【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

ディズニーアニメは実写化しすぎ?その理由とは?アラジン・美女と野獣・ムーランなど名作揃い

ディズニーと言えば、誰もが一度は観たことのある作品ではないでしょうか?

近年ではアニメよりも実写になる映画の方が多くなってきている様な気がします。

この記事では、ディズニーが実写化しすぎるのはなぜなのか今まで何のタイトルがなったのかについて調査します。

ディズニーの実写化が止まらない理由

あくまで推測なので、ここであげられた理由については温かい目で見て頂けると幸いです。

技術の進化

近年では技術が進歩した事により、いろんな作品でCGなどが多く使われていると思います。

今までは、アニメで問題なかったとしても実写で演技するのは困難だったので、CG無しではとても無理でしたが現代の技術の進化によりその問題が解決されたことにあると思います。

 

よくよく考えてみるとディズニーだけではなく、漫画の実写が増えているのもそのお陰なんですけどね。

 

安定した人気

まず、ディズニーというだけで皆が注目すると思いますし、すでにアニメとし人気を確立しているので、ある程度の集客が見込めるという所です。

基本的にターゲットにしている層は子どもが大半だと思いますが、家族連れでの鑑賞となるのが多い為、自然と集客が多くなります。

 

それに親世代が幼い頃にアニメで見ていた物が実写となると、親も懐かしんで興味をそそられると思います。

その結果、幅広い層に支持され興行収入も自然と上がっていくという事になります。

 

よく作り込まれている

全部が原作通りに作られている訳ではありませんが、原作通りではなくてもそれを超えてくるおもしろさがあるからだと思います。

意外とキャストが合っていたり、歌やダンスなども盛り込まれていて楽しめるので、そこも高い評価を受けている理由なんじゃないかと感じます。

 

実写化されたディズニー映画

数をあげるとキリがないので、誰もが知っているであろう作品に絞ってみました!

アラジン

ジーニー役のウィル・スミスがハマリ役だったと話題になりましたね!

歌う場面でも高評価を獲得していますが、アラジン役がパッとしなかったみたいでした。

ディズニー映画アラジン実写版見逃した! 放送日(地上波初)はいつ?無料フル視聴動画配信ネットで見る方法

美女と野獣

こちらも世界的大ヒットとなり、ダンスや歌のシーンを上手く演じていました。

ただ、城の道具たちと絡む場面では、いくらCGとはいえ物足りなさを感じてしまうとの意見もありました。

実写版・美女と野獣を見逃した! 放送日(地上波初)はいつ?無料フル視聴動画配信ネットで見る方法実写版・美女と野獣を見逃した! 放送日(地上波初)はいつ?無料フル視聴動画配信ネットで見る方法

シンデレラ

原作を忠実に再現しているのにも関わらず、自分の意志が感じられず感情移入が出来にくいという意見が。

ただ忠実に再現されていて、その辺の評価は非常に高かったです!

実写版「シンデレラ」見逃した! 放送日(地上波初)はいつ?無料フル視聴動画配信ネットで見る方法実写版「シンデレラ」見逃した! 放送日(地上波初)はいつ?無料フル視聴動画配信ネットで見る方法

プーさん

原作のファンにとってはかなり評判が良かったですが、プーさんの可愛さが失われているとの意見もありました。

子どもより大人向けの内容に作られていたのが原因だと思います。

 

ダンボ

こちらはプーさんとは違い可愛く仕上がっていました。

昔見たストーリーではなくオリジナルの部分が強かったので、そこに期待していた方々は少々ガッカリしていました。

 

ライオンキング

本物かと見間違えるくらい上手く動物感が出ています。

名場面も忠実に再現されていますが、アニメの良いところや魅力が無くなっていたとの声もありました。

 

アリス・イン・ワンダーランド

不思議の国のアリスと言った方がわかりやすいですね。アカデミー賞なども獲得しています。

少し無理があったという意見もあり、内容は良く出来ていましたが不思議の国のアリスのオマージュとして出したらもっと良かったんじゃないかという意見を見つけました。

 

マレフィセント

こちらは眠れる森の美女です。

他の作品とは違う発想で主人公をオーロラではなく、マレフィセントにチェンジしたことにより、違う視点で楽しめる形にしたのが功を制しました。

 

ムーラン

個人的にディズニー実写の中で凄く期待していました。

予告からして面白そうだったので楽しみにしていましたが、新型コロナウイルスの影響で劇場での公開がなくなりディズニー+でのみの視聴可能となります。

 

アクションや戦闘でなどの迫力がありますが、恋愛要素が無くなっておりそこに不満が集中していました。

 

結論

どの作品も成功していると言っても過言ではないでしょう!

その理由は製作費よりも興行収入の方が上回っている物が多いので、その時点で成功ではないでしょうか?

 

数多くの人たちが鑑賞している中で意見が割れてしまうのはどれも同じだと思うので、意見だけでは決められないと思います。

これからも実写になっていない作品が技術の進化により可能になっていくので楽しみが増えますね!

 

ディズニー実写ネットでの評判は?

意見も賛否両論にわかれていました。

ですが、やはり毎回期待している方が多いのも事実なので、皆さんの期待を裏切らないよう頑張って欲しいと思います。

 

まとめ

いかがでしたか?

調査してみると、思ったよりだいぶ多くのタイトルが実写になっていてビックリしました!

ティンカーベルやリトルマーメイドなどの人気作も今後考えられるので、より期待が膨らむと思うので次に何がくるのか予想するのもいいんじゃないかと思います。