【2020年最新】映画を無料で見るアプリまとめ >>

鬼滅の刃岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の名言セリフ・死亡の理由・呼吸の技

悲鳴嶼行冥

鬼滅の刃・岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)は盲目でありながら鬼殺隊最強と言われています。しかし過去には子供に裏切られた出来事があり子供を信用できない人間不信になっている一面も。

今回はそんな岩柱・悲鳴嶼行冥の名言や岩の呼吸、死亡理由などを詳しく解説していきます。

ーーーーーーーーーーー

▼これから漫画「鬼滅の刃」を読みたい方に全巻半額で買えるお得技を伝授♪

>>鬼滅の刃(きめつのやいば)は全巻無料で読める?読み放題のサイト・アプリ比較

▼アニメ「鬼滅の刃」の無料視聴の方法はこちら(違法サイトではありません)

>>鬼滅の刃(きめつのやいば)アニメを見逃した!フル動画を今すぐ無料視聴する方法

▼おすすめの鬼滅グッズはこちらから!

目次

鬼滅の刃岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)とは?

階級
誕生日8月23日
年齢27歳
身長220cm
体重130kg
出身地東京府 靑梅 日の出山
趣味尺八
好きな食べ物炊き込みご飯
CV杉田智和

柱の中で最強と言われる実力

 

この投稿をInstagramで見る

 

#鬼滅の刃 #悲鳴嶼行冥 #岩柱 #鬼滅の刃好きさんと繋がりたい #kimetunoyaiba #gyoumeihimejima

@ takechi_ryouがシェアした投稿 –

行冥の強さは鬼殺隊最強と言われています。炭治郎や伊之助が柱稽古で会ったときも、

  • 匂いが全然違う
  • 初めて会ったときからビビッときた

と称しています。柱の中でも最古参でありまとめ役としても立ち回っており、不死川実弥も行冥には敬意を払った態度をとっています。

そして痣の発現、透き通る世界、赫刀など鬼殺隊としての覚醒もしており名実ともに最強の剣士と言っていいでしょう。

驚異の身体能力

2メートルを超える身長は大正時代ではとても珍しくかなり体格に恵まれています。その体型を活かして斧と鉄球が鎖に繋がれた武器を自在に操ることができます。

まだ修行をしていなかった18歳の時に鬼を素手で朝まで殺し続けるという驚異的な強さをみせており相当なポテンシャルを持っていました。そして鬼殺隊に入ってからは過酷な鍛錬を続けています。

  • 念仏唱えながら極寒の滝に打たれる
  • 太い丸太を担ぐ
  • 大岩を押して運ぶ

実際に柱稽古で善逸なども経験しており達成できないほどの過酷な鍛錬でした。

子供たちに裏切られた過去

初登場で柱合会議で登場した時に炭治郎たちに冷たかったのには理由がありました。

過去に行冥は寺で孤児たちと暮らしていました。夜になると藤のお香をつけて鬼が近づかないようにつけていたのですが、ある夜に藤のお香が消されてしまいます。それは後の上弦の陸になる獪岳が寺を無断で抜け出して鬼と遭遇してしまいます。自分が助かるため獪岳はお香を消して自分だけ逃げてしまったのです。

そして鬼は寺に入り込み子供たちを襲います。残り女の子と2人だけになり行冥は鬼を朝まで素手で殺し続けることでなんとか生存し女の子を救うのですが、保護された女の子は動揺して行冥が他の子どもを殺したと言ってしまいます。

裏切られた行冥は傷つき人間不信に近い状態になってしまうのです。

鬼滅の刃鬼滅の刃(きめつのやいば)アニメを見逃した!フル動画を今すぐ無料視聴する方法

悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)の名言セリフ

名言:鬼に取り憑かれているのだ、早くこの哀れな子供を殺して解き放ってあげよう

悲鳴嶼行冥

©吾峠呼世晴/集英社

柱合会議にて初登場したときのセリフ。

禰豆子の処遇について義勇以外の柱は処分することに賛成でした。行冥もはじめは炭治郎の言い分をよく聞かずに殺すべきと言っています。少し独善的に見えますが過去に原因があり後に炭治郎に語っています。

名言:疑いは晴れた 誰が何と言おうと私は君を認める 竈門炭治郎

私は君を認める

©吾峠呼世晴/集英社

はじめは炭治郎のことを信用できなかった行冥ですが柱稽古を通じてお互いのことを知ることになります。

刀鍛冶の里で職人たちを守ったことや稽古に最後まで耐えたことで炭治郎のことを認めてくれました。

名言:安心しろ・・・ 皆同じ思いだ

安心しろ・・・ 皆同じ思いだ

©吾峠呼世晴/集英社

鬼舞辻無惨がお館様の屋敷に単身で訪れます。お互い会話をした後に殺されてしまうのですが、お館様は無惨が襲撃してくるのを予想しており数々の対策をしていました。屋敷ごと自爆したお館様の復讐のためにかけつける柱たち。行冥も怒りを隠さずに無惨に突撃していきます。

名言:我ら鬼殺隊は百世不磨 鬼をこの世から屠り去るまで・・・

悲鳴嶼行冥

©吾峠呼世晴/集英社

無限城で黒死牟と戦う無一郎、玄弥、実弥ですが1人ずつ倒されしまいます。絶体絶命のピンチに参戦した行冥。鬼殺隊最強と言われる男の登場は頼もしいですね。

名言:不死川 行かねばならぬ 顔を上げろ 無惨を倒すまで終わりではない

 

この投稿をInstagramで見る

 

#鬼滅の刃 #悲鳴嶼行冥 #岩柱

悲鳴嶼行冥(@himejima.gyomei_)がシェアした投稿 –

黒死牟になんとか勝利することができましたが、無一郎と玄弥は助かりませんでした。弟の玄弥にお別れをする実弥にまだ終わっていないと厳しい言葉をかけます。しかし行冥の目にも涙が流れており本当は悲しむ時間も欲しかったんだと思います。

名言:例外はあったのであろう

 

この投稿をInstagramで見る

 

#鬼滅の刃 #悲鳴嶼行冥 #岩柱 #鬼滅の刃好きさんと繋がりたい #kimetunoyaiba #gyoumeihimejima

@ takechi_ryouがシェアした投稿 –

痣が出現した行冥。しかし痣が出たら25歳で死んでしまうと言われます。しかし行冥は25を超えても生き続ける者がいたと黒死牟に問います。黒死牟は無言でしたが弟の縁壱は痣が出ても80近くになるまで生きていました。

名言:他の若者たちのところへ行ってくれ

他の若者たちのところへ行ってくれ

©吾峠呼世晴/集英社

無惨との死闘が終わり平和が戻った世界。しかし行冥は左足を失っており痣も発現していたため長くはありませんでした。

自分はもう助からないと分かっていた行冥は手当を受けずに他のけが人を優先するように促します。最後まで若者を思いやる優しさのつまった人でした。

名言:行こう…

他の若者たちのところへ行ってくれ

©吾峠呼世晴/集英社

最期に行冥は寺子屋の子供たちを抱きながらあの世に旅立ちました。子供たちと誤解があった行冥ですがお互いに助けるために行動していたことが分かり、「みんな先生が大好きだよ」と言われます。

最後に真実を知って誤解が解けて本当に良かったです。

悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい) 死亡の理由は鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)との戦い!

上弦の壱・黒死牟との戦いで痣を発現させる

悲鳴嶼行冥

©吾峠呼世晴/集英社

無限城で黒死牟と戦う不死川実弥・玄弥・時透無一郎。しかし無一郎は腕を切断され串刺し、玄弥は胴を真っ二つにされ瀕死、実弥も内蔵を斬られて出血が激しいという絶体絶命のピンチに行冥は参戦します。鉄球と斧の間髪入れない攻撃で相手の技を出させない行冥ですがなかなか攻撃が当たりません。

黒死牟は行冥を極限まで練り上げられた肉体の完成形でこれほどの剣士は三百年ぶりと評しています。

そして行冥は次の一手として痣を発現させます。痣によって行冥の身体能力は著しく向上します。今まで痣を発現させてきた人は全て偶然でしたが行冥は自分で出せるよう既に習得していたのです。その後も黒死牟の戦い方をみて透き通る世界まで会得し死闘の末に黒死牟を倒しています。

しかし犠牲は大きく無一郎と玄弥は死亡、行冥も痣の発現により今晩中の命ということになりました。

覚醒した無惨との総力戦で赫刀を顕現

 

この投稿をInstagramで見る

 

#悲鳴嶼行冥 #赫刀

悲鳴嶼行冥(@himejima.gyomei_)がシェアした投稿 –

無限城が崩壊して無惨との総力戦に突入。何人もの柱が無惨を囲んで攻撃しますが避けるのに精いっぱいです。なんとか夜明けまで時間をかせごうとする鬼殺隊。

そこに不死川実弥と行冥が参戦します。そして刀を強くぶつけ合うことで赫刀を顕現できることに気が付きます。赫刀で切られると鬼の再生が遅くなり無惨の無尽蔵の回復にも陰りがみえはじめます。

しかし無惨の多面攻撃により行冥は左足を失う致命傷を受けてしまいます。そして日の出の時刻になり無惨は逃げようとしますが、行冥はなんとか立ち上がり鎖を使って無惨を引き止めます。

激闘の最期 子供たちに見送られながら逝く

そして無惨が日の光に当てられついに死亡しました。戦いには勝利したのですが行冥は致命傷を負っていてもう助かる見込みはありません。

治療班が到着して薬を使おうとしますが、他の若者のところへ行ってくれと言いもう治療は必要ないことを伝えます。

死ぬ間際に走馬灯がみえました。昔寺で一緒に暮らしていた子供たちです。かつては裏切られたと思っていましたが本当は行冥を助けたいと思っていたようで死ぬ間際にようやく誤解が解けました。そして寺の孤児たちに見守られながら安らかに息を引きとりました。

鬼滅の刃鬼滅の刃(きめつのやいば)アニメを見逃した!フル動画を今すぐ無料視聴する方法

悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい) 岩柱「岩の呼吸」の技まとめ

岩の呼吸・壱の型 蛇紋岩・双極(じゃもんがん・そうきょく)

©吾峠呼世晴/集英社

手斧と鉄球の両方を同時に敵に投げる技。蛇紋岩とは変成岩の一種で蛇のような模様が特徴。

黒死牟との戦いで使用しました。風柱の不死川実弥と連携技です。

岩の呼吸・弐ノ型 天面砕き(てんめんくだき)

©吾峠呼世晴/集英社

敵の頭上へ鉄球を投げて鎖を踏みつけて鉄球を落下させることで相手を押しつぶす技。

黒死牟との戦いで使用しました。月の呼吸を繰り出そうとする黒死牟に時間を与えずに間髪入れずに攻撃を続けます。

岩の呼吸・参ノ型 岩躯の膚(がんくのはだえ)

©吾峠呼世晴/集英社

鎖斧の刃と鉄球を自分を中心に回転させることで敵の攻撃の防御に使用する型。

無惨の棘による無差別攻撃を防ぐために使用しました。

岩の呼吸・肆ノ型 流紋岩・速征(りゅうもんがん・そくせい)

©吾峠呼世晴/集英社

鉄球と手斧を振り回して多方面からの攻撃を可能にします。流紋岩は火山岩の一種で縞模様が特徴の岩。

黒死牟の刀を折った後に技を出しますが、黒死牟の刀は自身の肉でできており再生してしまいます。

岩の呼吸・伍ノ型 瓦輪刑部(がりんぎょうぶ)

©吾峠呼世晴/集英社

高く飛び上がって地面に鉄球と手斧を放って攻撃する技。

頸を斬られても死なない黒死牟に対してとどめを刺そうとダメ押しをします。

まとめ

今回は鬼滅の刃・悲鳴嶼行冥の最後の活躍、名言や岩の呼吸について紹介しました。

行冥には過去に子供裏切られた悲しい出来事があり、そのことがずっと行冥を苦しめていました。しかし最後は誤解が解ける形で終われ本当に良かったですね。最後の涙が印象的でした。

鬼滅の刃は本当にキャラクターが死にすぎですがその分印象に残るのかもしれません。

↓鬼滅の刃関連のまとめ記事はこちらから↓

鬼滅の刃

↓漫画鬼滅の刃を一番安く読む方法はこちらから↓