【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

コンフィデンスマンJPプリンセス編の感想〜SNSの評判は面白い?つまらない?

コンフィデンスマンJPは、2018年4月よりフジテレビの月9枠で放送されて以降、個性的なキャラクターとどんでん返しのどんでん返しで予想を遥かに超えてくる秀逸な脚本が人気を集め、翌年に、劇場版とスペシャルドラマが放送されました。その後、2020年7月に集大成として、コンフィデンスマンJPプリンセス編が公開されました。

元々は、5月に公開予定でしたが、コロナウイルスの影響で公開が延期され、2ヶ月後に無事に全国で公開されました。この記事では、コンフィデンスマンJPプリンセス編のあらすじや見どころ、そしてSNSの反応についてまとめたので紹介します。

コンフィデンスマンJPプリンセス編のあらすじ・見どころ

コンフィデンスマンJPプリンセス編は、世界有数の大富豪フウ家の投手レイモンド・フウが亡くなったことがきっかけに、10兆円の遺産を狙って毎度お馴染みのダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャードが伝説の島・ランカウイで、コンゲームを仕掛けます。

今までのコンフィデンスマンJPシリーズ史上最大規模で繰り広げられる騙し合いは、今回も健在とのことで、特に最後の最後に迎えるダー子の予想外すぎる決断は見逃せません。今までのドラマシリーズや劇場版をみてきた人には、キャラクターたちの行く末が見えて面白いですが、プリンセス編からみてもどんでん返しの展開を十分に楽しむことができるので、誰がみても満足できる映画になっています。

映画『コンフィデンスマンjp プリンセス編』結末が気になる?!あらすじをネタバレ紹介!映画『コンフィデンスマンjp プリンセス編』の結末は?あらすじ、ネタバレ紹介

コンフィデンスマンJPプリンセス編の感想

コンフィデンスマンJPの集大成としては、大満足でした。コンフィデンスマンJP誰もが納得のいく終わり方になっていました。

ダー子、ボクちゃん、リチャードの掛け合いにも磨きがかかり、劇場版から登場し多面性を持つ密かに人気を集めているジェシー(三浦春馬)もしっかり登場していたのがよかったです。

コンフィデンスマンJPといえば、「どんでん返しのどんでん返し」と言われるほど、どんなに考えても予想を超える脚本が人気の一つでした。しかし、プリンセス編では、今までほどの予想外なオチには至らずといった印象です。しかし、集大成としては、全員がハッピーで終わる展開だったのが今までのシリーズとは異なり、きれいに終わることができているので、よかったのではないでしょうか。

コンフィデンスマンjpを見る順番!ドラマ・映画の見どころ

SNSの評判は?

SNSでは、一部で、「つまらなかった」という感想が目立っていました。本当に、プリンセス編の評判は悪かったのでしょうか。SNSの反応を徹底検証してみます。

つまらないという声

 

面白いという声

確かに、「つまらなかった」や「期待しすぎた」という声は多くみられました。コンフィデンスマンJPの醍醐味であるオチが今まで比べると弱かったのが理由に挙げられそうです。しかし、ネガティブな声よりも何倍も多く「面白かった」「みてよかった」「今までで一番よかった」というポジティブな反応が多かったので、プリンセス編は全体評価として高かったと考えられます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事では、コンフィデンスマンJPプリンセス編のあらすじ、見どころとSNSの反応についてまとめました。プリンセス編は、2020年8月は全国の映画館で上映中なので、ぜひ足を運んでみてください。最後まで読んでくださりありがとうございました。

コンフィデンスマンJP-ロマンス編-見逃した! 放送日(地上波初)はいつ?無料フル視聴動画配信ネットで見る方法