【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

実写映画「ニセコイ」感想はつまらない、ひどいと酷評!理由はキャストが悪い?

実写映画「ニセコイ」感想はつまらない、ひどいと酷評!理由はキャストが悪い?

映画『ニセコイ』は、古味直志さん原作のラブコメ漫画を実写化し2018年に全国で公開されて話題になりました。
監督は、『チア☆ダン 女子高校生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話』『俺物語!!』『かぐや様は告らせたい』などのコメディ漫画の実写映画をいくつも手がける河合勇人さんです。
中島健人さん(Sexy Zone)、中条あやみさんを主演に抜擢し、その他にKing&Prince岸優太さん、浜崎遥香さん、松本まりかさんなどの今をトキめく若手俳優、若手女優で固め、キャスティングの時点ですでに話題になっていましたね。
映画「ニセコイ」は漫画が原作の実写版として製作されましたが、公開前からつまらない映画との酷評が聞こえました。

実際は本当につまらないひどい映画だったのか?理由はキャストが悪かったからか?ということでとことん調査して行きたいと思います。

映画「ニセコイ」あらすじは?

極道組長の父親を持つ「一条楽」は、ガリ勉で喧嘩が嫌いな男子高校生。アメリカのギャング組織の親を持つ「千棘」は、喧嘩上等の金髪ハーフの女子高校生。

そんな性格は真逆で相性最悪な普段なら絶対交わることのない二人だが、親の組織同士の間で抗争が勃発してしまう。休戦させるために「恋人のふりをする」という無理難題を約束させられてしまいます。好きでもない相手と恋人のフリ、まさに『偽物の恋=ニセコイ』が笑いあり、涙ありで描かれています。

 

映画「ニセコイ」はつまらない?ひどい映画と酷評!


なかなか厳しい評価が多いですね。ラブコメなのに、大型スクリーンで滑り続けるのは見るに耐えないです。

中には、「最初の方は笑いについていけなかったけどだんだん慣れて面白くなってきた」「意外に泣ける」なんて人もいました。あとは、ジャニーズのファンの方や中条さんのファン、そのほか好きな役者さんが出ているようなら、必見ですよね。

映画「ニセコイ」キャストが悪い?

映画が酷評される理由として、「キャスト」について意見が多いです。中島健人さん、中条あやみさんといえば、アイドル、モデルとして人気を集め、ここ数年でもいくつもの主演映画をこなしている若手の中でも実力を兼ね揃えている二人で浸透しているはずです。そんな二人は演技がダメだったのでしょうか。それともそもそもイメージに削ぐわかったのでしょうか。追求していきたいと思います。


ということで、「俳優陣が悪い」というよりは、「実写化するのが論外である」という見解が多いようですね。

確かに、予告映像が配信された時の中条あやみさんは、派手な金髪でスタイル良く顔もよく素敵ですが、あのビジュアルには違和感がありました。やはり、漫画やアニメの実写化を、生身の人間で再現するのは至難の業なのかもしれません。

まとめ

以上になります。確かに映画『ニセコイ』は酷評が目立ちました。笑いを取ろうと過剰なリアクション、ドタバタストーリーなど、見てる側が置いていかれてしまうパターンが目立っているのが惜しいです。

ただ、中条あやみちゃんの圧倒的ビジュアルはひときわ目立ち、ジャニーズからも出演があることから、キャスト見たさに鑑賞する人が圧倒的に多いかもしれません。

そんな、キャスティングに対する批判ですが、毎度、高評価を得ることのできないにも関わらず懲りずに片っ端から実写化をしている制作側に非難が集中しているようですね。原作ファンもこのサイクルを理解しているようで、演者を非難することは少ない印象を持ちました。

以上になります。最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す