【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

実写とんかつDJアゲ太郎はつまらない?SNSの口コミ評価まとめ

実写とんかつDJアゲ太郎はつまらない

少年ジャンプ+で連載され、20164月からは15分枠でアニメ化もしているとんかつDJアゲ太郎がついに20201030日に実写映画化される事に決定しました。

独特な絵のタッチと、DJ×料理×ギャグといった異質な組み合わせから、連載当初はつまらないといった声が多く聞かれましたが、最近では独特な絵も中毒性があり、突き抜けたストーリーが好きといったコアなファンも獲得し、DVDまでリリースされています。

そんなサブカル的な人気を獲得している、とんかつDJアゲ太郎は本当につまらないのかをSNSの口コミから見ていきましょう。

とんかつDJアゲ太郎はつまらないというSNSの口コミを紹介

テンポの良さとノリの良さから辞め時がわからなくなってしまい、思わずイッキ見してしまう中毒性があるようです。

掲載当初はとんかつDJアゲ太郎はつまらないと言われていましたが、純粋に面白いといった口コミも多く見られます。

タイトルから内容が良くわからないといった理由で見ようか迷っている人も多いようですが、実際に見てみると面白いといった口コミも多く、つまらないといった意見よりも楽しめている人達の方が多い印象です。

嫌だった家業のとんかつ屋とDJの共通点を見つけた事からアゲ太郎はどちらも頑張っていきます。

新たなDJという世界と出会って視野が広がった事でとんかつ屋にも精を出して頑張っていくストーリーは、ちょっと視点を変える事でいつも見ている世界も普段とは違って面白くなるという事を伝えたいのかもしれません。

実はとんかつDJアゲ太郎はとても深い漫画なのではといった意見も。

SNSでの評価をも見てみると、とんかつDJアゲ太郎はつまらないといった評価よりも、映画化されるだけあって総じて面白い!といった評価の方が多く見られます。

ギャグ漫画特有のテンポの良さが実写映画化された時にどのように表現されるのかがとても楽しみな作品です。

とんかつDJアゲ太郎ってどんな作品?あらすじ紹介

渋谷にあるとんかつ屋の息子として生まれ、将来は家業を継がなければならない事に嫌気が差していた勝又揚太郎(かつまたあげたろう)は、とんかつ屋を手伝いながらつまらない毎日を過ごしていた。

そんな時、配達先として出向いたクラブで伝説のDJといわれる大魔神・ビッグマスターフライと出会った事でアゲ太郎はとんかつもフロアもアゲられる男を目指し、日々奮闘していく事となる。

ギャグ漫画でありながら、しっかりとしたストーリーの本筋があり、夢と目標に向かって様々な壁にぶち当たりながらも成長していくアゲ太郎の姿に元気をもらった人も多いのではないのでしょうか。

ジャンル

ギャグ×音楽×料理

原案/作画

イーピャオ/小山ゆうじろう

出版社

集英社

ジャンプ+掲載期間

2014922日~2017323

アニメ放送期間

20164月~6

放送局

読売テレビ/TOKYO MXほか

とんかつDJアゲ太郎はつまらない?

見ているのが苦痛なほどつまらないといった口コミも。アニメ版は115分と短いですが、それでも笑いのツボやストーリーに魅力を感じなければつまらないと感じてしまうかもしれません。

最初はつまらないと感じながらも読み進めていくと面白いといった、いわゆる噛めば噛むほど味が出るスルメタイプの漫画という声も。

実際に口コミを調べてみると、とんかつDJアゲ太郎はつまらないといった口コミはかなり少なく、実写映画化を楽しみにする声がかなり多く上がっています。

とんかつDJアゲ太郎の実写化にSNSの評価は?

ギャグ×音楽×料理といった組み合わせをどのように実写化するのかはとても気になりますが、DJの音楽はぜひカッコよくクラブも映画館もアガるようなクラブミュージックに期待しています。

公開前から何回も見に行くと決めているコアなファンも多くみられます。

漫画やアニメの実写化というと、実写とのギャップからあまりファンは良い顔をしない事が多いのですが、とんかつDJアゲ太郎の場合は実写化を心待ちにしているファンがたくさんいます。

映画化を機に様々なグッズも販売されますので、昔からのファンにとっては一大イベントとなっているようです。

違法薬物で先日逮捕された伊勢谷友介が出演していたことから、公開されずにお蔵入りとなってしまうのではないか?といった不安もありましたが、無事に公開が決定されました。

まとめ

MEMO

・とんかつDJアゲ太郎はつまらないといった口コミは少ない。

・映画向きな内容から、実写化に期待する人が多い。

・コアなファンも多く、映画公開を待ち望む口コミも多数見られる。

SNSでの口コミを見ていると、とんかつDJアゲ太郎はつまらないといった口コミはかなり少なく、公開される実写映画を楽しみに待っている人達や、クラブミュージックをどのように表現するのかを期待しているといった映画化を応援する口コミが半数以上を占めています。

とんかつDJアゲ太郎というタイトルだけでつまらないといった評価をしている人も見られましたが、実際のところは面白いといった口コミで溢れていますので、実写映画化された際には是非原作の漫画も一緒に読んでみてください。