【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

映画「ドクターデスの遺産」のモデルがいたって本当?実話なのかを調査!

映画「ドクターデスの遺産」のモデルがいたって本当?実話なのかを調査!

映画ドクターデスの遺産が2020年11月13日に公開されることが決定しました。

その名の通り医者と安楽死をテーマとしています。

今回はこの記事では、ドクターデスの遺産のモデルが本当にいたのか実話だったのかについて調査します。

映画「ドクターデスの遺産」とは?

この作品の原作は中山七里の推理小説で、「切り裂きジャックの告白」「七色の毒」「ハメルーンの誘拐間」に続くシリーズ4作目になります。

サブタイトルに主人公の刑事犬養隼人の名前が起用されており、当初は続編を考えていなかったが好評だったので出版社から依頼があったそうです。

 

内容としては、インターネットサイトにアクセスして本人同意の元、安楽死させるというもので、そのこと自体が合法ではない日本で「今までに何人も手掛けている」という一文から連続殺人犯であるということがわかり捜査していくといった感じです。

 

その捜査を担当するのが刑事の犬養隼人を演じる綾野剛と相棒の高千穂明日香を演じる北川景子。

いつも冷静で時には熱く、犬養にとってもとても重要な役割を担ってくれている女性です。

 

また、原作では登場しない新人刑事役に岡田健史が抜擢され、前野朋哉青山美郷石黒健の実力派たちが警視庁の捜査チームとして脇を固めることも発表されています。

作中に犬養の娘が登場するのですが、こちらも原作とは違った役回りをするところがあるみたいなので、設定や登場人物なども若干変わっているようですね。

どんな内容に仕上がっているのか非常に楽しみです!

ドクターデスの遺産ドクターデスの遺産の犯人は誰なのか?原作ネタバレをご紹介!

映画「ドクターデスの遺産」モデルはいたの?

公式ホームページにも記載されていますがドクターデスのモデルは実在した医者がいました。

名前はジャック・ケヴォ―キアンといい、アメリカで病理学者をしていた元医師です。

1980年代から安楽死についての研究を始め、1987年から「死亡カウンセリング」のための「医学コンサルタント」として活動をしていました。

その2年後に自作で自殺装置を開発、末期病患者への自殺幇助活動を始めます。

 

1998年9月17日にある患者をその装置で死亡させたことを記録したビデオテープが、同年にCBSの番組で放送され激しい議論を呼びました。

装置を患者が自力で作動させるのは難しく、ジャックが装置を作動していたため第一級殺人罪に問われる形となりました。

 

1999年有罪が決まり収監されましたが、2007年に健康状態が悪化し仮釈放、その後も自ら行わない安楽死についての活動を続けます。

2011年に肝臓の病気で入院していた病院で亡くなりました。

 

83年間の人生で130人を尊厳死させ「死の医者」と呼ばれていましたが、後悔などなかったのかと気の毒に思います。

 

映画「ドクターデスの遺産」は実話?

モデルとなる医者がいたので実話なんだろうと思いきや、実話ではありませんでした!

単にこの話に基づいて作られていた完全フィクションです。

 

作者のインタビューによると、作品を作る時には全く調べ物を一切やらないみたいで、あくまで自分の想像を膨らませて書いているそうです。

仮に何かを調べてしまうと、それに引っ張られてしまい独創力が発揮出来ないということでした。

ですが、普段からいろんな本を読んだり、映画を観ることによって予備知識を付けているみたいです。

 

また、最後まで読む側を楽しませる自信がないという謙虚な作者は、付加価値として最後にひっくり返るような話を盛り込んでくる事が多いです。

逆にその発想を思い付くことが難しいですし、普段の努力が実を結んでいる証拠だと思います。

人気が出れば出るほどこのシリーズも続いていくと思うので、これからの作品にも注目したいですよね!

 

ちなみにですが、過去作である「切り裂きジャックの告白」は、1888年にイギリスで起きたあの未解決事件を題材にしています。

どんな事件かは知らなくても、皆さん1度は聞いたことがある名前ではないでしょうか?

 

ロンドンで2ヵ月の間に少なくとも5人をバラバラに切り裂いたり、署名入りの犯行予告を新聞社に送り付けるなど、今では考えられないくらい大胆な犯行をした事件です。

鋭利な刃物で特定の臓器を摘出していたので解剖学の知識があるとされていましたが、結局犯人逮捕には至らず。

よく都市伝説系の話でまとめられていたりするので個人的にも好きな題材です。

実は2015年にこの話を題材とした「切り裂きジャックの告白」がドラマ化されていました。

主人公の犬養役は沢村一樹が務めていいました。

 

まとめ

いかがでしたか?

モデルとなる医者はいましたが、実話ではないというのがわかりましたね!

作者も自らの想像を掻き立てて面白くしようと努力していて、こうして結果を残されているのでとても凄いと思います。

 

また、映画主題歌も[Alexandros]が書き下ろしたと発表され更に注目を浴びているので公開が楽しみで仕方ないですね。

公開も11月なので、少しでもコロナウイルスが収束して劇場で安心して観れることを願いたいです。