半額・無料で映画館を楽しむ裏技 >>

映画「キングダム」の主題歌Wasted Nightssの読み方と歌詞(和訳)の意味とは?

映画「キングダム」の主題歌Wasted Nightssの読み方と歌詞(和訳)の意味とは?

実写版の映画「キングダム」の主題歌があの人気バンドONE OK ROCKだと話題になりました。

映画「キングダム」は週刊ヤングジャンプ連載の漫画「キングダム」の実写版の映画です。

のちに秦の始皇帝となる若き日のえい政(吉沢亮)と秦を中華統一に導く天下の大将軍となる信(山﨑賢人)の戦いの物語です。

山﨑賢人さんと吉沢亮さんの熱演や、中国を舞台にした壮大な世界観で注目されていました。

これまでもいくつもの作品で主題歌を手掛けてきた人気ロックバンドのワンオクが今回も主題歌を担当してくれました。

今度の映画「キングダム」の主題歌の読み方と、どのような曲になっているのかを見ていきましょう。

 

映画「キングダム」の主題歌Wasted Nightsの読み方と意味は?

 

主題歌のタイトル「Wasted Nights」の読み方は「ウェイステッド・ナイツ」です。

直訳すると「無駄にした夜」です。

Nightsが複数系なので、無駄にしてしまった夜は一夜ではないですね。

ずっと無駄に過ごしてきてしまった夜をもうこれ以上は無駄にできないという強い意思が感じられます。

映画「キングダム」で主人公の信は天下の大将軍を夢見ながら、奴隷として日々を無駄に過ごしてきました。

貴士族の子供なら幼い頃から将軍になるための訓練を受けさせてもらえますが、信はそうではありません。

秦王の身代りとして殺されてしまった漂の死と引き換えに信の天下の大将軍への道が切り拓かれます。

漂のためにも信はもう無駄な時間は過ごせないと奮起している、そんな風にも感じられますね。

 

映画「キングダム」の主題歌Wasted Nightsの歌詞(和訳)を解説!

 

では、「Wasted Nights」の歌詞にも注目していきましょう。

英語の歌詞と和訳を載せていきます。

 

Must be something in the water

水の中には何かがあるはずだ

Feel like I can take the world

世界を物にできそうなくらいの何かが

Throw the weight up on my shoulders

肩に圧し掛かる重圧を払いのけよう

Cause I won’t even feel the burn

その熱をもう感じたくないから

 

Don’t be afraid to dive

恐れずに飛びこめ

Be afraid that you did’nt try

やらずに後悔することを恐れろ(何もせずはもっと怖い※)

These moments remind us why

この一瞬一瞬が僕らに思い出させるんだ

We’re here, we’re so alive

何故ここでまだ生きているのか(ここで生きる意味を※)

 

Let’s live like we’re immortal

僕らは不滅だと思って生きよう

Maybe just for tonight

今夜だけは

We’ll think about tomorrow, yeah

明日のことを考えるのは、そう

When the sun comes up

日が昇ってからだ

 

Cause by this time tomorrow

明日の今頃は

We’ll be talking about tonight

今夜のことを話しているだろうから

Keep doing what we want, we want, we want

今はやりたいことをやろう

No more Wasted Nights

これ以上、夜を無駄にしない

 

I don’t wanna wait, I don’t wanna waste a night

もう待てない、もう夜を無駄にできないよ

 

※のところは、二番の歌詞で日本語で歌われている部分です。

一番の英語の歌詞と同じことを日本語でそのまま歌っていたのでカッコ書きで掲載しました。

 

何か途轍もない決心をした仲間との夜の宴を思わせるような歌詞ですね。

どことなく共に天下の大将軍を目指そうと約束した信と漂、もしくは中華統一を目指そうと約束した信と秦王えい政のように思えます。

 

主題歌を歌うワンオクとは?

 

映画「キングダム」の主題歌を歌っているONE OK ROCK(ワンオク)とはどんなバンドなのでしょうか。

ONE OK ROCKと書いて「ワン オク ロック」と読みます。

海外でも人気のロックバンドで、英語と日本語の歌詞で歌っています。

様々な作品で主題歌としてワンオクの曲が使われています。

特に、実写版の映画「るろうに剣心」では公開している三作全てで主題歌を手掛けています。

日本を代表するロックバンドONE OK ROCKは映画「キングダム」でも作品にピッタリな楽曲に仕上げてくれました。

 

映画「キングダム」の主題歌が伝えたいことは?

 

映画「キングダム」の主題歌「Wasted Nights」はどんなことを伝えたかったのでしょうか。

大きな野望を持つ少年二人の物語の終りに流れる主題歌をワンオクは「夜を無駄にしたくない」という歌詞が何度も出てくる曲にしました。

野望を持つ少年といえど、過ごしていく時間は同じです。

朝になれば起きて、夜になれば眠りにつきます。

戦に明け暮れる日々では、生き残って過ごす夜は格別のものなのでしょう。

命を賭けてでも叶えたい夢を持つ少年達は常に気を張り詰めています。

せめて夜くらいは同じ夢を持つ者同士、楽しい時間を過ごそうと言っているのかもしれません。

世界的に活躍するバンドだからこその、目標に向かって日々頑張っている少年達へエールのようですね。

 

まとめ

 

映画「キングダム」で主題歌を担当したのは世界的ロックバンドのONE OK ROCKでした。

主題歌「Wasted Nights(ウェイステッドナイツ)」は映画「キングダム」の壮大なストーリーと少年達の熱い思いを彷彿とさせる楽曲でした。

中国が舞台の映画ともあって、英語の歌詞で世界中のファンを虜にできるような、そんな素敵な主題歌です。

映画「キングダム」の本編を見終わったら、主題歌の方も楽しんでみてはいかがでしょうか。

実写キングダム(映画)見逃したけど今すぐ無料で見る方法!配信中の動画サービスを調査!実写キングダム(映画)を見逃したけど今すぐ無料で見る方法! 配信中のおすすめ動画サービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です