【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

実写「思い、思われ、ふり、ふられ」あらすじは原作と違う?キャスト・主題歌・公開日は?

実写「思い、思われ、ふり、ふられ」あらすじは原作と違う?キャスト・主題歌・公開日は?

今回は、映画「思い、思われ、ふり、ふられ」のあらすじや、キャスト、主題歌、そして公開日についてまとめていきます!

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」は、別冊マーガレットで連載されていた原作 咲坂伊緒の同名の漫画を実写映画化した作品です。

咲坂伊緒は、みずみずしい青春ラブストーリーを描くことで有名な人気漫画化。

今までも自身の漫画「アオハライド」や「ストロボ・エッジ」が映画化され、話題になりました。

そして今年、新しく咲坂伊緒 原作の漫画「思い、思われ、ふり、ふられ」の実写映画が公開されます!

大人気の原作が、どんなストーリー、どんなキャストで実写化されるのでしょうか?

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」あらすじ紹介

【映画のあらすじは?】

主人公は家庭環境にトラウマを抱える高校生の朱里(浜辺美波)。美人でスタイルもよく、モテる女の子です。しかし自身のトラウマから自分の本音を隠す癖をもっていました。

そして親の再婚によって義理の弟になってしまい、朱里に思いを伝えられずにいるのは理央(北村匠海)。イケメンでモテる男の子です。彼にとって告白されるのはよくあることなのですが、人生で1度しか本当の恋をしたことがありません。その相手が朱里。朱里以上に好きになれる人を探しているのでした。

一方 朱里の親友で、恋愛に消極的な女の子 由奈(橋本莉子)。引っ込み思案な性格です。自分に自信が持てない由奈でしたが、理央に恋をしたことで、恋愛に積極的になろうと努力します。

由奈の幼馴染 和臣(赤楚衛二)も朱里、理央、由奈と仲良くなっていきます。まっすぐな性格で誰からも好かれる和臣。理央の気持ちに気づきながらも、家庭環境という同じ悩みを持つ朱里にしだいに惹かれていきました。

高校生4人それぞれが恋をし、たくさん悩みながら葛藤しながら成長していきます。

ただのラブストーリーではなく、恋をしていく中でこの4人が成長していく物語になっています。

【映画と原作と違うところがあるか調査】

映画の内容ですが、詳しい情報はまだ公開されていませんでした。

現在公開されているのは、キャストや監督、キービジュアル、そして予告動画くらいのようです。

原作の漫画の中から、どのストーリーが抜粋されているのかもまだ不明で、原作通りの結末になるのかどうかすら公言されていませんでした!

しかし、漫画が原作の作品を映画化するにあたって、原作ファンの気持ちを大事にすることは大事な事ですよね。そのため、原作と映画のストーリー展開にはそんなに違いがないと考えていいと思います。

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」キャスト一覧

主なキャラクター4人のキャスト

を紹介します!

山本朱里:浜辺美波

山本理央:北村匠海

市原由奈:福本莉子

乾和臣:赤楚衛二

浜辺美波と北村匠海は、映画「君の膵臓を食べたい」でも共演していますね。この2人がふたたび共演するという事でも注目を集めています。

今、日本で注目されている俳優・女優たちが集結しています。どんな映画「思い、思われ、ふり、ふられ」になるのか楽しみですね!

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」主題歌は髭男!

主題歌も決定しています!

Official髭男dismの「115万キロのフィルム」。

もうチェックした方も多いのではないかと思います。

歌詞やメロディが映画「思い、思われ、ふり、ふられ」にぴったりなこの曲。

すでにofficial髭男dismのファンからも大人気の曲でした。

エンドロールで流れたこの曲を聴いて、浜辺美波・北村匠海が「この映画のために作られた曲なのでは?」と思ってしまったそうです。

私も聞きながら、ストーリーとリンクしている歌詞に驚いて、鳥肌が立ってしまいました。

調べていて分かったのですが、この曲は、「映画を80年分撮ったら、フィルムが約115万キロになる」ということから付けられたタイトルだそうです。

その由来だけ聞いてもこの曲が素晴らしい曲なんだろうな、ということが想像できませんか?

実際色んなことを思い出すような、考えさせられるような、とても素晴らしい曲です。まだ聞いたことがない方は、映画の公開前に是非チェックしてみてください!

映画「思い、思われ、ふり、ふられ」公開日はいつ?

公開日は2020年8月14日(金)です!

まとめ

・原作は咲坂伊緒の漫画「思い、思われ、ふり、ふられ」

・高校生4人がそれぞれ恋をして成長していく青春ラブストーリー

・映画の内容について詳しく明かされていない

・原作と映画の内容はそんなに変わらないのではないかと予測できる

・主題歌はofficial髭男dismの「115万キロのフィルム」

まだまだ詳細が明かされていない映画「思い、思われ、ふり、ふられ」ですが、少ない情報のなかのひとつである映画予告を見ると、切ない恋物語に仕上がっているのが伝わってきますよね。

映画公開までもう少し。

本当に漫画の中から飛び出してきたような4人の高校生が、どんな物語を織りなしていくのかとても楽しみです。

今回は、映画「思い、思われ、ふり、ふられ」についてまとめていきました。

この記事で少しでも疑問が解決されたら嬉しいです!