【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

「天気の子」ラストの祈りの意味と主題歌・大丈夫のセリフに込められたメッセージとは?

天気の子ラストシーンのひなの祈りの意味は?

帆高の「大丈夫だ」の意味は?

今回はそんな疑問にお答えしていきます。

ラスト結末までネタバレしているので、まだ本作をご覧になっている方は注意してください。

新海監督による待望の7作目「天気の子」が2019年7月19日(金)に全国ロードショーにて公開されました。公開前に「多くの人々が対立するような作品を作りたい」と公言しておられた新海監督。

神津島で暮らす高校1年生、帆高は家出し、東京へと旅立つ。その夏の関東地方で異常気象によって長期間、雨が降り続き止むことはありませんでした。そこへ、祈る事で一時的に空を晴れに出来る不思議な能力を持つ陽菜と出会い、運命に左右されながらも自分達の生き方を選択するというストーリー。

最終的に陽菜は晴れに出来る力を失いましたが、ラストシーンで力を失ってしまった状態でも懸命に祈りを捧げていました。

祈りの意味帆高の「大丈夫だ」の意味RADWIMPSの「大丈夫」の歌詞の中に込められた意味を考察していきたいと思います。

天気の子天気の子見逃した! 放送日(地上波初)は2020年いつ?無料フル視聴動画配信ネットで見る方法

「天気の子」ラストシーン陽菜の祈りの意味は?

天気の子ラストシーンで陽菜と帆高が再会を果たした場面で、陽菜は降り止むことない雨の中で祈っていました。
雨を止ませる力を失ってしまったので、もう晴れにすることはできません。

ですが陽菜はお天気のビジネスを通して、「私、好きだな。この仕事、晴れ女の仕事。」と本心を帆高に告げます。
雨の降り続く東京で、色々な人達が色々な願いを込めて晴れるのを求めていたことを陽菜はお天気のビジネスを通して、誰よりも深く理解していたので、
力を無くしても祈っていたのではないかと思います。

人柱となり、自らの身体が透明になり続けても祈っていたので、それほどまわりの人々の幸せを願っていたからこそ、力がなくなってしまった最後も祈っていたんではないでしょうか。仮に自分が陽菜の立場になったとすると、晴れることを求め続けている人々に少なからず責任を感じてしまう部分もあると思うので、その意味も込めて祈っているんではないかと感じ取れます。

そして、雨が降り止まなくとも、なにより帆高と一緒にいたいという自分自身の願いを込めたものじゃないかと思います。

「天気の子」つまらないし面白くないという感想・評価が多い理由は?(ネタバレあり)「天気の子」つまらないし面白くないという感想・評価が多い理由5つ(ネタバレあり)

「天気の子」ラストでの帆高の「大丈夫だ」のセリフの意味は?

ラストで陽菜との再会を果たして帆高が最後に言ったセリフ「陽菜さん、僕たちは、大丈夫だ。」は、いろんな心情が捉えられる意味が深い終わり方ですよね。

もちろん陽菜と同じ気持ちで雨が降りやまなくても、それでも一緒にいたいという強い気持ちや、陽菜を取り戻した引き換えに3年間雨が降り続けて、東京の1/3が水没してしまっても生きていける、人は困難にも立ち向かっていけるという表れとも取れます。
新海監督もこれについて、何の根拠や保証もないが、若者に「大丈夫だ!」と言ってほしい。とコメントされておりました。

そしてこれから2人なら大丈夫という心強い気持ちの決意表明のようにも感じ取れます。
1度は失ってしまった大切な存在。東京の人々を敵に回しても取り戻したいくらいですからそれくらいの重い覚悟と決意があったに違いありません。

帆高が陽菜の「大丈夫」になりたい!と、そんな風に受け取れます。

天気の子の副題の「Weathering with you」のweatherって 名詞だと天気だけど、動詞だと乗り越えるになって 「あなたと共に乗り越える」って意味になるらしいですね。

このセリフはRADWIMPSの「大丈夫」の歌詞にも物語られていると思います。

RADWIMPSの「大丈夫」の歌詞の中に込められている意味とは?

まず、新海監督が天気の子の脚本をRADWIMPSのヴォーカル野田さんに読んでもらって出来た曲です。

野田さんにラストでのシーンにどの音楽を使うか相談している時に改めてこの曲を聴き、「全部ここに書いてある」と衝撃を受けたそうで、そこから作品のラストシーンを振り当てあのエンディングになったみたいなんです。

歌詞の、”世界が君の小さな肩に 乗っているのが 僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると”という部分が、左肩から透明に透き通っている陽菜の姿とリンクしますよね。

「世界」というとてつもない大きさと、対照的に「君の小さな肩」という表現。

陽菜1人に圧しかかるとてつもない重圧に、いち早く気付いた帆高はどうにかしようと足掻いている情景が感じ取れます。

”君の「大丈夫」になりたい 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての「大丈夫」になりたい”

そんな重圧も跳ね除けるような帆高の真っすぐな陽菜への想いと、将来に対する希望と宣言だと思われます。

作者の野田さんもこの曲は天気の子のための歌であり、主人公2人の曲で、
この世界で思いがけずに与えられた宿命に翻弄されてしまう2人の歌だ。と公言されています。

「天気の子」声優小栗旬の演技はうまい?下手・ひどいと評判なのは誰なのか調査!

原作小説「天気の子」から出来たラストシーン

帆高のラストのセリフ、「陽菜さん、僕たちは、大丈夫だ。」

原作小説「天気の子」のあとがきに、このセリフの意味が新海誠監督とRADWIMPSの野田さんが語っていました。

最初はボツにしていた「大丈夫」の歌詞からアイデアがわき、ラストシーンが出来上がったそうです。

「ぜんぶここに書いてあるじゃないか!!」そう。必要なことも、大切な感情も、全てが最初にもらった「大丈夫」に歌われていたのだ。

僕はほとんど歌詞から引き写すようにしてラストシーンのコンテを描き、一年前に届いていた曲をそこに当てた。果たしてそうして見れば、それ以外は他に在りようもない、それがこの物語のラストシーンだった。

出展 天気の子原作小説

原作小説「天気の子」は映画を見た後に読むことをおすすめします。小説の方ではキャラがどんな環境で育ってきたとか、どんな状況にいたのかなど、細かい設定を知ることが出来ます。

それを知ることで映画の中のキャラのセリフや行動に、「なるほどー」と様々な発見ができると思います。

まとめ

今生きている状況とは違いますが、現代の若者や社会に出た大人達へのメッセージ性が非常に強く感じる部分がある映画だと思います。

自分や他人を犠牲にせず、この社会でどうやって生きていくべきか。

ひとつの選択で大きく変わってしまうこともあるのだと、現代に生きる人々が考えさせられるような内容でした。

何回もこの作品を観ることで、もっと違ったメッセージ性を発見することのできる映画でした。

主題歌も映画の世界観とリンクしていて、歌詞を読んだだけでもそのシーンが浮かんでくる素晴らしい楽曲です。

 

関連記事>>天気の子を見逃したけど今すぐ無料で見る方法! 配信中のおすすめ動画サービス

「天気の子」つまらないし面白くないという感想・評価が多い理由は?(ネタバレあり)

「天気の子」天野陽菜(ひな)役の声優森七菜は上手い?下手?評判やプロフィールまとめ

映画「天気の子」声優小栗旬はうまいor下手?須賀圭介役の評判を調査!

コメントを残す