【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

スラムダンクが実写化されない理由の真相は?アニメの打ち切りはなぜ?

1990年から1996年にかけて週刊少年ジャンプで連載された大人気バスケット漫画スラムダンク

20年以上経った今でもファンの数は増え続け、アメトークでもスラムダンク芸人があるほど多くの人々に愛され続けています。

単行本の他に完全版、新装再編版も出版され、全て揃えている方も多くいらっしゃると思います。

1993年からはアニメも放送され人気が加速していきましたが、内容は全国出場を決めた所で終わってしまい、原作の最終章でもある山王戦も放送されないまま現在に至ります。

アニメ終盤では桜木が愛知の県予選を見に行き、名朋が愛知を制したシーンもあったので誰もが全国まであるものだと思ったに違いないでしょう。

また、劇場版もありましたが、原作とは違ったストーリーで続編でもありませんでした。

次に出るのは実写化かなと思いきや、そういった話も中々耳にする事もないですよね。
今回はそんなスラムダンクについて実写化されない理由やアニメが打ち切りになった理由を調査していきます!

スラムダンクが実写化されない理由

作者との確執

まず実写化をするには、作者の許可と権利を買い取らなければいけません。

なので作者である井上先生が許可しなかったら一生実写化は無理だと思われます。

真相は定かではありませんが、井上先生は、「自分の知らない所でキャラのグッズが販売されているのが嫌だった」という理由で、アニメ終了後にグッズ等の販売権利を買い取っているという話もあります。

キャスティングの難しさ

上記でも説明した通り、作品を大事にしているからこそ下手に実写化をしてダメにしたくないといった気持ちがあるのではないでしょうか?

またキャスティングによっては作風が変わってきたり、キャラの印象が違ったりするので簡単に許可はしないと思います。

ただ単にその時代の旬である俳優を使えば良いわけではないですし、設定や知識も簡単ではないので難しいでしょう。

バスケがテーマなので高身長は絶対条件ですし、各高校のメンバー1人1人のキャラもしっかりしているので、ちゃんとしたキャストを選ぶと金銭面でもかなり掛かると思います。

誰もが見たいとは思いますが、現実的にはかなり難しいでしょう。

アニメのスラムダンクが打ち切りになった理由は?

視聴率

スラムダンクの人気は当時からかなりあったのですが、土曜の19時台に放送されていた為、裏番組も人気がある番組ばかりで自然と競争に負けて視聴率が下がる形となりました。

もっと違う時間帯に放送されていたら全国大会まであったかもしれません。

編集部との確執

作者本人はきっぱりと否定していますが、多少の意見の食い違い、考え方の違いはあったと思います。

どの人気作品でもそうですが、連載を延ばそうとして当初構想になかった編まで追加したなどといった話はよく耳にしますよね。

アニメも連載に追いついているわけでもなかったので、山王戦までアニメ化する事は簡単だったのですが、それ以降を描く予定がなかった井上先生は編集部と喧嘩になり、連載が終わると同時にアニメも打ち切りになったという話もあります。

もちろん山王に勝利した後も勝ち進む予定もあったのかもしれませんし、真実は本人達にしかわかりません。

アニメに関しても作者が否定的な意見だったという情報もありましたが、個人的には原作に見劣りしない作風になっていて、とても面白かったと思います。

視聴率にしても、意見の相違があったとしても、タイミングさえ違っていたら全国の舞台で活躍する湘北を見れたのではないかと思うと残念な気持ちでいっぱいです。

実写化してほしくない少年漫画

1位 スラムダンク 14%

2位 ワンピース 10%

3位 新世紀エヴァンゲリオン 7%

4位 マジンガーZ 6%

5位 ジョジョの奇妙な冒険 5%

実写化してほしくないランキング堂々の1位にスラムダンクが選ばれています。

・なんとなくだけど絶対に実写化してほしくない

・無理矢理なキャストで失敗しそう

・人気があるからこそ面白くないと叩かれそう

といった意見がありました。

中には既に実写化している作品もありますが、あまり評価は良いものとは言えませんでした。

大体の人気作品が実写化された場合、否定的な意見や評価などが多いので、これについては仕方ないのではないでしょうか。

ただその中でも成功している実写もあるので、どんどんチャレンジして貰いたいですよね。

まとめ

今回はスラムダンクの実写化について調査してみました!

アニメに関しても、続編に関しても、これだけファンから望まれる作品は中々ないですよね!

その後のストーリーも黒板に書いた事で話題となりましたが、その他で続編を書きたいと井上先生も発言されているので、いつかまた描かれる事に期待したいです。

個人的にも大好きな漫画なので、1人でも多くの方に知って頂けると嬉しく思います。

また、既にファンの方は今後いつ出るかはわかりませんが、情報に注目して楽しみにして頂きたいです。