【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

東京喰種トーキョーグール(実写)あらすじと結末をネタバレありで紹介!

東京を舞台に人間でありながら、あるきっかけで半分喰種(グール)という人体を食す怪物になってしまいましたカネキの葛藤を描いた映画「東京喰種 トーキョーグール」が、2017年公開されました。
原作は石田スイさんの人気漫画(「週刊ヤングジャンプ」連載)で、小説、舞台、アニメ、OVA、ゲームにもなっており、映画「東京喰種 トーキョーグール」は国内のみならず約23ヶ国でも上映されました。
そして、映画「東京喰種 トーキョーグール」では、主人公の金木研(カネキ)役に窪田正孝さん、グールの霧嶋薫香(トーカ)役に千眼美子(清水富美加)さん、神代利世(リゼ)役に蒼井優さんなどが演じています。
「東京喰種 トーキョーグール」の詳しいあらすじ・結末などが気になりましたので調査してみました。

「東京喰種 トーキョーグール(実写)」あらすじ紹介

カネキの恋

東京に人間の形態ながら人体を食す喰種(グール)という怪物が存在しました。
主人公金木研(カネキ)は喫茶店のあんていくに出入りしている神代利世(リゼ)に一目ぼれしました。カネキは共通の趣味によりリゼとデートすることになりますが、帰り道リゼに襲われます。リゼはグールだったのです。カネキは間一髪で助けられますが、気絶している間にリゼの臓器の移植手術を行われていました。そして、自分が半グールになっていることに気が付くのです。

あんていくとグール

カネキは普通の食事が受け付けなくなり、空腹で街をさまよっているとグールに襲われます。そこを喫茶あんていくのウエイトレスの霧嶋薫香(トーカ)に助けられます。そして、あんていくはグールのたまり場で、水とコーヒー以外人体を食すグールの食事を提供していることを知るのでした。あんていくで働くようになったカネキはグールの生き方について学んでいきます。トーカもまたグールでしたが、人間の親友を大切にしていました。

vs CCG

あんていくでは喰種対策局(CCG)に目を付けられている笛口リョーコヒナミの親子をかくまっていました。CCGの真戸亜門笛口親子の居場所を突き止め、ヒナミの前でリョーコを残酷にも駆逐するのです。その行為に憤りを感じたトーカはCCGの捜査官を襲撃し、傷だらけで帰ってきます。CCGが笛口親子のような人を襲うわけではないグールまで悪とするのは悔しいと語るのでした。トーカの力になりたいと思ったカネキCCGと戦う事を決意するのでした。

「東京喰種 トーキョーグール(実写)」結末は?ネタバレあり

カネキはグールとしての闘い方をトレーニングし、グールが特殊能力を使用時に眼が赤くなるため、右目を隠す戦闘用マスクを用意しました。
真戸は仕掛けをかけヒナミを引き入れます。真戸はグールをさげすみ、クインケ(対グール用武器)にヒナミの母親の赫包(かくほう:グールが攻撃時に使用する赫子(がぐね)という器官を産み出す臓器)を使用した武器で、ヒナミを攻撃したことに、ヒナミは憤りを感じ反撃するのです。そして、トーカがとどめの一撃をくらわせヒナミを援護します。しかし、トーカ真戸にも家族がいる事に気が付きます。
一方、カネキ真戸から連絡を受けた亜門を阻止するために闘います。そして、グールの正当性に対する疑問も提示しながら、CCGの正当性の疑問も問うのでした。そして、亜門カネキは追い詰めます。しかし、グールとして振る舞い始めている自分の姿に、ふと我に返り、自分に人殺しをさせないで欲しいという言葉を残し、カネキは去っていきました。
ヒナミカネキに自分たちは生きていいのか問いかけます。カネキは自分たちにも生きる権利があると思い、母親のリョーコが最期に残そうとしたのは、生きてだったのではと答え、ヒナミは安堵します。
そして、カネキはあんていくの人たちと生きていくことを心に決めるのでした。

「東京喰種 トーキョーグール(実写)」口コミ・評判を調査

観た方の評判が気になったので調査しました。

評判が良いようです。

映画を観て原作やアニメにも興味を持った方もいるみたいです。

逆に漫画やアニメなどから映画を観た方にも評判のようです。
しかし、

ちょっと注意が必要な場合もあります。

まとめ

視覚的には、実写化になることによってリアル感が増すので、ちょっとグロテスクな描写で賛否もわかれるようです。また、漫画原作をまとめることにより物足りなさを感じるところもあるようです。
初めはちょっと描写に戸惑いがありましたが、物語が進むにつれて、とても深いテーマが描かれていることがわかりました。カネキやトーカの想いは共通していました。どんな生物でも、その立場になれば生きていく、生きているということは同じなのです。そして、自分のエゴのために、自分を脅かす集団は全て悪と決めつけることはできない。そのようなことが描かれているように思いました。
漫画・アニメ・舞台などいろいろな媒体になっている本作、他の媒体も気になってくる作品のようです。