンをさらに恐ろしく感じさせる映画になったのだと思います。

「スマホを落としただけなのに」つまらないという感想が多い理由は?

キャラの設定に無理があってつまらない

現実的に考えられっるリアルなサイバーミステリーではありますが、キャラクターの設定は正直少し現実ばなれしているところがあります。

そこに納得がいかない方も居たかもしれませんね。

しかし、そこで全て現実的なものに設定すると「スマホを落とさないようにしましょうね」というだけの映画になってしまうと思いませんか?

キャラクターに関しては、小説や映画だからこそ設定できたものだと思って楽しむことをおすすめします。

結末が微妙でつまらない

結果が微妙でつまらないという意見もありました。

なぜでしょうか?

調べていくと、「結末の予想がついてしまった」「最後まで刑事ドラマのようだった」など、結末についてさまざまな感想があるようです。

確かに映画予告やタイトルなどで、だいたいの予想がついてしまった方も居るかもしれませんね。また、ミステリーですので刑事が出てきたり推理をして考えをめぐらせるシーンもたくさんあります。

そのことからつまらない、と感じてしまった方も居るのかもしれません。

原作が面白かっただけに、比べてしまうとつまらない

原作がある映画には必ずついてくる「原作の方がおもしろい」という感想。

映画の時間にまとめるために、細かい設定がはぶかれてしまったりすることはよくありますよね。

そして登場人物が思っていたキャスティングと全然違う!というのも原作ファンが実写映画を観たときに感じる事のあるあるかなと思います。

実写映画で、数えきれないほど居る原作ファン全員の心をつかむのは本当にむずかしいですよね!

「スマホを落としただけなのに」の続編は怖い?

2020221日には、続編「スマホを落としだたけなのに 囚われの殺人鬼」が公開されることが発表されました。

映画予告を見たという方も多いと思います。

映画予告では、主人公がお店のフリーWi-Fiかと思ってつないでしまったサイバー犯罪者の作ったWi-Fiを通して、スマホの情報を抜き取られていました。そして そこからさまざまな事件に翻弄される様子が映されていましたね。

予告からも怖い要素をたくさん感じました。

続編もホラー映画とは違う、現実に起こってもおかしくないというリアルな怖さが追及されているのが分かります。

「スマホを落としただけなのに」個人的な感想

スマホを落としてしまってから犯人が捕まる最後の最後まで、私は正直ハラハラさせられっぱなし。

予想のできない展開に、最後の最後まで考えが二転三転させられてしまいました。

結果が予想通りだったという人たちはどれだけ予知能力があるんだろうと思ってしまうほどです。

そして何より俳優たちの演技が本当に上手!私はこのキャスティングは最高だったと思います。特に犯人役の俳優さんからは目が離せませんでした。

映画からこの作品を知った私ですが、これから小説もチェックしようと思っています。

まとめ

犯人役が怖い

・現実に起こりそうなリアルさが怖い

・犯人役の演技が殺人のシーンを引き立ててより一層怖い

・キャラクターの設定に無理がある

・結末が想像できてしまってつまらない

・原作のほうがよかった

2020221日から続編が公開される

・映画予告から、続編もかなり怖いことが予想される

いかがでしたか?

今回は「スマホを落としただけなのに」がつまらない、怖いと言われる理由をご紹介していきました。

きっとこの映画を観て、「絶対スマホは落とさないようにしよう」と思った人は私だけではないはず。

さまざまな意見があるようでしたが、続編も公開されるということで人気が高い映画だということが分かりますよね。

この記事で「スマホを落としただけなのに」が気になっている方の疑問が少しでも解決されたら嬉しいです!

コメントを残す